頂けるものは素直に頂こう



f0031722_0551081.jpg



     何日か前の夕方近く。
     母の知り合いから電話があり・・
     知り合いというか、昔、母が習ってた詩吟の先生であり
     そして、私の同級生のお母さんでもあるという人。

     畑で採れた、エンドウとスナップエンドウを取りに来ない? という内容の。
     いつもなら、朝早く散歩がてら歩いて我が家に届けてくれることもあるのだけど
     この日は夕方近くでもあり、旦那さんとの夕食時間というのもあるので
     私に取りに来てと思ったのでしょうね。

     散歩がてら歩いて、うーん、どれくらいの距離なんだろ・・
     20分くらいかな・・
     でも、私が行く手段とすれば、車でビューンと。
     車なら、ほんの5分も掛からない距離。
     なんだけど
     この日、私は朝からすっぴんで・・。
     この人のお宅に、すっぴんのまま行くのもなんだかな・・。
     そして、なによりも、色んな意味でものすごく億劫であり・・。
     ほんとのところ、わざわざ出向いて取りに伺うのも大義で・・。
     なので、正直行きたくなかったのです。
     ・・というか
     もし、私なら、あげたいモノがあるならば、こちらから届けてあげるだろうし
     あげるから取りにおいでとは言わないと、常々思ってて。
     そういうのもありの、なんか大義だったというか。
     でもあちらにしてみれば、採り立てのモノをいち早くあげたいと思ってるのもわかる・・。
     
     パパパーっと簡単にメイクしてから行こうと思ったので
     用事を済ませてからそちらに行きますと母に上手いこと伝えてもらい
     結局、20分くらい後、あちらのお宅に到着したら
     その人は、まだか、まだかと待ってたんでしょね・・
     私の車が家に着くと同時に玄関先に袋をぶら下げて出て来て
     サヤエンドウとスナップエンドウの説明を始めて・・
     すいません、どうもありがとうございます とお礼を言いつつ 
     その人の顔を見ると
     なんかね、書いてあったんですよ。
     『なんでもっと早く来ないん?』   
     『わざわざあげると言ったんだから、ほんとなら飛んで来てもいいはずなのに・・』 
     って、心の声が見えたよに感じて。
     口に出しては言わないけど、きっとそう思ってたんじゃないかな・・。

     確かに、こちらは頂く立場。
     素直に、はい、わかりました、すぐに伺います、ありがとうございます なのか。
     でも、少し 
     微妙に、なんだかなぁ・・ 


     その日の夕食に2品加わりました。
     シンプルに、エンドウを塩こしょうして炒めたものと
     スナップエンドウを茹でて、マヨネーズで頂くものと。
     すんごく甘みがあって美味しかった。


     へ?     
     なんだかんだ言いながら
     結局美味しかったんだ? の話。  ( 一一;)  








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
     
[PR]
by momo5r | 2014-05-07 01:42 | おもふ・・

シンプルな心で暮らしたい           ☆ さくら