子供の頃は・・




f0031722_1105273.jpg

   「みーんなダメな子だった」

   この本をたまたま見つけてパラパラ読んで
   もっと本当はじっくり見たかったけど
   時間が無かったので途中までに。




色んな著名人の子供の頃の写真と
実は、自分、こうだったんだよってぶっちゃけ話がサラっと書かれてて
とっても読みやすい内容。
へぇ~
この人ってこんなかったんだ~
凄く面白い。


自分でダメな子って白状するのは、たぶん子供の頃には出来ない。
大人になって、色んな経験を積んでからこそ振り返れることだと思う。
あの頃、〇〇だったよな~と自虐的に。

そういう私は
自分で言うのも・・ですが
変わった子供だったかも・・です。
雨が上がれば
大きなハサミのような火箸(名前を思い出せない)とバケツを手に川沿いを物色。
赤い爪の大きなカニを見つけるとヒョイと摘みバケツの中へ・・
田んぼに出掛けては、殿様カエルを手掴みで捕まえ、家に帰りビンの中へ収集。
カエルの身体にタコ糸を巻いて散歩をしたり。
今思えば、ずいぶんアコギなことをしてました。
幼なじみの隣の家のT君、今思えば、私の手下で・・
何を言っても言うことを聞いてくれる、優しいT君。
ワガママな私に根を上げて、時に泣いて家に帰ってしまう。
T君のおばあちゃんに、あんな子とはもう遊ばれなと言われるのに
30分ぐらい経ったら、またT君は何も無かったように私の家に・・
そんなT君は私の命の恩人になった事件が。
3歳くらいの頃、三輪車に乗った2人が近所の家の敷地で遊んでて・・
その頃、ちょうど台風の後だったのかな・・
敷地の隅っこに大きな、まるでちょっとしたプールのような場所があって
その場所の近くを三輪車を漕いでいて、私だけドポンと落ちて
三輪車だけ残って溺れて・・
今から思えば、たぶん水深1メートルくらいあった・・かな?
3歳児には自分の背丈より深い。
濁った水の中でバタバタしてた記憶だけ鮮明に残ってます。
落ちた私を見たT君、慌てて私の家まで知らせてくれたらしく
たまたま家に居た父に急いで引き上げられ
その後、当の私はお風呂場の外で寝かされた状態で気付いた・・
この世に生還出来た。
T君のお陰で。

今から思えば、私はとんだクソガキ(言葉悪いですけど)
こんな私をT君は助けてくれた。
命の恩人。
足を向けて寝られたものじゃないですよね。
ほんとに・・ (汗
一度死にかけたけど、あの世に行かなかった。
相当悪運強いんでしょうか、ね。
まだまだ色んなそういう話あるんですが
今日はこれまでに・・
(もうこんな時間になっちゃいました)


今はこうだけど
(どうなんよ?ですけど)
子供の頃は、実はこうだったという話でした。






   。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2011-03-28 02:24 | おもふ・・