カテゴリ:おもふ・・( 161 )

95歳の老人の詩




こんな詩を目にしました。



もう一度人生をやり直せるなら・・・・
今度はもっと間違いをおかそう。
もっとくつろぎ、もっと肩の力を抜こう。

絶対にこんなに完璧な人間ではなく、もっと、もっと、愚かな人間になろう。
この世には、実際、それほど真剣に思い煩うことなど殆ど無いのだ。
もっと馬鹿になろう、もっと騒ごう、もっと不衛生に生きよう。
もっとたくさんのチャンスをつかみ、行ったことのない場所にももっともっとたくさん行こう。
もっとたくさんアイスクリームを食べ、お酒を飲み、豆はそんなに食べないでおこう。
もっと本当の厄介ごとを抱え込み、頭の中だけで想像する厄介ごとは出来る限り減らそう。
もう一度最初から人生をやり直せるなら、春はもっと早くから裸足になり、秋はもっと遅くまで裸足でいよう。
もっとたくさん冒険をし、もっとたくさんのメリーゴーランドに乗り
もっとたくさんの夕日を見て、もっとたくさんの子供たちと真剣に遊ぼう。
もう一度人生をやり直せるなら・・・・

だが、見ての通り、私はもうやり直しがきかない。
私たちは人生をあまりに厳格に考えすぎていないか?
自分に規制をひき、他人の目を気にして
起こりもしない未来を思い煩ってはクヨクヨ悩んだり、構えたり、落ち込んだり ・・・・
もっとリラックスしよう、もっとシンプルに生きよう
たまには馬鹿になったり、無鉄砲な事をして、人生に潤いや活気、情熱や楽しさを取り戻そう。
人生は完璧にはいかない、だからこそ、生きがいがある。


経営学者のピーター・ドラッカーが95歳に亡くなる直前に書いたとされる詩だそうです。




1度きりしかない人生。
明日は何が起こるかわからない。
楽しみを先延ばしにしてもその楽しみが実現される保証はどこにもない。
そんなことを考えたりします。
今を悔いのないように生きたい。

熊本の大地震。
毎日テレビで報道されるのを見るたび、身につまされます。
何度も何度も繰り返される余震。
恐ろしいです。

日本という国を改めて考えされられました。
そういう国に生まれたんだということを。

1日も早く地震が納まりますよう・・・
・・・・・・・・
願ってます。







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by momo5r | 2016-04-20 00:35 | おもふ・・

対比がすごいな




     週末
     久しぶりに散歩してきました。
     海沿いに設置されてるモニュメントがあるんですが
     なんか、圧巻!

f0031722_1036320.jpg


     遠くから見てもかなりインパクトあり。
     近くで見ると
     色んな廃材の配置とグラデーションが絶妙です。
     すごい・・・


    
     
f0031722_10393015.jpg




f0031722_10525078.jpg



     話は変わり
     ちょっと思うこと。

     nikoちゃん、何でもどんどん吸収していく3歳児。
     母、何でもどんどん忘れていく81歳児。

     81歳を〇〇児と表現するのは
     私の中で、小さな子供のようだから。
     2人を見ると
     まるで人間の一生をコマ送りで見てるよう。

     
     オギャーと生まれ
     寝てるだけの子が
     やがて這い、ヨチヨチ歩き出す。


 
     そして
     やがて、歳をとり
     ヨチヨチ歩きへと戻っていく。

     どちらも保護する人を必要とする。


     
     この対比すごいな。








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     
             
[PR]
by momo5r | 2016-04-11 11:26 | おもふ・・

ちいさなことだけど*




     昨夜の夕食は シンプルに 「ぶっかけうどん」
     娘が会社の人から貰ってたもの。

     
f0031722_13445981.jpg


     お昼に食べるのが遅かったので
     たまには夜にうどんもいいかなと思いまして。
     この 「ぶっかけうどん」 倉敷の名物で。
     実店舗でも以前食べたことあり。
     美味しいんです。

     茹でたうどんに添付のつゆを掛け
     小口切りにしたネギ
     天かす
     温泉卵
     手でつぶした胡麻
     手で握って小さくした味付け海苔
     ・・を トッピングして頂く。

     あぁ、美味しかったぁ・・
     ごちそうさまっ。


     食べた後
     なんか、ものすごーく幸せ感に包まれたんです。
     心と胃袋が心からそう言ってる感じがする。
     ちっちゃなことだけど。

     その後
     お風呂に入った時も
     あったかいお湯に浸かって思う。
     あぁ、幸せ・・・

     何を心配することもなく
     心を悩ますこともなく
     同じことが過ぎていく。


     
     今年になって
     淡々とした日々が過ぎてた頃の8日という日。
     あの日は、とんでもない1日だった。
     朝と夜に起きた、あの出来ごと。
     それを書き残そうと思ったけど止める。
     ことの発端はどちらも母なのだけど。
     もう家族として一緒に暮らすのはリタイアしたいと思った。
     ロバさんにとっても、娘にしても、そう感じたと思う。
     あの頃、ちっとも楽しくなかった。
     でも、そう思ったとしても、私は家族の要。
     要は、そんな空気をずっと引きずってはいけない。
     空気感を正常にして、居心地のいい家庭を築いていかなければ。
     少し努力して正常化になるよう努め。
     ・・・そして、今に至り。

     昨夜の幸せ感。

     
     ちいさなことだけど
     なにも起きない普通の日々が
     実はとても幸せだったり。  φ(..)







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2016-01-18 14:23 | おもふ・・

キャッチホン




     
f0031722_13202362.gif



     ちょっと前の話。
     義姉からお歳暮が届きました。
     いつも良いモノを送ってもらい楽しみにしてます。

     ロバさんがお礼の電話(固定電話に)をしてしばらく話してる時
     途中でその電話を切ったので
     どうしたのか聞くと
     相手側にキャッチホンが入ったのでお預け。
     その相手は、ロバさん達の実家の義兄からの電話。

     その後
     折り返しの電話が入ったのは結構時間も経ってた。



f0031722_13472926.gif


     
     私も、むかーし
     家の電話をキャッチホンに設定してたことがあり。
     でも、それ、しばらくして止めてしまった。
     理由は、結構煩わしいから。

     
     話してる途中でキャッチが入ると気になって話に集中できない。
     順番的にその人は途中からの割り込みなのに、前から話してた人をちょっと待たせてしまうことになる。
     それが一番の理由かもしれない。
     電話を掛けても 「あぁ 話中か」 と時間を置いて掛け直せばいいことで。  

     なにか事業でもしてるとか
     緊急事態は別として
     キャッチホンはあまり必要ではないんじゃないかとまで思ってる。

    
     あ、これ
     私が個人的に感じてるだけの話です・・。  
     迅速な対応 キャッチホン ではあるんですけど。  (゜e`) ポソッ









     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     

              
[PR]
by momo5r | 2015-12-16 14:12 | おもふ・・

あら・・・ラ




     今日は天気もよくて暖かいです。
     まるで春先のよう。
     これでほんとに12月なの?

     外に出て花に水やりしようかなと思った頃
     うん? 
     なんか 首周りが・・
     なんか 窮屈・・  
     服を見ると、あるはずのポケットがどこにもない・・
     あ・・!  
     後ろ前反対に着てたことに気づく。  
     どおりで・・  ( 一一)アセ

     慌てて着直す。  
     やっと落ち着く。
     ハハハハ・・・・・
     バカね、私。  




     
f0031722_1247317.jpg




     ところで
     たまにランチすると
     色んなワクワク感があります。

 
    

f0031722_12495223.jpg


     盛り付けがすごく参考になる。
     味付けも参考になる。
     ちょっとずつ盛り合わせるのもいいな・・
     


     今日は家の中には自分1人。
     さぁ、何して過ごそうかな♪   ルン







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
            
     
[PR]
by momo5r | 2015-12-12 13:02 | おもふ・・

人の心を掴む・・




     昨日と今日
     久しぶりに晴れて気持ちいいお天気です。
     11月に入って洗濯物もスッキリ乾かない毎日。
     なんか、青空が広がると元気をもらえそうです。 
     昨日はシーツを2枚洗って干しました。
     パリッと乾いて気持ちいい!   


     f0031722_1121107.gif 

・・・・・・・・・・・・・



     ちょっと思うこと。
     母が6年前に介護認定を受けてから
     介護の担当者が今までに3人入れ替り、その間、ずっと若い女性。
     ケアマネージャーという呼び方ではなく。
     最初の2人は、ざっくばらんに話が出来る方達で。
     3カ月に1度の、どうしてますか? の訪問も楽しかったです。
     3人目の方は、まだ色んな部分での経験不足なのか、少し物足りなさを感じる人。
     でも、女性ということで、母の様子を話しやすかったのは確か。
     それにしても、こんなに介護担当の人が替わるものなんでしょか、ね。
     事情はわからないけど・・

     で、今年になり
     また担当者が替わり、男性のケアマネージャーになる。 
     週2のデイサービスで利用してる所の専属の方とか。
     
     なんだけど・・・
     私、この方、最初っから どうも・・・
     はっきり言えば、ピンとこない。
     今まで通り、女性の方がいい。
     

     真面目なんだろなとは思うけど
     ただそう思うだけ。
     別にアドバイスをくれるわけでもなく。
     なんというか、ひと言でいうと、何を考えてるのかわからないタイプ。
     はっきり言うと、人間的魅力を感じない。
     今までの経験とかもう少しざっくばらんに話してくれればなぁ・・
     人と接するより、たぶん事務職に向いてるんじゃないかとも思う。

 
 
   
     一昨日
     この人が、1年に1度の介護認定調査の為にやって来る。
     今まで、市から女性の認定員の人が来てたけど
     なんでも、そういう資格も持ってるのだとか。
     も  持ってるんだ・・・  
     そ  そうなんだ・・・
 

    
     この認定の話をしてる間
     なぜか私のお腹が、時々 ゴニョ ゴニョ と音を立てて騒ぐ。
     いつもの私なら 「あ、すいません、困ったお腹で、ハハハ・・・」 と場を和ますのだけど   
     なんか、そういうことも言えない雰囲気を醸してるというか。


     
     飾りのない人柄って人の心を掴むと思う。
     プライドが高く、落ち度を感じさせない人には親しみは感じられない。
     ざっくばらんが好き。
     そんなこと思うんです、最近は。










     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2015-11-12 12:23 | おもふ・・

不思議な日だったな・・




f0031722_1264128.jpg




     23日のお彼岸の日。
     お寺に檀家の人達が集まるという、年に2回の行事があり。
     これまで、隣の母の従姉のおばさんにお布施をことづけて参加したことがなかったのだけど
     今年、初デビューしました。
     ほんとはもっと早くそうするべきなのに。

     なにをどうすればいいのかわからないので
     近所の人と一緒に行き、色々教えてもらいました。

     この日
     なんて言ったらいいんだろ
     色んな人が私に話しかけてくれて。
     
     同じ町内に住んでてもなかなか会うことがない幼なじみのNちゃん。
     子供の頃に一緒に遊んでた2つ年下のМちゃん。
     Мちゃん、声をかけてくれたけど最初顔がわからなかった・・
     娘2人と同級生の子供がいるYさん。
     たまたま母と同じ病院に入院してるのがわかった、幼なじみの友達のお母さんをお姑さんに持つお嫁さん。
     
     普段ならこんなに多くの人に声を掛けられることなんてないのに。
     すごく不思議だった。

     もしかすると
     いつも行かなかったのに、今回やっと足を運んだことに対し
     ご先祖様が喜んでくれたのかなぁ・・・
     ふとそんなことを思う。


     参加するまでほんとは気が重かったのだけど
     なんか、行って良かったなぁ。
     煙るお線香の中で和尚様の読経を聴く。
     今度からちゃんと参加しよう!


     21日にやっと母退院。
     シルバーウィークもなにやかやとバタバタと過ぎ。
     気忙しかったなぁ。

     でも、まだまだいろいろ忙しい日々が続きそう。
     ( 一σ )  フゥ










     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    
[PR]
by momo5r | 2015-09-25 12:53 | おもふ・・




f0031722_13272758.jpg



     ある日の夕焼け。


     夕方
     家の中で
     あっ、空が赤いなと思うと
     前なら、駆けだしてカメラに残したい自分が居た。
     でも今は
     ま、いいかと思う。
     なんだろ、この違い・・・



     自分の中で
     かなり億劫なことがイヤでもやってくるという時
     まだまだ期間もあるし
     まだ先のこと と先送りする。
     考えないようにする。
     でも、どんなにそれを気持ちの中で避けても
     やがて、それは必ずやってくる。
     イヤでもやってくる。
     はぁ・・ やだやだ。 

     
     最近
     そんな風に感じることが多くなった。
     やりたくないことは
     ほんとやりたくない。
     億劫・・・

     でも、結局、イヤイヤながらやることになるのではあるけど。


     そうして
     毎日は過ぎていくよ。
     だめ、だめ、立派な大人なんだ。


     8月も、もう半ば。
     なんだか日暮れが早くなったね。  φ(..)






     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2015-08-12 14:04 | おもふ・・

ハズカシ・・・




f0031722_10594162.gif



     昨日書いた話。
     穴があったら入りたい・・
     そんな穴どこにもないけど・・

     車のパーツの名称
     あれはボンネットだった。
     しばらくして思い出した。
     バンパーだなんて。
     バンパーで目玉焼き?  
     まったく もぉ・・   (汗


     私はかなりの方向音痴。
     なくせに、堂々と違う方向に歩いてるらしい。
     娘がそう言う。
     あまりに堂々と歩くのでそっちかと思うと違ってる。
     小さいうちに学んだらしい。
     待てよ、なら、こっちだ。
     そう会得したらしい。


     わからないのに
     まぁ どうにかなるさ やっちゃえ 的なとこがあったりする。
     これは鬼宿の特徴らしい。  ホンマカ?
     でも、そうだと思う。

     
     ほんと ハズカシ・・・    ( ̄ロ ̄;)\







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2015-08-02 11:23 | おもふ・・

見掛けた人




     昨日、母の用事であちこち車を走らせる。
     車の助手席には母。
     色んな用事をすませ、最後にドラッグストアに寄り
     さぁ、帰ろう・・
     駐車場に止めた車を発進させようとした時
     前方からこちらへ歩いて来る女性に目が留まった。
     近所ではないけど、町内に住んでる人。
     子供が小さい頃は見掛けてはいたけど、最近は姿を見ることはなかった。

     その姿は、あっ と思うほどやつれてた。
     たぶん、まだ50代だと思われるのに、60代に見えるほど変貌してた。
     やっぱりなぁ・・・

     昔ながらの町内。
     噂に聞く、女性の旦那さんの話。
     もう何年も前に、奥さん以外の女性が出来
     家を出て、2つ離れた町内にその人と暮らしてるとか。
     その話を聞いた時、奥さんはどうしてるんだろと思った。
     別れたという話は聞こえてこなかった。
     そして、いつの頃か、また旦那さんが家に帰ったと聞く・・
     なら、その女性と別れて帰ったのだとばかり思ってた。
     けど話は違ってた。
     奥さんと住む家の、目と鼻の先にある場所に女性が暮らしてるのだと。
     その場所は、たぶん旦那さんの家が所有してると思われる建物。
     そこでカラオケを営んでる・・
     その女性と一緒にそこに居るのか、奥さんと一緒に居るのか、それは知らないけど
     それにしても、奥さんと別れたのだという話は聞こえてこなく。
     
     そういう状況でも、じっと我慢して生活してる。
     私ならどうするだろ?
     これまでの生活を捨て、新たな人生を歩む?
     この今の生活のまま、昔ながら名のある家で、姑と暮らす?
     だとしても・・
     いつも目にするであろう、旦那とその女性の姿・・
     全部呑み込み、そんな状況には目をつむることにしたのか・・
     それにしても、絶対面白くない生活だと思う。
     耐えがたい毎日だと思う。

     昔の大奥の殿様じゃあるまいし
     その旦那の人となりに呆れてしまう。
     なんちゅう男。
     
     白髪も交じり、生気のない、やつれたその女性の姿は
     今の心境、今の生活全てを物語ってた。
     人はそんなにも変わってしまうのだということを。

     車の中で
     私が、あっ 〇〇さんだと母に言うと
     その女性の話を知ってる母の口から出た言葉は
     『クソ男じゃな』 それは旦那さんを指して。 
     母自ら、そういう男を見て、我慢した挙句離婚を決意した人の言葉。
     
     
     女性は結婚した男性次第で幸せにも不幸にもなる。
     そのことをまざまざと思った、見掛けた人。
     昨日の出来事。







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2015-07-07 11:53 | おもふ・・