なつかしさ



少し前、
心がずっしりと重くて、どうしようもなかった時。
私の心の癒し、
“空の色” という写真集を眺めてる内、
不思議に・・ スーッと浄化されてました、
溜まってた色んなモノが。


f0031722_073414.jpg


空を眺めるのは好きです。
最近、ふと頭に浮かんで、
それから何故か、ずぅーっと離れない詩があります。


       
                おうい雲よ
                         ゆうゆうと
                         馬鹿にのんきそうじゃないか
                         どこまでゆくんだ
                         ずっと
                         磐城平の方までゆくんか

                                             (山村暮鳥)



たぶん、中学校の国語の時間に習ったのかな・・
の~んびりと流れていく雲が目に見えるようで、大好きになった詩。
懐かしささえ感じてしまう詩です。
[PR]
by momo5r | 2009-04-30 23:34 | ゆるりと