妙な汗・・


昨日、次女とランチに行きました。
お気に入りの通りを歩いて居ると、
つい最近まで紅茶の専門店だった店にオーガニックの店が。
メニューを何気に眺めてると、美味しそうなので・・入るコトに。

f0031722_9512713.jpg
  右のパン、玄米パンかな・・
  かなり美味しかったです












f0031722_9524579.jpg

   ササミのグリル
   ニンニクも効いて柔らかくジューシーでした
   サラダバーは自由なので色々喜んで・・^^










f0031722_9593254.jpg

  最後はマンゴージュース





美味しく食事も終わり、トイレへ・・ 行きました。
用事も済ませ、さぁ出ようとすると・・
ドアが開かない!!
押しても、引いても、びくともしない。
何回やっても開かない。
そんなこんなやってる内に、
このドアは一体どっちに開けて入って来たのかもわからなくなり・・ (ー○ー;)
だけど、

トイレの中から大きな声でドアを叩き
 『 スタッフゥ~ッ  スタッフゥ~ 』 と呼ぶのもかなり恥かしい・・
そうだ、こんな時は娘に携帯で緊急を伝えどうにかせねば・・
電話するけど、頼みの綱の娘は携帯に全く気付かず・・
その頃には妙に汗ばむトイレの中。。。

気を取り直し、ドアノブの辺りに貼られてる張り紙に気付くと、
「 このドアは、2人に1人は開かなくなる不思議なドアです 」
えぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーーーーッッッ  
そんなぁーーーーーーーーッ 
この様にするとドアが開くので試して下さいとの旨が書かれてました。
でも、その様にしても開かないドア。

もしかして、このまま私はセッチン詰めなのか・・・ と諦めかけてた時、
運命のドアは軽~く、何事も無かった様にカチャッと。
フゥ~~~ッ・・

何分居たのかなぁ、トイレに。
きっと、5分は滞在した・・?
席に戻ると娘はゆっくり本など眺めてる・・ゾ。
妙な汗モノの話をすると、
『 そうだったん、なかなか帰ってこないから、てっきり●●だと思ってたよ アハハ~ 』
・・・なわけ無いだろ、母は散々だったんだよ。
きっと、店の人も●●かなって思ってるかもしれない・・
この頃、お客は私と娘の2人だけ。。

それにしても、あれは魔のトイレ。
変なトイレの悪魔が居て、時々悪さをしてるんだ。

まぁ、いろんなコトが有りましたが、美味しかったので軽く水に流します。 ^^;

テクテクテクテク・・・・・・・・・・・・

その後、手作りの店に寄りました。
たぶん委託販売の店だと思います。
いろんなバックがあったのでついでに値段なぞ、見たりして・・

f0031722_10405538.jpg

   可愛い手作りビーズを3個買いました。




『 何か作られるんですか? 』 とお店の人。
『 はい、作ります、この服とかバック自分で作りました・・ 』
店の人、へぇ・・・ って顔で私の服とバックを見て、
『 良かったら、どうぞ連絡して下さいね 』 と。 
いろいろ割合があるらしいけど、詳しくはまだ○秘らしい。


え~っと、長い話になりました。
今日この話を書きたかったのは、ただ一つ。
そう、あのトイレの話を聞いて欲しかったからなのです。 ^^;
長々とどうもお付き合いありがとうございました。 m(__汗)m
[PR]
by momo5r | 2008-06-06 10:56 | あはは~

シンプルな心で暮らしたい           ☆ さくら