生まれる




f0031722_1358569.gif



     9月16日
     午後 1時37分
     女の子を 無事出産しました。


     予定日を1週間過ぎても生まれる気配はなく
     医師から入院の準備をして来院するようにと言われたのが16日の午前9時。
     陣痛促進剤の点滴を10時頃から始める。 


     今回、立ちあい出産を希望してました。
     3歳児と共に・・  
     どんなことになるやら
     もう、なるようになるさという心境で。
     分娩室の中のソファーに座り、出産までのおよそ3時間以上の時間の中
     3歳児を飽きることなく過ごさせるというのはかなり大変で・・
     ちょうどお昼時になるので、準備してきたおにぎり弁当を2人で早めに頬張る。
     ちいさなおにぎり4個とミートボールをパクパクと食べる食欲旺盛なnikoっち。
     これからここで何が起きるかということも知らず。

     
     娘に運ばれて来た食事
     押し寄せてくるキツイ陣痛の合間をぬって今回は食べてた。
     1人目の時は食べれなかったのに、凄いな・・
     3分の2完食する。


     私も時々腰のあたりをさすってみるけど
     看護師さんの力は、やはり凄いなと感心する。
     1時を過ぎた頃から本格的になり
     その都度何回か、ちょっと部屋を出てて下さいと言われる。
     慌てて2人外へ出る。
     立ちあいって、出産までそのまま居るということではないんだなと初めて知る。

    
     最終的に産室に呼ばれた時はそろそろいきみが始まった頃・・・
     娘の枕もとでnikoちゃんを抱っこして見てて下さいと言われる。
     なので、私の視界は娘の大きなお腹しか見えない。
     そして、14キロをずっと抱っこしてるのももの凄くしんどい。
     ほんとは3歳児を立ちあいさせるというのは無いことらしい。
     抱っこしてないと興奮して走り回るケースもあるそうで。
     けど、意外に冷静にじっと事の成り行きを見守ってた。
     何度かのいきみの合間に、小さいながら 『がんばれっ!!』 と励ましの言葉を投げる。
     後で聞くと、この声、ちゃんと届いてたらしい。  


     娘のお腹の向こうから
     生まれたての赤ちゃんが顔を見せる。
     両肩に白くて長いへその緒を担いで・・・
     なんか、ものすごく印象的な光景だった。   

     「無事生まれましたよ」 と 声をかけられる。
     痛みに耐え一生懸命頑張ってた娘を見てたので
     その一瞬 涙がぼわっと浮かんできて
     ありがとうございました の声がかすれて小さい声しか出なかった。
     こんなに感動するなんて・・・

     この出産の光景を後でnikoちゃんに尋ねると
     『うーん うーん 言ってたね』 と言う。
     かなり 力を込めた うーん!

     これ、記憶に残るんだろか・・・?



     3132グラム。


     
     のんびりした子なのか
     あまり泣かないし
     お乳を飲ませ寝かせても
     ぱっちり目をあけて周りを見てる内
     ・・そのまま眠りに入る。
     おもしろいものだな
     1人目とはかなり違う。
     このまま手のかからない子だと親は楽だなと思う。


     とにかく          
     無事に生まれて良かった。





     後日談
     諸々続く・・・








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2016-09-23 15:07 | つれづれ

シンプルな心で暮らしたい           ☆ さくら