『雨ニモマケズ』 



雨にも負けず
風にも負けず
雪にも夏の暑さにも負けぬ
丈夫なからだをもち
慾はなく
決して怒らず
いつも静かに笑っている
一日に玄米四合と
味噌と少しの野菜を食べ
あらゆることを
自分を勘定に入れずに
よく見聞きし分かり
そして忘れず
野原の松の林の陰の
小さな萱ぶきの小屋にいて
東に病気の子供あれば
行って看病してやり
西に疲れた母あれば
行ってその稲の束を負い
南に死にそうな人あれば
行ってこわがらなくてもいいといい
北に喧嘩や訴訟があれば
つまらないからやめろといい
日照りの時は涙を流し
寒さの夏はおろおろ歩き
みんなにでくのぼーと呼ばれ
褒められもせず
苦にもされず
そういうものに
わたしはなりたい




~宮沢賢治 『雨ニモマケズ』 より~



f0031722_23274011.jpg




この詩を
声を出して朗読すると何故か涙がこぼれる・・
という
未知の人の言葉に惹かれ
記憶の中で薄らいでいた詩を改めて読んでみました。

宮沢賢治
明治29年(1896年)岩手県花巻市出身

あっ・・
そうだったんだ・・
岩手県出身なんだ・・


私の中の、まさに東北の方のイメージです。
我慢強い、愚痴をこぼさない
黙々と、ありのままを受け入れる
一本芯の通った・・




そんな風に感じています。





。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2011-03-16 23:36 | ゆるりと

シンプルな心で暮らしたい           ☆ さくら