MRI




f0031722_0111474.jpg

ここ1カ月以内で2回、母が家の中で転ぶ。
最初は、夜中にトイレに行こうとして。
眠りからまだしっかり醒めきってない時にフラフラ歩いてたんだと思う。
かなり大きく尻餅をついたらしい。
その翌日は、そんなことが有ったとは思えないほどに見えた。
でも、日を追うごとに、腰の辺りから膝まで痛くなって来たと訴える。
まぁね、転んだんだから、しかたない・・
時間は掛かるけど、その内少しずつマシになってくるんじゃないかと思ってた。

その後、1週間して、また尻餅をついたと呼ぶ声。
ちょうど、家に居た娘と階下に降りると、見事に足を投げ出してぺシャンと座ってた。
母は椅子には腰掛けられるけど、普段、普通の人のように畳の上には座れない。
一旦そういう態勢になると、私1人の力で起き上がらせるのは無理。 (相当重い)
2人で両側から支えてやっと立たせた。
足はクニャクニャして、なんともおぼつかない。

これで2回目。
泣きっ面に蜂。
痛かった場所にもっと追い打ち。


4年前
夜中トイレに行こうとした時、かなり激しく尻餅をついて、腰の辺りの圧迫骨折をしたことを思い出す。
その時は、殆ど動けない状態。
寝たきりなので、用を足す時は後ろから脇に手を入れ支えて一緒に歩き
用事がある時はピィーッと笛を鳴らす。
なんとか普通になるまで、半年くらい掛かった。


その時の状態を見てるので、今回の様子は私の目には軽く見える。
痛いだろうけど、前とは明らかに違う。
ゆっくりゆっくりだけど、自分の足で歩けてる。
あちこち痛いんだと言うけど、しかたない。
過去の経験から、時間が経たないと解決しないというのは私にはわかる。
日にち薬でしかないから。


3年前、膝(人口関節)の手術をした病院には2カ月ごとに受診してる。
お盆前にたまたま受診日だったので、レントゲンを撮って貰う。
母の訴えに、では今度МRIを撮りましょうということに。
そして、それが昨日のこと。

МRIの結果・・
圧迫骨折もしてないし、どこも差し当たって異常が無い。
まぁ、日にち薬でしょう、と。


あ、やっぱり。
だと、思った。
なんとなくそう感じてた。
私は医者ではないけど、そう思ってたと母に言う。
だから、どんなに訴えられても、日にちが経たないとどうにもならないのだと思ってたと言う。


結果がわかると安心したのか
夕方部屋から、テレビを見て笑う声が聞こえて来た。
何だか久しぶりに笑ってた。


もう転ばないで欲しい。
ちょっとの油断が命取り。
明日の笑顔は母次第である。


МRIの日。










     。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2012-08-22 01:18 | つれづれ