えらいことになるものです。




f0031722_1117822.jpg



     ちょっとバタバタしてました。
     先週の木曜日(31日) 夜中の1時半に訃報の連絡が入り
     愛知に住む義兄が息を引き取ったと。
     6月の初め頃、末期がんだと義兄の1人息子から知らされ
     元気で暮らしてるとばかり思ってたので、それは皆にとって晴天の霹靂。
     亡くなる2か月程の間に、兄弟がそれぞれ病院にお見舞いに。
     どういう経緯でそんな風な状態までになってしまったのか・・
     手遅れになってしまったのか、今となってはわからないのだけど
     手術も体力的に無理、抗がん剤の投与も無理、その間ガンはあちこちに転移し・・
     痛み止めのモルヒネを打つと1週間持つかどうかわからないと言われたらしく
     そのモルヒネも結局処置されないまま。
     それにしても、そんな状態で義兄はよく耐えて頑張ったなと思う。
     もう骨と皮だけの姿で、少しも愚痴をこぼさず。
     すごい、人です。

     木曜日にお通夜。
     そして、翌日の金曜日に葬儀。
     義兄はロバさんとは1つ違い。
     兄弟の殆どが岡山、義姉が兵庫、愛知は遠いです。
     



     
f0031722_11491817.gif




     そして、葬儀も終わり
     夜11時頃自宅に到着、それからお風呂に入り
     その後、顔の手入れをしようとマジマジと我が顔を眺めると・・
     どっひゃぁー !  顔がえらいことに。
 
     例えると
     砂漠の表面にヒビが入り、あちこちポコポコと穴が開いてる状態で。
     毛穴という毛穴が開ききってるというか。
     それはもう 見るも無残な姿になり果ててるというか。
     こ、こんな顔して私は葬儀の日、1日過ごしてたの?
     そう思うと、あぁ 嫌だ・・ 穴があったら入りたい・・
     (顔にはいっぱい穴があるけど)  アセ・・
     でも、この時となってはもう遅い、後の祭りなんですけど。

     なんでこんなことになってしまったのか。
     考えてみれば、思い当たることばかり。
     
     2日間、とにかく暑かった。
     特に、木曜日はカンカン照りで。
     乗り物・建物の中はエアコンが効いてる。
     外に一歩出ると、汗がドバーッと拭き出る。
     その汗を拭いては、またエアコンの効いた中に。
     葬祭場の親族控室でお通夜から翌日まで過ごす。
     20人ほどの大人数なので、お風呂に入るのもはばかられ
     結局シャワーもせず、真夜中まで起きて皆と話し、少し横になる程度。
     その間もずーっと、エアコンの風は天井から吹き下ろし、身体に当たる。
     思えば、ずっとエアコンの中で過ごしてた。
     睡眠不足、水分不足、外に出ると暑い、そしてエアコン・・
     帰りの車の中もエアコンが効いてる。
     肌にいいわけないか。
     過酷な状況・・
     
     朝、そそくさと隅っこで化粧を済ませ
     そういえば、ゆっくり鏡も見てなかった。
     
     ・・で
     この、見るも哀れな酷い顔をどうやって立て直そうか・・
     色々やってみました、考え付くありとあらゆることを。
     水溶性の化粧水を、これでもかと与え
     普段ほとんどやらないパックをやってみたり
     水分補給の為、たくさん麦茶を飲み
     ・・そして、日曜日くらいになり、なんとか落ち着いてきた肌の状態。
     それにしても、あれは酷かった。
     こんな顔して誰にも会いたくないと思うほど酷かった。


     過度のエアコンて恐い。
     普段、暑くても、エアコン漬けで過ごすこともなく
     寝る時は消して寝る毎日。

     一定のリズムって大切なんだな。
     その、身体のリズムが狂うと・・ 
     えらいことになるものです。   〆(..) 









     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
[PR]
by momo5r | 2014-08-05 12:53 | つれづれ