スマホ紛失




   無くしてしまったのは、家の娘。
   とうとう、やってしまったか。。
   こんなことが起きるのも、自業自得だと言えば、そうなのだ。

   事の成り行きを簡潔に言うと
   約束した夕方、待っても戻らない娘がやっと帰宅したと思ったら
   紛失してしまったスマホを探してた・・ 


   20日は結婚記念日でもあるし
   案内が来てた店(その内容にしてはかなりお得な価格)に予約して家族で夜の食事をすることに予定してた。
   予約時刻は午後7時、6時半頃出掛けるからと、その日友達と遊びに出た娘にメールで連絡を入れる。
   それに対し、電話でもわかったとの返事あり。
   そして、ロバさんもその時刻に帰宅、娘の帰るのを待つも、一向に帰って来る気配なし。
   おかしい、どうしたのかと、メールや電話を入れてもなしのつぶて。
   運転中だから出来ないのか? と考えるけど、早めに帰ると言ってたのに・・
   家を出る予定時刻はどんどん過ぎていく・・ 仕方ない、店に予約時間を延ばして貰うよう連絡を入れる。
   6時50分頃、娘がやっと帰って来る、でも様子が何か違う・・
   聞けば、スマホを無くしてしまったのだと言う。
   駅の近くの、その場所で友達とボーリングした時までは確かにあったらしい。
   その後、スマホが無いというのに気付くまでの時間は一体どれくらいなのか・・
   ボーリングした後、車の移動だけなので、無くしたのならそのボーリング場かもしれないと言う。
   慌てて引き返してフロントに問い合わせてみるが、届け出は無かったのだと。
   一体どうしてたの・・ そんな大事なモノ無くすとは・・
   話を聞く内、娘のアホさ加減に呆れて来る。
   
   普段からかなりのそそっかしさがある。
   以前、ガソリンスタンドで給油して、そのまま給油口のフタをそこに忘れ
   おまけに給油口までオープンにしたままの状態で家に帰って来たことがある。
   夜、たまたまそれを見掛け娘に言うと、慌ててガソリンスタンドへ行き、フタを取り戻したり・・
   本人曰く、ガソリンスタンドに行くと、色々らなきゃならない動作が満載なので大変なのだと。
   カード出して挿入したりインプットしたり、給油口を開けたり、セルフなのでガソリンも入れなきゃならなく、それは忙しいのだと。
   へ・・ それって、誰でも普通にこなしてる動作、私だってちゃんとやってるし・・
   とにかく、あれこれやりながらやるってのは大変なことなのだと言う、私にはそれはちっとも理解できないけど。 
   そんな娘が去年夏、トイレにスマホを水没させる・・
   一緒に出掛けた先で2人でトイレに行き、先に出た私が娘を待ってた。
   でも、待てど暮らせど、いつもは早い動作の娘が出て来ない。
   かなりの時間が経ち、やっと出て来た娘の様子がおかしい、なんかひどく打ちひしがれてる。
   洋式の便器の中にスマホを落としてしまい、慌てて引き挙げて洗ったけど、作動しなくなってしまったという・・
   そりゃ、そうだ、水の中に落としたんだもの、もうそれは使えない。
   ジーパンの後ろポケットにスマホを入れたまま、そのまま・・ やってしまったらしい。
   この時も思った、あんたはバカか。。
   それで、今回のこれ。

   でも、予約を入れてるというのと、外で食べるので食事の用意はしてない。
   紛失してしまったスマホは気になるけど、まず食事に行くことにする、そんな気分じゃなくなったのは確かではあるけど・・
   店に向かう車内から、娘がドコモに連絡を入れる。
   これこれこうで、スマホをロックしてくれないかと。
   無くしてしまうとは一切思ってないので、普段からロック機能を設定してなかった。
   ロックするには暗証番号が要るのだけど、ロバさん名義な上、本人のロバもあやふやな様子。
   住所・氏名とか、身元がわかることを色々告げると、この時は便宜を図りロックを掛けてくれた。
   事は緊急、一刻も早く停止しないと、大変なことになるというのは充分想像出来る。
   どこの誰ともわからない人間に拾われ、その中身をおおっぴらにジロジロと見られてしまう・・
   そう思うだけで、もの凄くおぞましい。
   でも、ほんとにこれで安心なのか・・

   食事を済ませ、本人もう1度、そのボーリング場へと向かい、フロントに尋ねてみる。
   そういう届け出はやはり無い、やっぱり、そうか・・
   そのボーリング場を利用するのは、かなり若い世代、スマホを見つけても届けはしないだろうと思ってた。
   万一届けてくれたとすれば、それは宝くじに当たるよな確率、それほど期待出来ないと思ってた。
   今の子が、そんなことするとは思えない、まして、その店で遊ぶようなヤカラには・・
   そういう店で友達とボーリングした娘って、アホ。
   気休めでしかないけど、近くの交番にも届け出する。
   帰宅してから、色々ネットで検索してみた。 (ワタシ)
   ドコモのサービスで、無くしたスマホなどを検索する機能があるのを知る。
   パソコンから電話で暗証番号を言うと、今在る場所がおおまかにわかるらしい。
   ややっ、それいいと思ったけど、肝心のロバさんの暗証番号がわからない・・
   しかたない、もう直接ドコモに出向き、番号を聞いて検索してもらうしかないのだと悟る。

f0031722_12291718.jpg

   その後、ボーリング場からも、交番からもスマホ見つかりましたという連絡は一切なし。

   翌日の月曜日。
   知り合いの、父親の後を継ぎ会社を経営してる知人に電話して聞いてみる。
   スマホ世代の従業員が多いと思う、紛失してしまったケースを知ってるのではないか。
   やはり、けっこうあるらしい、飲みに行った先で無くしてしまうとか・・
   でも、その後スマホが手元に返ることはなく、新たに入手してるらしいと知る。
   そっか、やっぱり、一旦無くしてしまったら、2度と返ることはないのだ。。

   ロバさん名義でもあるので、この日、ロバさん昼間ドコモに出向く。
   娘は仕事なので、行けない、ロバさんの会社からは近いドコモ。
   係の人に、新たな暗証番号を設定してもらい、スマホの居場所を検索してもらう。
   結果は、スマホどこにも存在しない。
   たぶん、電源を切られてるか、チップが抜かれているのだろうと。
   どんなにあがいてもダメなのだと判断するしかない。
   保障を使えば、1万円は要るけど、今使ってるのと同じ機種で同じ色のモノが入手出来るらしい。
   火曜日の夕方には手元で使えるようになるのだと。
   実は、去年の夏の水没の時、やはりこの保障で、5千円で同じ機種のモノを手に入れてる。
   こういうケース、2度までは使えるらしい、2度までは・・
   仏の顔も 3度まで?・・ まだ2度だけど・・ (苦笑
   今年の7月までにこういうことがまた起きてしまうと、もう今度は実費で全額払いになるらしい。
   でも、7月を過ぎれば、また保障を利用出来るのだと知る。
   しかーし、それって、どうなん? て感じです、またこういうのをやらかしちゃう?  
   そうなったら、もう、バカだ、アホだ で済まされないよ、娘。 


   無くしてしまったスマホの行く末を思うと不安が募る。
   どれくらいの空白の時間があったのか、正確なことはわからないけど、その間何をされてたのか・・
   そして、それがどういうことに使われ、どうなるのか・・
   色々思うと、恐ろしい。
   スマホはプライベートな情報が、その小さな体に凝縮されてる。
   メアド、電話番号、そして、写真 etc・・
   最悪、振り込め詐欺とかに使われたり
   手に入れたスマホを売り飛ばし、それを手に入れた人間がどんな悪事に利用するとも限らない。
   色んな人に迷惑も掛かる。
   日曜日の夜から月曜日に掛けて
   娘のやってしまったことではあるけど、そういうことがグルグル頭の中を渦巻いてた。
   そして、月曜、その思いも少し鎮圧。
   どうあがいてもなるようにしかならない、起きてしまったことは起きてしまったこと。
   今後どうなるかなんて、これは、神のみぞ知ること。 
   後は何も起こらないことを願うのみなのだ。


   心配事勃発と書いたのは、この事でした。 
   火曜日の昨日は、母の病院への付き添いで1日が終わりました。
   膝の人工関節の手術した病院へは2カ月に1度行かなければならず、それが昨日で。
   午前中に家を出て、帰宅すると、いつも午後も大分まわり、そして夕方がやって来る・・
   けっこうこれも正直疲れるのです、運転手は・・ 


   すごく長くなりましたが
   スマホ紛失の話。 ( ..)φ








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        
[PR]
by momo5r | 2014-04-23 13:21 | つれづれ