*記録




9月2日の悪夢から、今日で17日経過。
2週間経った16日の日曜日の朝、お尻の具合が変わったのを感じる。
動きが少し軽い。
すごく嬉しい。

今回病院には行かなかった。
なぜ行かなかったのか・・
家には反面教師の母が居る。
色んなケースを今まで見せてくれる。
その都度病院に付き添い、医師の診断を仰ぐ。
母は病院と検査と薬が大好き。 (絶対そうだと私は思ってる)
病院に行ったからといって、すぐ治療しましょうとはならない場合・・
母の過去の圧迫骨折。
レントゲンを撮り、湿布薬と痛み止めの薬、そして胃薬を渡される。
後、その後何回かの通院と話を聞くだけ。
日にちが経つのを大人しく待つだけ。
指定された予約時間に病院に行っても
予約してるというのは信じ難いくらい、1時間待ちとかは毎度のこと。
そういえば、窓口でキレてるおじさんが居た。
みんな我慢して待ってる、周りを見るとお年寄りが多い。


普段、私はポジティブ。
まぁ、これくらいならたぶん大丈夫。
そのうち、きっと良くなる。
心配しなくても・・
体が丈夫なのと、入院したことが無いのが取り得だと思ってた。

病院にも行かないくせに
しばらく、ネットで自分の症状を検索するのが何だか怖かった。
1週間もすれば、普通に生活出来るようになるくらいに考えてた。
でも、なかなか症状は軽くならず平行線をたどる。
パソコンで 「尾てい骨」 を検索してみようと思った。
尾てい骨骨折・・
体験者の話を色々眺めると、自分よりもっと酷い状況だった人が居る。
さすがに、その時、病院に行ってる。
でも、診察してレントゲン撮って、出される薬は・・
母と同じ、湿布薬・痛み止めの薬・胃薬。
そして、その後何回かの通院。
そっかぁ、やっぱり同じなんだ・・
良くなるまで1か月くらい掛かったんだ・・
私は直後から歩けたから、骨折では無かった?
わからないけど・・

尾てい骨は、どうやら面倒な場所らしい。
治療するにも出来ない場所。
そのまま日にちが経つのを辛抱強く待つしかない。
例え、先っぼの骨が曲がってたとしても。

痛いからといって、大事にし過ぎてもいけないらしい。
でも、かといって、労らないのもダメらしい。
ウォーキングが良いらしい。

その日から、夜、さっそくウォーキングしてみた。
最初は200メートル程の距離を。
普段、速足を誇ってるのに
足を進める度、お尻の骨にドシドシ響く。
ウッ・・ 痛たた・・
これもリハビリ、頑張らねば。
翌日、少し状態の違いを感じる。
次の日、もう少し距離を伸ばしてみる。
相変わらず、骨には響くけど・・
徐々に、ウォーキングの効果、やっぱりあるんだと思うように。


2週間の間、家族には言わなかったけど
このまま、一生こんな体で過ごすことになるんだろか・・
はぁ イヤだ イヤだ こんな生活・・
悪い想像ばかり頭に浮かび、出るのはため息ばかり。
毎日がちっとも楽しくない。
ポジティブじゃなく、超ネガティブ。


人間て、調子いい。
あ、違う  私が調子いい。
楽になってきたら、世界か明るくなった。
少し、ハッピーになる。

健康であるって、なんて幸せなことだろ ♪



f0031722_12515343.jpg









     。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2012-09-19 13:03 | つれづれ