人の迷惑顧みず




朝、天気が良ければ窓を開ける。
中と外の空気を入れ替える。
その日によりではあるけど、気持ちのいい風が入ってくる。
気持ちのいい風・・・

・・が
今朝は、その風が何だか臭い。
家の中が一瞬にして臭い匂いで充満してしまう。
慌てて、窓という窓を締める。


モクモクとキナ臭い。
もしかして、この匂いは・・・・・・・・・
匂いの元は何となくわかった。
見ると、今日は炎を上げて燃えてる。


すぐ近所の家。
ここの家のおばさん(母より少し若い)が燃やすゴミの匂い。
家の前は、少し離れて小学校の生垣がある。
自分の家の前ではなく、小学校の生垣のすぐ側に一斗缶が常時置いてある。
おばさんがゴミを燃やす為の一斗缶。
生垣にかなり密接して置いてある。
燃やした炎が燃え移りはしないかと思うほどに。
この一斗缶の中に、ダンボールやら色んなモノが詰め込まれてるのを時に見掛ける。
そろそろ、近々燃やす予定? とか思ってたが
それが、今朝だったのか。 


煙は我が家へと流れ
暑くても窓は開けられないし、洗濯物も外に干せない。
締め切った家の中に、晴れてるというのに洗濯物がズラリ・・
扇風機を掛けてもムシムシ・・
未だ、外は臭いのだ。


迷惑である。
ほんとに、大迷惑!


だいたい、外でモノを燃やすという行為法的にダメでない?
ゴミが出たのなら、資源化ゴミの回収の時に出せばいいんでは?
めんどくさくても、みんなやってるよ。
それと、この匂いの正体、ただの紙だけでは無いんじゃない?
一種独特の匂い。
とにかく臭い。。。



すぐ近所だから文句を言いたくても言えない。
これから先も近所付き合いをしていかなければならないので、言えば角が立つだろう。
それと、この煙の迷惑、立地的に我が家だけかもしれない。
以前、休みに家に居たロバさん、私が外から帰宅した時なんだか機嫌が悪く・・
聞くと、原因はこの匂い。
臭くて臭くて頭に来てる。
ゴミが燃えきれず、缶の中でブスブスと燻り続けてた。
『水を掛けてやろうかと思うんじゃ』 とロバ。
だね、そうすれば火は消えるだろうし、匂いの元は無くなる。
でも、それをやってしまえば、おばさんはきっと死ぬまで恨みに思うだろう。
自分がやってることを棚に上げ。
他にも、この人には色々言うことがある人ではある。
言いたくても、言えない。



“人の迷惑顧みず” という言葉がある。
ブスブスと燻り続ける匂いは堪らないのである。    (><)  










     。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2013-07-03 12:17 | つぶやき

シンプルな心で暮らしたい           ☆ さくら