仏に会う




2月4日の土曜日のこと。
娘の運転(私の車)で慣れない道を走行中。
主要道から外れた住宅街で道を迷い、引き返そうと細い道をバックしてたその時・・
ガタッ・・ 最初これが何を意味するかわからなかった。
「あっ、タイヤが落ちた・・」 と娘。
何それ・・ ? 
車から降り後ろに周り眺めると、確かに落ちてた。
運転席側の後部タイヤがスッポリ溝に、車は宙に浮いてる。
溝幅約1メートル、溝の深さ約1メートル・・
溝には所々鉄板が渡され、所々鉄板は無く溝になってる場所。
どうしようか・・
困った・・
こんな状況になったのは初めて、娘も、そして私も。
JAFに入ってるけど、この日カードを所持してないと言う娘。
ガソリンスタンドに救援を頼もうにもスタンドまではかなりある。
そして、この場所・・
どう考えても人通りは無いだろな・・ 車も通り掛からない。
この日会社に出勤してたロバさんに電話するけど、ちょうど会議中で席を外せない状況。
娘が携帯でJAFの連絡先を探してる最中・・
向こうから営業服姿の男性が1人こちらに歩いて来る姿が・・
この状態に気付き、仲間を携帯で呼ぼうとしてくれてた時
もう1人、違う男性がこっちに歩いて来て・・
2人共、30代くらい ?
「2人でやれば軽四だからたぶん持ち上がるよ」と押し上げてくれた。
車は何事も無かったかのように、元通りに。




f0031722_1533850.gif



ほっ・・・
ありがたかった。
ほんとに、ありがたかった。
困ってる時に助けて貰うくらい、ありがたいと思うことはない。
この男性2人は、たまたま通りかかった赤の他人同士。
あの時間に、良く通り掛かったなぁ・・ と思う。
誰も通らなくても当たり前のような場所。
“地獄で仏” 
大げさ?
でも、ほんとに、神か仏のように見えた。
何度も何度もお礼の言葉を・・

2人はこの後
何事も無かったかのように、サッとそれぞれの方角に。

男の人の力ってやっぱり凄いなぁー。
こういう時、やっぱり男じゃないとダメだねー。
妙にそう思ってしまった、私と娘。
初めてタイヤが溝に落ちてしまった。
この頃、こんな事あったよな・・ という記録です。 (苦笑









     。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2012-02-07 02:12 | つれづれ