見てはならぬ




久しぶりの更新。
この1ヶ月余り、パソコンから離れた生活をしてました。
こうして記事を書くのも、なんかぎこちない感覚。
あれからの事書こうと思います。
上手く表現出来るかなぁ・・


6月の半ば辺りから左肩に違和感を感じる。
左側に集中して肩が痛く、肩から左腕にかけ、時々ピリピリと痛みが走る。
この症状、酷い肩コリのせいなんだと思ってた。
今まで肩コリを感じたことが無かったので、この毎日続く痛みにはホトホト参ってた。

・・で、7月に入った3日の夜
たまたま娘が以前使ってたアンメルツヨコヨコを発見。
これを塗れば少しは楽になる?かなと思い肩に塗って寝る。
翌朝もう1度塗る・・ この時少しピリピリ感を感じたけど、気にはしなかった。
この日、近所の奥さんかららっきょうの漬物要る?と聞かれ頂くことにする。
おまけにコーヒーまでご馳走して貰い、漬けたというらっきょうを試食してみる。
普段、らっきょうは殆ど食べない人なのに・・ 美味しいと感じた。

その日の午後だったかな・・
左腕の一ヶ所に点々と赤い発疹を発見。
少しヒリヒリする左肩を見ると、そこにも点々と赤い発疹が。
この時は、花に水遣りする時に虫に刺されたのか?くらいに思ってた。
もしくは、アンメルツヨコヨコヨコとらっきょうの刺激か、くらいに。
そして翌日、えっ?!  上左腕が、まるで蕁麻疹のようにモリモリと地図状に。
この時点で、これは普通ではないとどこかで感じてはいたのに、薬局で湿疹用の薬を買って塗ってしまう。
・・で、4日朝起きると、左腕がカッカと熱く、真っ赤になって、痛いし範囲は広がってる。
これは普通の湿疹ではないな、もしかしたら・・ 悪い予感が頭に浮かぶ。
この日は土曜日、昼までの診療時間ギリギリに皮膚科に行くことにする。
ここは昔ながらの形態の医院、おじいちゃん先生が居る。
症状を見ながら、医者が告げた病名は 『ヘルペスじゃな』
ヘルペスとは帯状疱疹である。
帯状疱疹といえば、4月の半ばにロバさんもなった病気。
これは伝染らない病気・・
なのに、夫婦2人共とは、なんということ、ありえない。 (><)
ロバさんが嘆いていた頃、服をつまんで痛い痛いと訴えていた頃、私はどこか他人ごとであった。
沢山貰った薬を飲んで、塗り薬を塗ってる姿を見ても、あぁ頑張ってるな・・ としか。
ひどい奥さんである。

帯状疱疹はそんなに珍しい病気ではないらしい。
一生のうち、5~7人に1人がなるという。
その特徴的な症状・・
身体の左右どちらか一方にピリピリと刺すような痛みと、赤い斑点と小さな水ぶくれが帯状に現れる。
身体の中に潜んでいたヘルペスウィルスの一種、水痘・帯状疱疹ウィルスによって起こる。
水ぼうそうにかかったことのある人なら誰でもなる可能性がある。
水ぼうそうが治った後、ウィルスは体内の神経節に潜んでるらしい。
過労やストレスが引き金になり、ウィルスに対する免疫力が低下すると
潜んでいたウィルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し、発症する。

発症してから2日とちょっとの受診。
医者が言うには、ウィルスと本人との戦いらしい。
戦いに勝てば、症状も徐々に治まっていくらしい。
真っ赤な地図状の発疹もそのうち皮膚に吸収されて綺麗に治るのだと。
ほんとかなぁ・・ これが??? 信じられないよ・・
あまりに肩が痛いのでストレッチをしたと言うと、安静にしてなければダメと言われる。
この頃は、今から思うとほんの序の口。
これからもっと酷い状態になって行くとは思ってもなかった。
3日間の抗ウィルス薬を貰う。
この日はその薬だけ、塗り薬は無し。
この薬は3日間しか飲んではいけないらしい。
3日目、後5日間の鎮痛薬を処方される、見た目は初診の頃より酷い。
それでも、塗り薬は無し。
ロバさんは違う病院に掛かったのだけど、塗り薬を出されたらしい。
何故出さないのか・・
結局尋ねはしなかったけど、後から考えると、私の場合塗らない方が良かったのかもしれない。
却って皮膚が怒ってしまう?


この病気、ほんとやっかいな病気。
しつこいったらありゃしない。
まるでストーカー。
狙われたら、なかなか一筋縄では解決しない。
人により軽い人も居れば、重い人も居るらしい。
重ければ入院ということになるし、軽ければ塗り薬だけという。
私は入院はしなかったけど、たぶん酷い方じゃないかと思う。

折しも季節は真夏。
それにこの酷暑。
普通に生活しててもバテて暑さに参ってしまうというのに・・
とにかく安静にしてなければいけないのだと。

医者から貰った3日分の薬を飲んだ翌日、朝起きて自分の顔に違和感を感じる。
顔の下半分が何だか腫れてゴワゴワしてる。
口も開けづらい・・
鏡を見てビックリ・・
下唇がぷっくり腫れて、まるで、いかりや長介みたいになってた。
これを見た娘に笑われる、でもね、本人は笑い事ではないのだけど。
口全体に動かすのが重く感じる。
これ、きっと薬の副反応だと思う。

初期の頃、左頭の表面がいつもピリピリして・・
左の耳が、まるで泳いだ後に水が入って何だか痛いって感じが続いてた。
この2つの症状は徐々に薄らいで、その内感じなくなってくる。

発病して2週間ほどは、とにかく身体がしんどく。
肩と左腕全体、指先までいつも痛くて痺れた感じ。
おまけに、左腕全体に真っ赤に怒ってる地図状の発疹と、所々にある水泡。
たまの買い物(食料品)に出掛ける時も、長袖を着用しなければならない。
こんな状態の腕、誰にも見せられない、見るとギョッとするだろう・・
ストレスが半端じゃなく。


場所は左腕。
なので、いつも目に入る。
毎日、朝が来ると、今日は少しは良くなってる? と見てしまう。
でも、パッと進展しない。
はぁー ため息の連続。
気がスゴーく重い。
ロバさんのように色黒なら、もっと目立たないのに・・
(人より多少色が白いと思ってる)
夏は暑いから嫌いなのに、今年の夏はもっと嫌い。


そんなこと思いつつ過ごした1ヶ月。
最近、やっと、なんとか薄くなってきました。
あの酷い状態から言えば、ほんとに良くここまで・・
憂鬱だった気持ちが少し晴れて来てます。
もう少し痺れと肩のコリが残ってるけど、コリはストレッチしたりしてます。
ストレッチっていいですねー。
ほんとに気持ちいい。
肩甲骨辺りを動かすと気持ちいい。
後、面白い発見♪
腕をいつも上げてストレッチしてると、バストupに効果あり?
そんな風に思います。 (笑



見てはならぬ。
見てはならぬけど見てしまうという・・
何ともジレンマな日々の思い出。 ( ̄ー ̄)  








f0031722_14182789.jpg


                      気が付けば ヒマワリが咲いてるんですね。
                      夏だぁ。。。






    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2013-08-06 14:33 | つれづれ