白紙の心




おとといの午後
隣のお宅にお邪魔しました。

近々、小学校で催されるバザーに出すモノを持って・・
要らないモノどうしてる?って会話から
あぁ、それなら預かってあげるよ ということになり。
要らないモノ、結構あります、押し入れの中を探すと。
少しだけスッキリして助かりました。

お隣の奥さんがコーヒー飲む?って誘ってくれ
あっ そうだ・・
ついでに、夏にリフォームされた家の中を見せてもらうことに。

旦那さんのくつろぐ部屋
洗面所
お風呂
キッチン

エトセトラ・・・・
エトセトラ・・・

色んな場所をゆっくりと話を聞きながら眺めて
中でも、特に興味があったのが収納場所で。
私が熱心に聞くものだから、熱心に応えてくれる・・

コーヒーとお菓子
手作りの “栗の渋皮煮” をご馳走になりながら
時間は軽く2時間過ぎてた。
ほんのちょっとお邪魔するつもりが
アララ・・


この日の会話
心は、真っ白な白紙。
何も描かれてないキャンバス。
そのキャンバスに、お隣さんが思い描く絵を描く・・
自由にどうぞ・・ 描いて・・
聞いてあげるよ・・
そんな感じだった。

やっぱり、主婦にとって家はお城。
ああもしたい こうもしたい って思うもの。
その夢を語って共感したいよね。


f0031722_1302541.gif


会話がスーッと心に入って
素直にキャッチボール出来た日。
こんな日もいいな♪







。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2011-10-13 01:33 | つれづれ

シンプルな心で暮らしたい           ☆ さくら