やってしまった



     鉄鋳物のフライパンを英語名でスキレットと呼ぶ。
 
     このスキレットのフライパン
     前から使ってみたかった。
     美味しそうなアツアツな料理を想像する。

     安いし買ってみよう。
     
     最初に料理してみたかったのは
     大好きな目玉焼き。

     スキレットを加熱して
     油を引いて
     卵を2つ割り入れる・・・


f0031722_11361282.jpg

                                      ジュー ジュー
                                       フフ  いい感じ・・


     焼きあがって
     さぁ 食べよう
     お皿よりはこのまま食べようと思う。
     頭に描いてたラフな食べ方・・・

     ・・・なはずが
     お箸を入れた瞬間
     まずいことになってるのに気づく。
     びっしりと焦げ付いて目玉焼きが剥がれない。

     やってしまった・・・


     しっかりと焦げ付いたものだから
     その後どうやってもそのこびり付きは取れない。
     まだ1度しか使ってないのに  
     なんて アホなことを。


     ステンレスたわしでゴシゴシしたらなんとか まぁ。 (汗


     鉄製のものって扱いが難しいんですね。
     使ってしまえばなんとかなるくらいに軽く考えてた・・


     使った後で調べたら    オソスギ    
     スキレットは
     シーズニング(ならし) が必要とか。
     洗ったら白煙が出るまでしっかり温めて
     まだ温かいうちに
     オリーブオイルなど酸化しにくい油をキッチンペーパーで塗り込むとよいらしく。
     何度かやるうちに油が馴染んでこの作業は不要になるとか。

     けっこう手間がかかるんですね。
     簡単に扱えるとばかり思ってたもので。
     マメでない私にはちと・・・
     
     1度使ってそんなことになったものだから
     再度使うのをためらってます。
     またあんなことになってこんなことにならないかと。

     せっかく手に入れたスキレット。
     ちょっと ぷちトラウマ。

     使いこなせる日を夢見て頑張ろうっと。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2016-06-15 12:42 | つれづれ