腐っても鯛だよ




     今日は母のクリニックの日。
     近くの医院までの私は運転手になる。
     そういう出掛ける日、母は少しだけおめかしする。
     母なりの・・
     いつもは 〇△□ でも。

     車の中でふと母を見ると
     カットソーの首ぐりから肌色の下着がかなりのぞいてる。
     どうもそのことに気づいてないらしい。
     気づいてないというよりは
     普段からあまりそういうことを細かく気にしないタチかもしれない。
     うーん・・ 
     いや、うん・・

     母がまだ40代の頃
     外の花の水やりをしてる風景。
     時間はまだ午前中ではあるけど、確かその姿は寝巻・・
     パジャマというより、寝巻姿。
     気にならないんだろか、私の方が恥ずかしく。
     だいたいそんな姿で外をウロウロするなんて。
     その姿で、近所の人に会ったとしても平気で話をしてた。
     女、捨ててるな・・
     それを見て私は思った
     絶対、ああはならないぞー なりたくない。
     
     食事中に 『口の周りに付いてるよ』 と教えても
     なんだ、そんなこと という風に頓着ない。
     いやいや、もっと気をつけようよ・・。
     歳はとっても、それはちょっとの身だしなみ。

     クリニックに着いて、車から降りる母に
     つい 口から出た言葉 『腐っても鯛だよ』
     この言葉の意味、ちゃんと理解してくれただろうかわからない。




f0031722_13303633.jpg



     身だしなみといえば
     nikoチャン の髪の毛を、お風呂上がりと朝起きた時に梳かしてあげてた。
     その時に使ってたのは、子供用の散髪セットに付いてた平べったいクシ。
     荒いクシ目が、少ない髪の毛には梳きやすく。
     そんなある日
     私がいつも使ってる三面鏡の前に行き
     大人用のブラシを手に持ち、自分の髪の毛を梳かす仕草をする・・。
     初めは上手く出来なかったのが、その内ブラシ部分で梳かせるようになり。
     と言っても、前部分が主にであるのだけど。
     で、手鏡を持って自分の顔を眺めてみたりも。 (1度)
     ぷぷっ  いっちょまえだー
     小さくても女の子なんだなぁ と思う。


     あまり髪の毛を梳かしてると思えない母と
     自分の髪の毛をブラシで梳かす子。
     
      (*´―`)ン?  この対比って。
     
    


     
     

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2014-06-12 14:17 | おもふ・・