心がけ




f0031722_11532098.jpg


   ちょっと心に留めておきたいなと思った話。


     昨日の朝。
     時々、母の様子を見に来てくれる方が居て。
     母より2つ年上のNさん。
     看護婦長までずっと勤めあげ、1本筋が通った考え方をしてる人。
     近くのポストまで散歩がてら歩いて来たのだと。
     まだご主人は健在で、お世話や家事をこなしてる風。
     人を頼らないし、いつもポジティブだなぁと思う。
     やろうと思ったら、ちゃんと実行してる。
     後ろ向きじゃない姿勢を密かに尊敬する。

     こういう年代の人の会話の特徴といえば
     あちこちの身体の不調や、愚痴、不平不満・・ 
     なのに
     Nさんの口からそんな話は語られない。
     どこも悪くなくはないのは知ってる。
     一緒に暮らす、娘夫婦に対する愚痴も一切聞いたことがない。
     何も言うことがないわけではないんだと思う。
     言いたいことは70%くらいにとどめておくそうだ。
     いくら親子でも
     言いたいこと、全部口にしてしまうとよくないというのを以前話してた。
     それを聞いて、なるほどなと思ったことがある。

     母との会話で
     どうしても母の話が違う方面へ脱線ぎみになりそうになると
     巧いこと軌道修正してる・・
     巧いなぁ・・
     多くの患者さんと接してるゆえの技術かもしれない。

     Nさんが母に言う。
     『出来んのじゃから、何でもしてもらったことに感謝せんといけん』 
     『そうしたら、不平とか不満とか思わんようになる』
     それに対して母、そうじゃなぁ とは言わない。
     「感謝する心がないんよ」  ナンダッテ ?
 
     
     やっぱり 思ってないんだ・・・
     それにしても Nさん  いいこと言うなぁ・・
     いつもそういう心がけで暮らしてるんだ・・ 
     ・・・えらいなぁ・・ すごい・・


     そういう風なやり取りの後
     じゃ、そろそろ帰るわと言いつつ
     『感謝、感謝、感謝、感謝が大事よ!』
     と、言い聞かすように繰り返す。
     その言葉に母、やっと
     「そうじゃなぁ・・」  ポソッ 


     そして Nさん帰って行く。

     まだまだ現役で家族の世話をしてる人と
     遠の昔に現役退いて、世話をしてもらうのが当たり前になってる人の心の違いなのか。
     そんな風にも思う。



     聞くとはなしに小耳にはさんでしまった。
     こういう風に毎日心がけて生活してる人も居る。
     なるほどな と思う。









     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2015-05-27 12:49 | おもふ・・

シンプルな心で暮らしたい           ☆ さくら