携帯電話



f0031722_11214397.png

f0031722_1284956.gif




今朝9時前頃に電話が鳴る。
地域の連絡網だった。
内容は、近く催されるお祭りについての集まりの場所と日程のこと。
連絡網が使われるのは、普段、訃報の知らせが殆ど。
その他の連絡で朝の今、正直早い時間帯だなぁとは内心思った。
今週の日曜日の夜の話なので・・

でも、連絡網は早く流さなきゃと思ったので次の人に電話する。
その人は80代のお年寄り。
電話のコールを何度待っても出る気配が無く。
しかたないので携帯電話に連絡することに。
その人は最近少し耳が遠くなったのか、家の電話も聞こえて無いことがある。
なので、早く連絡を取りたい時は携帯電話に。
携帯電話なら聞こえるのか、大抵はすぐ出てくれる。

少しのコールの後、その人の声。
お祭りの連絡網で掛けたのだと言うと、今病院に来てるとの返事。
少し、不機嫌そうな声・・
何でこんな時にそんな電話を・・ って感じに取れた。
確かに・・ それはそうだ。


誰かの携帯に電話する時
その人が普段忙しくしてるのを知ってるなら
『今いい?』と話をする前に聞いてみるのだけど
連絡網だというのと、この人なら大丈夫だと思ったのは確か。
そういう話をする場面ではないと悟ったので早々に切った。


電話は便利である。
いつでも、どこでも話が出来る。
目の前にその人が居なくても話せる、顔を見なくても。
でも、顔を見なくても声の調子でその人の心が読める。
ちょっと不機嫌そうな声・・
言い方次第で相手への伝わり方が変わる・・
言葉は柔らかくもなるし、ほんの少し棘も持つ。


少し後味の悪い思いを残した今朝の電話。 









     。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2013-09-30 12:12 | つれづれ

シンプルな心で暮らしたい           ☆ さくら