旅    ✫福岡




昨日の山口からの続きなのですが
同じ日の5月10日のその後ということで。
そして福岡、かなりインパクト大でしたー。
いろんな意味で。
最後の最後は、エッ!? というサプライズ付きでしたし。 Σ(゚∀゚*)

    
山口から車を飛ばし、関門トンネルから海峡を渡るルートを選ぶ。
次の目的地、門司港レトロがすぐということで。
車を停め、辺りを散策することに。
    
f0031722_11505167.jpg


    この建物がまずポォーンと目に入り ↑
    
f0031722_1152479.jpg


    見上げると、首が痛くなるほどの高い建物・・
    最上階には、門司港レトロ展望室があるらしい。
    エレベーターに乗り、ピューンと。    
f0031722_11583744.jpg


    展望室の窓からは関門海峡がすぐそこに見え ↑

f0031722_11593841.jpg


    位置を変え見下ろすと
    カラフルな景色が広がってる・・
    うん? このテントは一体なに?
    めちゃめちゃ興味が湧いてくる。
    あそこに行ってみたい・・。

    展望室を後にして、辺りを歩くことに。
    「恋人の聖地」に認定されたという、はね橋が降りたので渡ってみる。
    さっき上から見たテントが集まる場所をゆっくり覗いてみたいと思う。
    その話をすると、ロバが 「あれは一体何な?」と私に尋ねる。
    色んなモノが売られてるマーケットだろなと思ったけど
    フリマだと言った方がロバにはわかりやすいと思いそう言うと
    「フリマ? それならどこにでもある、ここで見なくてもいいが」と、恭しくのたまう。
    ロバは、こういうモノにはからっきし興味が無いのだ。
    興味・関心が違うというのは、ほんとつまらない。
    おまけにロバは、超ハイスピードのツーリストなのだと普段から思ってる。
    せっかくのこんな機会だというのに、ほんと、つまらない。
    なら、どこか違う場所でも1人で眺めてれば? ともチラッと頭をかすめる。
    でも、かなりの人出ということもあり
    ワシはそんなモノ興味ないモード全開のロバを引きずり、早めにササッと眺めることにする。
    可愛いオシャレな車で売られてる飲み物や食べ物。
    あまり見掛けないようなアンティークな雑貨が多種多様で・・
    買って帰りたいと思うモノがあったのだけど、帰りは新幹線なのだと思い留まる。
    でなければ、色々買ってしまってたかもしれない・・ ヾ(°∇°*)  ムムム
    付近にもレトロ雑貨の店が点在し、ゆっくり歩けないのがすごく残念。
    ほんとに、残念。。

f0031722_12273471.jpg


    ↑ これ、かなり目を引きました。 (笑


    その後、今夜宿泊予定のホテルを目指す。
    中洲にあるそのビジネスホテル、頭の中で描いてたビジネスホテルとは違ってた。
    かなりいい感じで、ロバさん良いホテルを予約したねと、こればかりは素直に思った。
    夕食は、中洲の屋台で色々好きなモノを食べるつもりだったけど
    ホテルの人の紹介で、焼き鳥で人気の店に予約を入れてもらい行くことに。
    フラフラと散歩がてら、賑やかな街を歩いてみる。


f0031722_12392930.jpg



    ふと、舗道を見ると、アンパンマン。
    ずーっと、点々と、アンパンマン。   

    ( ̄▼ ̄)
 



    人気の焼き鳥の店は、芸能人もかなり来店してるらしく
    店主と撮った写真が壁一面貼られてて、店主本人のポートレイトも貼られてて・・
    そして、警察からもらつた表彰状も掛けられてる・・
    各種焼き鳥料理、確かに美味しかった♪
    梅酒のロック割りを空きっ腹に飲んでしまい、酔っ払いそうだったけど持ち直し。 ムフ

    お腹もパンパンに膨らみ、腹ごなしがてら中洲の夜を歩いてみることに。
    いゃぁ、ほんと、賑やか・・
    京都の四条もそうだけど、ここ中洲もそう、人人人で、たぶん眠らない街なのだろう。
    あちこちに客引きであろう人が立ってる。
    
 
f0031722_14323040.jpg
 

    そうそう ↑ こんな彼女も立ってて・・ 
    すぐ前で、ウナギ釣りして、その場でかば焼きしてくれるという商売してる人も居て。
    そんなの見たことないので驚いたり。

    色々眺めて、一旦ホテルに帰り少し休憩。
    そして、せっかく中洲に来たのだから、ラーメンを食べようと。
    ホテルすぐ近くの “一蘭” という博多ラーメンの店に入る。
    ビル一面に赤いボンボリが吊るされ、店先では元気の良い客寄せがされてる。
    とんこつラーメンの注文も変わってて、自分好みの味のアンケートに応じたモノが出て来るという。
    餃子も一緒に頼み、ラーメンもビリッと辛くて、美味しかった。
    それにしても、よく入るなーと思うでしょね・・ (苦笑
    せっかくココに来たんだから食べるんだという、これはある種勢いなんでしょね。 (笑
    でも、確かに、私達、もの凄い胃袋・・ これは太るな。。


    一夜明け、5月11日。
    朝一番に目指したのは、“海の中道”から“志賀島”へと。
    中道を走って思ったのは、おぉ~ ランニングしてる人がなんて多いんだろ。
    ここでも、橋を渡り志賀島へ。

f0031722_13152960.jpg


    綺麗な海が広がるこの場所で車から降りる。
    白い砂浜と蒼い海・・ 小鳥も鳴いて・・ 癒される~
    昨夜、あんなに食べた人間が、今ここで寛いでるとは思えない。 (苦笑
    
f0031722_13183233.jpg


    小さな女の子を連れた親子連れが居ました。
    いいね、ここは・・
    

    
    その後
    Uターンして “キャナルシティ 博多”へ。
    ここで食べた昼食のステーキ、すごく美味しかった。
    値段も手頃で、肉の種類も色々選べて、岡山にこんな店があったらなぁと思う。 
    色々ゆっくり見たいので、この後ロバさんと一旦別行動をする。
    門司で思ったこと、ここではやらない。
    3時間弱の時間はアッという間に過ぎて・・
    眺めるだけでも楽しかった、娘と2人、ゆっくり気まま。
    ここでは、ロバは要らないと思う チョウシヨクテ ゴメン。  (llll´_ゝ)φ   


    この後、博多駅でおみやげを選ぶ。
    さすが、福岡と言えば、明太子! 
    売り場の殆ど、明太子ととんこつラーメンで占めてると言ってもいいほどで。
    どうぞ、どうぞと明太子を勧められる・・
    炊きたての白いご飯の上に乗っけられた2種類の明太子の美味しかったこと・・
    そして、お茶のサービスまでしてくれて・・
    他の店ではないその対応に、この店で明太子を買おうと思う。
    京都の娘にも、明太子と旦那君用にたらこと、博多通りもんを選ぶ。

    帰りの新幹線内で食べるお弁当も選び、新幹線ホームへと向かう・・
    ・・と、ホームで待つ間、娘が私に囁いた言葉・・
    『な、後ろに立ってる3人、どういう人達だと思う?』 
    えっ と、さりげなく振り向くと
    スポーツマンらしき背の高い男性が3人、スーツ姿で談笑してる。
    直感で、サッカーしてる人だなと思い、娘にそう言うと、やっぱり・・と。
    そうしてる内、スーツ姿の人が何人も集まって来て、周りはそんな人ばかりに。
    新幹線が到着すると、その人達も同じ車両に乗り
    気がつくと、私達3人の周りは、スーツ姿の人だらけという・・
    ここで、好奇心の強い娘、周りの会話に耳がダンボになる。
    新大阪で降りて、サンダーバードに乗り換えるという話を耳に入れたらしい。
    博多で今日試合をして、サンダーバード・・? 
    これを頼りにスマホで検索して浮かんできたのは・・
    Jリーグの 「富山カタ―レ」 の選手の人達ではないか。
    お揃いの黒いスポーツバックに、お揃いのグレーのピンストライプスーツ。
    なかなかみんなシュッとしてる。
    こんなことって、なかなかあるようでないと思う。
    午後6時過ぎの新幹線に乗り、富山に帰り着くのは一体何時になるのだろ・・
    乗ってしばらくすると、スヤスヤと寝てる人も居て・・ お疲れさまです。。

    
    そして、岡山着。
    すごく楽しい2日間でした。
    ロバさん、企画してくれてありがとう。
    娘も一緒に行ってくれてありがとう。
    旅に行けるということに、ほんとに感謝*







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2014-05-13 14:16 | つれづれ

シンプルな心で暮らしたい           ☆ さくら