カテゴリ:おもふ・・( 164 )

顔 は語る




f0031722_15183448.jpg



     顔って人柄が現れるなぁ って思う。
     まさに、表札を背負って歩いてるようで。

     ふとした瞬間
     たまたまであるけど
     すれ違う人の顔をちらっと見る・・
     あっ、この人難しそうだなって思うことがある。
     それは、険しそうな表情だったり
     口がへの字だったり。

     人相学ってあるけど
     なまじあれは嘘じゃないと思う。
     言い当ててると思う。

     最近、手芸店でのこと。
     店員さんにかなりズケズケと物を言ってるお客さんの声。
     何気にその人を見ると
     年の頃は、たぶん60歳代・・
     パッと見た瞬間
     こりゃ 難しそうな人だ と思ってしまった。
     その人のこと何も知りはしないのに。
     口調もキツイけど、顔の表情がなんとも和らぎがない人で。
     そして、口角はへの字に下がってた。

     年を重ねるにつれ
     段々と人柄が顔に刻まれるようになると思う。
     知らないうちに・・  コワイナァ


     いい顔をした人も居て。
     いいなぁ、そういうの・・

     私も
     そういう顔になってゆきたい。 (゜ー゜)\








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2014-12-12 15:46 | おもふ・・

引き寄せの法則




f0031722_12295894.jpg



     ちょっと前のこと。
     久しぶりに
     海の近くの公園で暮らす猫ちゃんに会いに行ってみました。
     この日、猫の姿はほとんどなかったのだけど
     ひょっこり現れたこの猫ちゃんと少し会話しました。
     猫って群れないけど
     この猫は中でも、1人で気の向くままに暮らしてるっぽい。
     この場所がおいらの居場所って感じ、海を眺めて。
     「おいら 一匹狼」 ぽい。
     元気でね。
     




     引き寄せの法則ってよく耳にするけど
     こういう言葉がメディアを騒がせる以前から
     なんとなくそうだと思ってたのが

     よいことだけを思ってると、よいことがやって来る。
     わるいことばかり考えてると、わるいことが寄って来る。
     たぶん大丈夫
     うん、きっと大丈夫
     そう思うよう、そう考えるようにする。
     悪いことは想像しない。
     いいイメージを描く。
     ポジティブに。


     物事も
     人も
     引き寄せってありますね。

     今の自分に見合う引き寄せ。
     そんなことをなんとなく感じます。  (゜°゜)








                                                       (2つの更新)
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
[PR]
by momo5r | 2014-11-06 13:00 | おもふ・・

尊敬する




f0031722_12184695.jpg
   秋晴れの天気、気持ちいいです。
   暑くもなく、寒くもなく♪





     最近悩まされてた
     目の上のタンコブ的なものがやっと解消された?
     みたいで、ヤレヤレ・・
     でも、またひょっこり現れるかもしれないけど。


     自分にはどうあがいても
     得意でない分野があるとして
     その分野がスラスラ出来る人を尊敬します。
     自分にはないものを持ってる人を尊敬します。
     自分にはない分野を得意とする人が色々周りに居たら
     色々ご伝授願えるのに・・
     そんなこと、ふと思ったりします。


     これ
     悩まされていたことが少し解消したことにも通じてます。
     ほんと、助かった。
     そういう時、その人が神様に見える? ポソッ  





f0031722_1261995.jpg


                   ラーメン。
                   もやしとネギのシンプルな醤油ラーメン。
                   「マルちゃん 正麺」
          
                   たまーに
                   無性にラーメンが食べたくなる時って
                   ありませんか? (゚∇´*)








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2014-10-19 12:28 | おもふ・・

煩わしいな と思う感覚




f0031722_1416576.jpg



     私には
     これは、たぶん生まれ持ってなのかもしれない
     人の心の中が読める・・  

     一人っ子で育ち
     学校へ行けば同じ年頃の人ばかりだけど
     家に帰れば、周りは大人ばかり。
     小さい頃から、高校生の頃まで、家には色んな人が出入りしてた。
     それは、父絡みの人が殆どではあるけど。
     子供なのだけど、なんか色んなことを感じてた。
     あぁ、この人はこんな人・・ とか。
     話してる様子を眺めるだけで、その人の人柄まで見抜けたというか。
     
     人の心が読めるということをある程度実感するようになり
     それまでは、なんとなくではあるけど
     大勢の中に居ると疲れるな・・ くらいで。
     それがどういう意味なのかわからなかった。

     今思えば
     人が多ければ多いほど、色んな心を感じるわけで
     そりゃ、確かに疲れるわけだ・・
     たぶん、感じなければ楽に過ごせるんだと思う。

     知人に、血液型B型の男性が居て
     なんでも思ったことをズバズバと言う人で。
     言うだけ言ってあっさりした性格なのだとは思う。
     あまりに思ったことを言える人なので、1度聞いたことが・・
     『人が何考えてるかわかる?』
     その応え 「いや、わからん、全然わからん」
     でしょね、やっぱり。
     人がどう思おうと関係ないのだと言う。
     そっか、そうなんだ・・
     そういう風に働く思考回路の人は楽なんだろな。
     気にならないって、ある意味本人は生き易い。
     (あっ、B型の人がいらしたらごめんなさい、この方のこと・・)



     ところで 
     煩わしいというと    
     もうすぐ地域の秋祭りがあります。
     女性は料理を作り、酔っ払いの接待をする。
     ふだん殆ど顔を合わすこともない人達が集まります。
     中には1年に1度、この時期限定に顔を見る人も。
     
     この時期
     毎年思う。
 
     あぁー 
     昔ながらの秋祭り イヤだー         
     男っていいなー
     お神輿担いで、お酒飲んで、食べてるだけ。 
     料理何作ろうって頭悩まさなくていいよね。  (・ε・*) ...
     


   

  


            
 
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
[PR]
by momo5r | 2014-10-06 15:31 | おもふ・・




     昨日の朝5時半頃のこと。
     1階から、ドドーンという結構大きな音が聞こえて来て。
     いつもならこの時間はまだ眠ってるのだけど
     この時はなぜか嫌な予感が走り。
     すぐに2階から階下へ降りてみる。
     すると案の定、トイレのドアが開いて居て
     見ると、母が床に突っ伏して動けなくなってた。
     聞くと、ふらふらっとめまいがして
     ドアに掴まろうとしたら開いてしまい、そのまま倒れたのだとか。
     ドアはちゃんと閉めてたというのだけど、たぶんちゃんと閉まってなかったのだと思う。
     普段から痛いと言ってる両膝を思いっきり突き
     おまけにオデコもしこたま床に打ち付けたらしい。
     母がこういう態勢になってしまうと、自分では起きられない。
     膝の人工関節の手術をしてから、する前から、足を踏ん張って起きることは出来なく
     助け起こさないと無理・・
     なんとか両腕を持ち、私の身体に掴まってもらいつつゆっくり起こす。
     そういえば、こういうの、過去に何度もあり・・
     これはまだ良い方。
     
     オデコを思いっきり打ったというので
     冷えピタシートを貼って、しばらく寝てた。
     この日、娘のお弁当を作ってた頃、母がトイレに起きて来る。
     見ると、オデコに冷えピタシートが無い。
     歩くと落ちてしまうのだと。
     娘が時に頭が痛い時に貼るのだけど、ピタッと貼りついて落ちて来ることはなく。
     母はオデコが狭いのでそのせい・・?
     午前中、シートを貼って過ごしてたけど
     いつの間にか、そのシートの上に包装用の広めのリボンが巻き付けられてた。
     母にしては、ナイスなアイデア。
     頭にリボンを巻いてる姿は、ちょっと笑えた。 

     ところで
     いつも思うのだけど
     誰かと一緒に暮らしてなければ
     何かのアクシデントが起きた時、どうするのだろ。
     転んでしまって身動きできなくなってしまったら、どうなるか。
     電話も近くにない、大きな声を上げても誰も気づかない。
     
     手の握力も無くなってる。
     何か固いものを開ける時、自分の力では開けられない。
     ちょっとでも重いものも持つのは困難。
     ゆっくりとしか歩くことが出来ない。
     
     色んな事情から1人暮らしの老人も居ると思う。
     もし 一緒に暮らしてなければ・・
     どうするん? と母に聞いてみた
     応えは、もうそうなったらどうしようもないなぁ・・
     死ぬしかないなぁ・・ と。
     母の考えはいつもこういう風に短絡的で参る。
     
     でも
     確かに
     誰かの助けがないと生きていけない状態は
     これから先、いつどんな風に自分の身の上にも起きるやも知れず。
     歳をとるということを目の当たりにして、感じる。


     元気で居ることが
     何よりもの家族へのプレゼントなんじゃないか・・。
     そんなこと思う、今日この頃です。
     
 
    
         
f0031722_1154417.jpg
  
                                  (画像はお借りしました)   










     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   
[PR]
by momo5r | 2014-09-06 12:02 | おもふ・・

羞恥心




f0031722_11244337.jpg



    青い空と入道雲
    最近見ないな と思ってたら
    昨日、久しぶりに北側の空に青空が・・♪
    この写真を撮ったのは、夕方の5時頃。
    右側のスゥーッと伸びた雲は、たぶん少し前に通った飛行機雲なのでは・・
    細かった線がだんだん太くぼやけていって・・
    日暮れまで、青空であったであろう残像がいつまでも残ってました。



    f0031722_11434878.gif
    

    
    
    羞恥心。
    いつまでも失わないでいたいと思う。

    母・・
    羞恥心どっかに捨ててる?
    昨夜、キッチンで娘と話してるところにありえない姿で現れる。
    上半身すっ裸で。
    これからお風呂に入るとこらしい。
    それにしても、そんな姿でわざわざ話に加わらなくても・・
    どうやら、ちっとも恥ずかしくないらしい。
    私は、いかに家族であろうとも、そんな姿を見られたくないし
    ロバさんの前でも、結婚以来そんな姿を見せたことない。
    母って、そういえばこんなの、今に始まったことでもないな。
    前にもブログで書いたことある・・

    母と私は、いつもテーブルを挟んで向かい会わせに座って食事してる。
    なので、その様子は見るとはなしに目に入る。
    食べたモノが口の周りにいつも付いてる・・
    『付いてるよ』 と言うと 「付けとるんじゃ」 と応えが返ってくる。
    付けとるんじゃ・・ ってねぇ・・
    この間は、ヒジキの煮物のヒジキが口びるの周りにビッシリと彩られてた。
    話すたびに、そのヒジキがまるで生き物みたいに動き回る。
    それを指摘すると、なんか、いつもいつも煩いなー って反応で。
    口が渇くから 仕方ない風な。
    そうかー?
    そうじゃないでしょ?
    単に、全てにおいて、気にならない性格なんじゃ?
    少しは気にして気をつけようよ。
    まだボケてしまったわけじゃないんだから。

    介護認定受けてるので、週に2日施設に行ってるのだけど
    昼食時にもこの調子で、たぶん、くっ付いたままなんじゃないかと思う。
    きっと誰も、見ても何も言わない・・
    もし仮にスタッフに言われたら、もっと素直な態度なんじゃないかな・・
    絶対 「付けとるんじゃ」 という、可愛げのない返答はしないと思う。
    うん、これは確か。
    うちでのように、言ってみればいいのに・・
    きっと、嫌われるよー
    感じ悪いし、素直じゃないし・・
    ・・と、意地の悪い私は、常々思うのである。  ホホホ


    母は、私にとっては反面教師。
    あんなことしたらよくないな。
    あんなこと言ったら感心しないよ。
    様々な場面で教えてくれる。
    小さい頃から感じとってる。
    小さくてもね。

    なので
    もし、私の娘が私を見て
    ああいうのはよくないなと思ってることがあるならば
    反面教師で感じ取ってくれればいい。
    自分のことって、自分ではわかってるようで案外わかってないもの。

    人のふり見て我がふり直せ 
    です、ね。  (.. )m








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2014-08-27 12:44 | おもふ・・

めんどくさい人




f0031722_12474470.gif



      めんどくさい人だなと思う人がたまに居る。
      私の中でそう思う有名人は、小藪さん。
      たぶん、真面目で頑固なんだろなと思う。
      ほんとの素の部分はわからないのだから勝手な判断はいけないのだけど。
      でも、なんとなくそう感じてる。

      私の身近でのめんどくさい人。
      パッと見は、柔らかい雰囲気で素直そうに見える、と思う。
      だから、深く関わらないと、ほんとの部分はわからないんだろな、と思う。
      でも、外見オブラートに包まれてる深い部分を知る人間には・・
      この人、めんどくさい人・・ だ、と思ってしまう。
      真面目で、ちょっとやそっとでは曲げない、その考え方。
      良い面もちゃんとあるのに・・
      義理固いので、して貰ったことにはちゃんと恩として返す。
      なので、反面、自分がやったことに対する返しがないと感じると
      恐ろしいくらい、そのことを執念深く覚えてる。
      時に、ひょっこりそういうことを口にする。
      そんなことを今までずぅーっと覚えてたの? 
      根に持ってたの? ってくらい。
      恐ろしい人だ・・
      一見、そうは見えない・・ 
      ゆえに、その執念深さたるや、恐ろしいと思う。
      
      めんどくさい人は、母。
      母のめんどうを見るのがめんどくさいのではなく
      めんどくさい性格を、そう思う。
      もっと、単純であっさりであってくれたら・・
      サクサクと楽しく会話も弾むのに・・
      でも、長年培ってきた性格はもう変えられないのだろ・・
      少しどこか抜けてるくらいの親を望む。
      いつまでも、そういうことだけ覚えてる人でなくていい。
      あぁ、そうだったっけ・・? くらいでいい。
      過去どんなことがあったとしても
      アハハハーッ と笑い飛ばせる人がいい。
      テレビを見て、手を叩いて喜んでる、その姿でいい。
      単純な思考回路を望む。

      ただ単純に、それだけ。。。









     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        
[PR]
by momo5r | 2014-07-27 13:25 | おもふ・・

ジンクスは当たる?




f0031722_0132548.jpg
       梅雨って気温が日々違いますね。
       なんだか肌寒く感じる日もあれば
       ムシムシと汗ばむ日もありという。

       2階の部屋
       まだまだ扇風機に頑張ってもらってます。
       というか、私もそれにどこまで耐えられるか・・?  
       我が家の2階、実はえらく暑いのです。
       ロバさんが言うに 『暖房してるのか?』 と。
       まさか、してるわけない・・
       でも、もう少し扇風機で。      
      


      
      私の中で、普段思ってるジンクスがあります。
      その1つ・・
      チラッと、何かの瞬間やろうと思ったことは、その時に行動に移した方がいい。
      まぁ、いいか、後でいいかと伸ばすと、後々考えてもいいことにはならない。
      その時行動に移したことは、十中八九、なぜか上手くいくことが多い。
      やはり、やってて良かったと思う。

      もう1つ・・
      家から出て最初の信号があり、それが青ですぐに交差点に進入出来たら
      その日の行動は不思議なほど全てスムーズにサクサクと進む。
      近付く直前に赤に変わってしまったら、むーん・・ よくない。
      不思議なのだけど、ほんとにそうで。

      
      ところで今、私は絶不調らしいです。
      体も心もなんだか浮かないなぁと思ってバイオリズムをたまたま見てみたら
      なんと、全て下降ぎみ・・  ムム
      なんというか、当たってるだけに、ふがふがと笑える・・。

      でも、昨日よりはまだ今日の方がマシに。
      昨日の昼間、めまいがするほどお腹が空く中動き回ったというのに。  (笑









     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
      
[PR]
by momo5r | 2014-06-25 00:58 | おもふ・・

腐っても鯛だよ




     今日は母のクリニックの日。
     近くの医院までの私は運転手になる。
     そういう出掛ける日、母は少しだけおめかしする。
     母なりの・・
     いつもは 〇△□ でも。

     車の中でふと母を見ると
     カットソーの首ぐりから肌色の下着がかなりのぞいてる。
     どうもそのことに気づいてないらしい。
     気づいてないというよりは
     普段からあまりそういうことを細かく気にしないタチかもしれない。
     うーん・・ 
     いや、うん・・

     母がまだ40代の頃
     外の花の水やりをしてる風景。
     時間はまだ午前中ではあるけど、確かその姿は寝巻・・
     パジャマというより、寝巻姿。
     気にならないんだろか、私の方が恥ずかしく。
     だいたいそんな姿で外をウロウロするなんて。
     その姿で、近所の人に会ったとしても平気で話をしてた。
     女、捨ててるな・・
     それを見て私は思った
     絶対、ああはならないぞー なりたくない。
     
     食事中に 『口の周りに付いてるよ』 と教えても
     なんだ、そんなこと という風に頓着ない。
     いやいや、もっと気をつけようよ・・。
     歳はとっても、それはちょっとの身だしなみ。

     クリニックに着いて、車から降りる母に
     つい 口から出た言葉 『腐っても鯛だよ』
     この言葉の意味、ちゃんと理解してくれただろうかわからない。




f0031722_13303633.jpg



     身だしなみといえば
     nikoチャン の髪の毛を、お風呂上がりと朝起きた時に梳かしてあげてた。
     その時に使ってたのは、子供用の散髪セットに付いてた平べったいクシ。
     荒いクシ目が、少ない髪の毛には梳きやすく。
     そんなある日
     私がいつも使ってる三面鏡の前に行き
     大人用のブラシを手に持ち、自分の髪の毛を梳かす仕草をする・・。
     初めは上手く出来なかったのが、その内ブラシ部分で梳かせるようになり。
     と言っても、前部分が主にであるのだけど。
     で、手鏡を持って自分の顔を眺めてみたりも。 (1度)
     ぷぷっ  いっちょまえだー
     小さくても女の子なんだなぁ と思う。


     あまり髪の毛を梳かしてると思えない母と
     自分の髪の毛をブラシで梳かす子。
     
      (*´―`)ン?  この対比って。
     
    


     
     

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2014-06-12 14:17 | おもふ・・

あっ・・・




f0031722_12453699.jpg


    昨夜、夕食の後。
    家の娘に、nikoチャンに作った小さなパンツを見てもらった。
    大人用のパンツの小さいバージョンて感じなので
    まるでお揃いのようだね
    じゃ、今度おなじの着て散歩しようかなぁ と娘。
    パンツからあれこれ話に花を咲かせてると・・

    その場に居た母がポツリと
    自分も作ったのを覚えてるかと、私に言う。
    うん、覚えてるよ、あの服大好きだったよ~ と応えると
    少し満足した顔に変わる。  

    そっか
    小さい頃に私に縫った服を思い出してたんだ・・
    
    当時は今ほど色んな服地は無かったはず。 
    一体、どうやって、その布を用意してたんだろ。
    母が作ってくれたブラウスとスカートは、今でもハッキリと覚えてる。
    青みをおびた黄色のセーラーカラーのブラウス・・
    少し押さえた色のピンクのコーデュロイに人形柄のたすきのあるスカート・・
    初めて着せてもらって、嬉しそうに立ってる写真が1枚。
    あの服のこと、ほんとにハッキリ覚えてる。
    布の質感とか、肌触りとか、色合いも、鮮明に。
    よほど嬉しかったんだろな。。
    そういう時しか、少しお洒落出来ることってなかったから。

    当時、家に、カメラ店を営むおじさんがよく遊びに来てた。
    父の友達で、カメラを片手にふらっとやって来て
    そのついでに、小さい私を写してくれてたのだと。
    なので、その頃の写真はかなりの枚数かもしれない。
    この頃の家の暮らしには、似つかわしくないくらいに。
    このおじさん、子供心にも、ハイカラな人で
    お洒落で、きれいな顔立ちしたイケメンさんじゃなかったかと思う。
    写したら、パシッと光る、そんなカメラだったように思う。

    
    母のひと言から
    そんな、遠い日の記憶がよみがえる。
    縫ってくれた服だけはいつまでも色褪せないのが不思議です。








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
  
[PR]
by momo5r | 2014-05-28 13:34 | おもふ・・