カテゴリ:おもふ・・( 166 )

トイピアノ




f0031722_11142792.jpg




     アンティーク雑貨のお店で静かに流れてた音楽。
     まるで 小さな子が気ままに鍵盤を叩いてるよう。



     すごく 癒される!
     
     この 雰囲気
     スキ だなと思う!




     お店の人に尋ねてみると
     トイピアノ の演奏家 Akira Kita さんの音楽とか。
     店内にCDが3枚置かれてた。
     そのうち、店に流れてたものを買いたくなる。


     キッチンでこの音楽とともに
     ながら作業
     この世界に浸る・・・


     




     
f0031722_1136258.gif






     とは言いつつ
     現実はそんなにのんびりとした時間は送れず。

     まだら呆けしつつあり
     わがままっぷりが目に余るようになった母と
     トイレトレーニングが上手い具合に進みつつあるなと思ってた矢先
     ある日を境に
     どんなに言ってもトイレに行こうとしない
     漏らしても言わない
     大漏らししてから妙な格好でやっと告げる・・・
     最初に戻ってしまった3歳児を相手に
     この暑いさなかの日々を送る。 


     なんか
     強烈なダブルパンチを受けてる気分。
     それに加え
     遅かれ早かれ
     第2ラウンドのゴングが打ち鳴らされるのが見えてるだけに    
     こうして癒しの音楽に包まれたいという欲求の表れなんだと思う。


     今日
     宇宙人はデイサービス。
     娘たちは友達の家へ。
     しばし 自分時間。


     
     音楽という処方薬
     これ

     なかなか効いてます。










     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
[PR]
by momo5r | 2016-08-20 12:09 | おもふ・・

距離を置きたい・・



f0031722_10282739.jpg




     距離を置きたい・・
     出来ることなら距離を置きたい。
     この思いが頭の中を占めるようになってもう何年経つだろ。



     京都の娘の家へ行った3日間
     全てのことから解放され心がすごく軽かった。
     こんなに軽いとは・・
     それほど軽かった。

          
     生まれてから
     結婚してからもずっと一緒。
     でも
     徐々に
     今まで見えてなかった
     覆われてた色んなものが取っ払われ残った資質と向き合ううち
     どんどんこの思いが自分の中で膨らむようになる。


     この人とは 何か違う。
     根本的に何かが違う。
     違うんだな・・

     あまりに色々あり過ぎて説明できないほど。


     昨日
     ‘嫌なことはやりたくない’ と検索してたら
     このページに辿り着く。
     人間関係は結婚と同じ
     好きな人と一緒でなければ、ハッピーになれない  
     という記事が目に止まる。
     今の自分の気持ちをすごく言い当ててた。


     色んなカテゴリがあり
     そういう風に気持ちを持ってくと
     心が楽に感じさせて貰えるヒントが散りばめられてて
     普段から自分も感じてることや
     なるほど そうしよう! と思う話もいろいろ。




          
     距離を置けたら少しは楽になるのだろうに
     そうすることが出来ない宇宙人と・・
     私の持って生まれたカルマ。








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2016-07-22 11:27 | おもふ・・

留守をする




f0031722_1157910.gif




     12日の火曜日から3日間
     京都の娘のところに行って来ようと思ってます。
     家の中の片付けの補佐というか、主に私が動くことになるでしょね。
     今回、行くのは私1人。 

     娘、9月の初めに出産予定で、今8カ月。
     8カ月といえば、少し破水し早産しそうになり 
     結局お産まで家で安静に過ごさなきゃならなかった自分のことが頭をよぎる。
     手伝ってくれないかという要請は初めて。
     主に押し入れの中のものを片付けてスッキリさせたいらしい。
     要らないものは処分して、入れ替え作業・・・
     なら、旦那君と一緒にやれば? とも思うけど
     男の人は女の人とは気の付きようが違うので居てもあまり戦力にはならないらしい。
     そうね、それは私もそう思う、わかる、わかる。
     もっと早くに片付けモードに入ればよかったのにとも思うけど
     小さな子が一人居て、日々の生活に追われ、なかなか出来なかったというのもわかる。
     それにこういうの、自分がやろう! と思わなければ決行に移せないもの。
     やろうと思ったのが、結局お尻に火が点いた今になる。

     最初その話を聞いた頃、ゆっくり自分のペースでやればいいんじゃない? と思ってたけど
     重い布団とか色んなものを動かしてごそごそしてて
     私の二の舞になると、小さい子も居るし、その方が大変だなぁと思ってるとこにこの話が持ち上がる。
     7月の末になると、里帰り出産ということで帰ってくる。
     お産予定のこちらの病院で受診して~お産して~産後1カ月は家に居るということになる。
     京都に帰るとそれどころじゃない生活が待ってるのを想像すると、スッキリさせて置きたいのはわかる。
     色々やるなら今しかない・・・               
     少し手助けすることになりました。


     
     でも、私が家に居なくなるということは
     1番に思うのは母のこと。

     ショートステイで預けようかとも思ったけど、止める。
     3日間のうち、1日はデイサービスを利用する日もあるし
     まだなんとか自分のことだけはゆっくりでなら出来る。
     宇宙人とか・・ 共感したいとか・・ ぶっちゃけ色々思うことが多々。
     いつも居るのが当たり前で、して貰うのがあたり前の私が居ないことで
     少しは、居ないと困るという有難みを感じて貰えたらいいなと思う。   
     何も起こらないことを願うのみ。  



     後はロバ・・・
     いつも私がやってること、居ないと凄いだろな・・・

     寝相がえらく悪い。
     布団を股の間に挟んであちこちのたうち回る。
     そばで寝てる私、ほんと迷惑してる。  イヤナノダ
     朝、その布団をちゃんと整えて直すのが日課。
     でも、居ないと、グチャグチャのまま夜になる?
     ま、しかたない、整えた布団に入るのはあたり前じゃないんだと思ってくれたらいい。 
     ウーン       思うか?

     ロバ、帰宅すると2階の部屋がムンムンになってると思う。
     12畳+階段の踊り場まで開け放した状態でエアコンの設定温度を26度にしてる。
     けど、鬼の居ぬ間? これ幸いと、温度をどんどん下げてしまう人・・・ たぶん?
     寝る時、ちゃんとエアコンを切って寝るだろうか。   
     午後9時には布団の中の人、怪しいものだ・・・

     娘に頼んだとしても
     テレビを観ながらウツラウツラとよく寝てる。
     朝も早い出勤、夜も仕事が忙しく遅い帰宅、疲れるのはわかる・・・
     ほんとにやってくれるか?

     
     母、杖をついてやっと歩いてる人なので外の花の水やりは無理。
     暑くなったので1日でも休むと花はぐんにゃりとなる。
     じゃ、その役目をロバに頼むとする・・・
     やることは素早いのを誇ってるけど、細かい気配りは得ててない。
     水量大で、どこもかしこもジャンジャンだとほんとのところ困るのだ。
     でも、細かく指摘すると不機嫌になるのは目に見えてる。
     ほんのちょっとのことなんだけど・・・
     やらないよりはやってくれる方が助かるので小さいことは目をつぶろう・・・



     
     



     ここまで考えて
     ハッ・・・

     
     気持ち的には私はこまめかもしれない・・・
     こういうのこまめというのなら?  (苦笑



     料理の保存食とか
     冷蔵庫の中の片付けとか
     全然こまめじゃない・・・ 
     大雑把な部分と雑多に混在してる。    


     
        
     
     3日間何もなければなんとか過ぎるだろう。


       






     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
[PR]
by momo5r | 2016-07-10 14:48 | おもふ・・

ツキを呼ぶ運




f0031722_1141596.jpg



     ある方のブログから
     10年前までうちで暮らしてた こさく のことを思い出しました。
     

     こさく という名前変わってるでしょ?
     元々は近所の家に飼われてた猫なので
     うちに来てからも引き続きその名前で呼んでました。

     
     人間にも姓名判断があるように
     動物にもそれは当てはまるんですね。
     ちなみに こさく は6画になります。
     たまたま付けられた名前なんでしょけど、これが凄くラッキーな運。
     天運に恵まれるらしいです。
     ツキを呼ぶ人生で、人様の協力や後援を得て 
     自分でもこわいくらいに恵まれた一生を送る事ができるのだとか。  
  



     過去ブログを眺めてたら
     こさくのこと、こんなこと書いてました。 

     
f0031722_12464352.gif



     こさくは、以前の飼い主から突然見放された猫。
     飼い主が夜逃げしたので母猫と路頭に迷う・・

     当時、こさくはたぶん1歳くらい?

     人懐っこい性格からか、我が家に顔を見せるように・・
     猫好きな母はこさくをとても気に入り世話をするように・・
     その内、いつのまにか家の中で生活するように・・

     とんとん拍子に我が家のアイドルへと昇進。
     そして母の寵愛を受ける。



     こさくの人生、まさに〝棚ぼた式〟
     歩いてたら、空からぼた餅が降って来た。
     信長に気に入られた秀吉。


     捨てられた時は人生真っ暗闇。
     この先の暮らしにひどく不安だったはず。
     なのに
     捨てる神あれば、拾う神あり。

     人生、捨てたもんじゃない。
     諦めず生きてれば、いつかいい事もある。
     それが早いか、遅いか・・

     運のいい、悪いの典型的な例。
     こさくはたぶん前者。
     猫でもこんな人生もある。

     いくら頑張っても報われない事もある。
     片や、とんとん拍子の幸せを掴む事もある。
     人の世も同じ・・


     こさくを見て人生を思う。
     たかが猫。
     されど猫。

                        
                         (以上抜粋)





    
    
     ツキを呼ぶラッキーな運てあるんですね。
     こさくは、正にリアル “まねき猫”  
     可愛かった 猫。


     思い出させてくれてありがとう!
     uサン










     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     
[PR]
by momo5r | 2016-06-18 12:59 | おもふ・・

鴨の水掻き




f0031722_1142094.jpg





     ‘鴨の水掻き’  ということわざがあります。

     のんびりと水に浮かぶ鴨も
     水面下では絶えず足で水を掻き続けてる。
     よそ目にはわからないが
     人にはそれぞれ苦労があるということのたとえとか。




     自分のほんとの心の内を話せる人は限られます。
     あたり触りのない他愛の無い話ならどんな人にも話せると思うけど。

     
     小さい頃からの育った環境からか
     自分のことを人に相談するということはありませんでした。
     なにかを決める時も、自分の中でじっくり考えて行動に移すというよな。
     思い悩んだことも、相談するというよりは聞いてもらえればスッキリするという。


     最近
     高校時代の友人が電話をくれました。
     久しぶり、彼女からの電話はいつも久しぶり。
     でも、この適当な距離感がよかったり。
     人づきあいは悪くない方だと思ってるけど
     どんなに親しい人でも友達でも
     いつもいつもべったり一緒に居たい人ではないのです。   


     最近どうしてるという話から
     私の家の話になり
     ちょうど抱えてた心の中を開示したというか
     いつもは誰にでも話したりはしないのに
     まるでカウンセラーと会話してるような・・・
     じっと聞いてくれる安心感
     どんな話をしたとしても
     口が軽くないであろう人柄を感じてる。
     私の直感は当たります。
     電話終わったら1時間経ってました。


     近所に幼なじみが2人居るけど
     この話は彼女達には出来ない。
     なぜか・・

     こういう話は
     何も知らない
     普段関わりのない遠くの人の方が良かったりします。
     決してお喋りな2人ではないけど
     あまりに近い人には話せない内容とか尚更に・・
     そんな風に感じてます。


     たまに
     初対面なのにずいぶん話が弾んでしまう人が居たりします。
     これって、なんなんだろ・・
     かえって知らない人の方が話せたりするのかもしれないです。
     いろんな拘わりがない方がよかったりするのかな、たぶん。



     鴨の水掻き*









     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
[PR]
by momo5r | 2016-06-14 11:52 | おもふ・・

95歳の老人の詩




こんな詩を目にしました。



もう一度人生をやり直せるなら・・・・
今度はもっと間違いをおかそう。
もっとくつろぎ、もっと肩の力を抜こう。

絶対にこんなに完璧な人間ではなく、もっと、もっと、愚かな人間になろう。
この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。
もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。
もっとたくさんのチャンスをつかみ、行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。
もっとたくさんアイスクリームを食べ、お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。
もっと本当の厄介ごとを抱え込み、頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。
もう一度最初から人生をやり直せるなら、春はもっと早くから裸足になり、秋はもっと遅くまで裸足でいよう。
もっとたくさん冒険をし、もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り
もっとたくさんの夕日を見て、もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。
もう一度人生をやり直せるなら・・・・

だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。
私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?
自分に規制をひき、他人の目を気にして
起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、構えたり、落ち込んだり ・・・・
もっとリラックスしよう、もっとシンプルに生きよう
たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。
人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。


経営学者のピーター・ドラッカーが95歳に亡くなる直前に書いたとされる詩だそうです。




1度きりしかない人生。
明日は何が起こるかわからない。
楽しみを先延ばしにしてもその楽しみが実現される保証はどこにもない。
そんなことを考えたりします。
今を悔いのないように生きたい。

熊本の大地震。
毎日テレビで報道されるのを見るたび、身につまされます。
何度も何度も繰り返される余震。
恐ろしいです。

日本という国を改めて考えされられました。
そういう国に生まれたんだということを。

1日も早く地震が納まりますよう・・・
・・・・・・・・
願ってます。







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by momo5r | 2016-04-20 00:35 | おもふ・・

対比がすごいな




     週末
     久しぶりに散歩してきました。
     海沿いに設置されてるモニュメントがあるんですが
     なんか、圧巻!

f0031722_1036320.jpg


     遠くから見てもかなりインパクトあり。
     近くで見ると
     色んな廃材の配置とグラデーションが絶妙です。
     すごい・・・


    
     
f0031722_10393015.jpg




f0031722_10525078.jpg



     話は変わり
     ちょっと思うこと。

     nikoちゃん、何でもどんどん吸収していく3歳児。
     母、何でもどんどん忘れていく81歳児。

     81歳を〇〇児と表現するのは
     私の中で、小さな子供のようだから。
     2人を見ると
     まるで人間の一生をコマ送りで見てるよう。

     
     オギャーと生まれ
     寝てるだけの子が
     やがて這い、ヨチヨチ歩き出す。


 
     そして
     やがて、歳をとり
     ヨチヨチ歩きへと戻っていく。

     どちらも保護する人を必要とする。


     
     この対比すごいな。








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     
             
[PR]
by momo5r | 2016-04-11 11:26 | おもふ・・

ちいさなことだけど*




     昨夜の夕食は シンプルに 「ぶっかけうどん」
     娘が会社の人から貰ってたもの。

     
f0031722_13445981.jpg


     お昼に食べるのが遅かったので
     たまには夜にうどんもいいかなと思いまして。
     この 「ぶっかけうどん」 倉敷の名物で。
     実店舗でも以前食べたことあり。
     美味しいんです。

     茹でたうどんに添付のつゆを掛け
     小口切りにしたネギ
     天かす
     温泉卵
     手でつぶした胡麻
     手で握って小さくした味付け海苔
     ・・を トッピングして頂く。

     あぁ、美味しかったぁ・・
     ごちそうさまっ。


     食べた後
     なんか、ものすごーく幸せ感に包まれたんです。
     心と胃袋が心からそう言ってる感じがする。
     ちっちゃなことだけど。

     その後
     お風呂に入った時も
     あったかいお湯に浸かって思う。
     あぁ、幸せ・・・

     何を心配することもなく
     心を悩ますこともなく
     同じことが過ぎていく。


     
     今年になって
     淡々とした日々が過ぎてた頃の8日という日。
     あの日は、とんでもない1日だった。
     朝と夜に起きた、あの出来ごと。
     それを書き残そうと思ったけど止める。
     ことの発端はどちらも母なのだけど。
     もう家族として一緒に暮らすのはリタイアしたいと思った。
     ロバさんにとっても、娘にしても、そう感じたと思う。
     あの頃、ちっとも楽しくなかった。
     でも、そう思ったとしても、私は家族の要。
     要は、そんな空気をずっと引きずってはいけない。
     空気感を正常にして、居心地のいい家庭を築いていかなければ。
     少し努力して正常化になるよう努め。
     ・・・そして、今に至り。

     昨夜の幸せ感。

     
     ちいさなことだけど
     なにも起きない普通の日々が
     実はとても幸せだったり。  φ(..)







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2016-01-18 14:23 | おもふ・・

キャッチホン




     
f0031722_13202362.gif



     ちょっと前の話。
     義姉からお歳暮が届きました。
     いつも良いモノを送ってもらい楽しみにしてます。

     ロバさんがお礼の電話(固定電話に)をしてしばらく話してる時
     途中でその電話を切ったので
     どうしたのか聞くと
     相手側にキャッチホンが入ったのでお預け。
     その相手は、ロバさん達の実家の義兄からの電話。

     その後
     折り返しの電話が入ったのは結構時間も経ってた。



f0031722_13472926.gif


     
     私も、むかーし
     家の電話をキャッチホンに設定してたことがあり。
     でも、それ、しばらくして止めてしまった。
     理由は、結構煩わしいから。

     
     話してる途中でキャッチが入ると気になって話に集中できない。
     順番的にその人は途中からの割り込みなのに、前から話してた人をちょっと待たせてしまうことになる。
     それが一番の理由かもしれない。
     電話を掛けても 「あぁ 話中か」 と時間を置いて掛け直せばいいことで。  

     なにか事業でもしてるとか
     緊急事態は別として
     キャッチホンはあまり必要ではないんじゃないかとまで思ってる。

    
     あ、これ
     私が個人的に感じてるだけの話です・・。  
     迅速な対応 キャッチホン ではあるんですけど。  (゜e`) ポソッ









     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     

              
[PR]
by momo5r | 2015-12-16 14:12 | おもふ・・

あら・・・ラ




     今日は天気もよくて暖かいです。
     まるで春先のよう。
     これでほんとに12月なの?

     外に出て花に水やりしようかなと思った頃
     うん? 
     なんか 首周りが・・
     なんか 窮屈・・  
     服を見ると、あるはずのポケットがどこにもない・・
     あ・・!  
     後ろ前反対に着てたことに気づく。  
     どおりで・・  ( 一一)アセ

     慌てて着直す。  
     やっと落ち着く。
     ハハハハ・・・・・
     バカね、私。  




     
f0031722_1247317.jpg




     ところで
     たまにランチすると
     色んなワクワク感があります。

 
    

f0031722_12495223.jpg


     盛り付けがすごく参考になる。
     味付けも参考になる。
     ちょっとずつ盛り合わせるのもいいな・・
     


     今日は家の中には自分1人。
     さぁ、何して過ごそうかな♪   ルン







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
            
     
[PR]
by momo5r | 2015-12-12 13:02 | おもふ・・