カテゴリ:つぶやき( 156 )

ありがたい





     ( ..)φ
     人と会話して良かったなぁと感じるのは・・

     その人の人柄が見え
     その考え方に共感する時
     最近ある人に会い、更に実感する。








     連休最終日の月曜。
     前々から、やろう、やらなければと思いつつそれが先延ばしになってた
     家族共有で使う部屋の片づけとモノの撤去作業を
     突然、娘が、私も手伝うから2人でやろうと言い出す。
     別に頼んでたわけでもなく、いつかは1人でやろうと思ってた。

     でも
     1人でやるにはかなり荷が重いのはわかってたので腰が上がらなかったのは確か。
     これじゃいつまで経ってもラチが明かないと思ったのだろう・・

     2人でやると
     かなり膨大な作業もトントンと進む。
     分担作業はいいね、楽だ。     
     ホコリを吸わないようにマスク着用。
     (どんな部屋なんだか・・)    

     
     娘、驚きの働きを見せる。

     クィックル・ワイドモップで埃を払い
     いつの間にかバケツに水を汲み
     雑巾で絨毯を拭きだす。
     後、物凄く念入りに掃除機をかける。
     お願いしたわけでもないのに。
     セッセ セッセと。


     夕方
     もう少しすれば片付くかなという頃
     ロバがどこかからフラッと帰ってくる。
     おぉ いい所に帰ってきた。
     資源化する本類や段ボールをヒモで括ってもらう。
     こういう時男の力は必要だと思う。
     本をヒモで括る作業はほんとは苦手。
     居なければ自分でするけど、上手く出来ないのは自覚してる。

     
     娘の存在は凄くありがたい。
     頼り甲斐のある大人に成長したなと、この日特に感じる。

     どんなことも愚痴をこぼすわけでもなく
     そして要らぬ口は利かず。
     けど、喋れば、面白おかしく話し聞かせてくれる。
     もう一人のムードメーカー。

     
     
     いろいろ動いてくれて
     ほんとありがたかった。
     感謝*


     
     



      




f0031722_12382285.jpg



     沸騰した鍋の中で茹で上がりを待つトウモロコシ。
     娘が試しに買った、少し値段が高めのトウモロコシ2種。
     2本をそれぞれ味わう・・
     オイシカッタデス。











     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
[PR]
by momo5r | 2017-07-19 13:42 | つぶやき

いつもどおり過ごす





    キュウリのビール漬けを作ってみました。




f0031722_12400622.jpg



     
     お隣の料理好きな奥さんに頂いたビール漬けがとても美味しかったので作り方を聞き
     あの味を再現ということで試しに作ってみたんですが
     かなり近いものができました。

     えっと・・
     自分でいうのもですが、いい味になりました。


     ロバの飲んでるビールをちょっともらう。
     Stock Bag に
     キュウリと砂糖と砂糖よりはかなり少なめの塩と
     それにビールを入れる。
     混ぜ合わせる感じに少しモミモミする・・
     途中味見して、足らないものを補充する・・

     ビールの量は、キュウリが浸かるまでは必要なく。
     キュウリからの水分でほどよい感じになるのだと。
     確かに、そうでした。


     一晩冷蔵庫に寝かせ次の日食卓へ。
     もっと漬かったのがいいのならもう少し置く。

     我が家は待ち遠しくて待てないロバがいるので一夜漬けに。
     簡単であっさりしてて、夏にはぴったりかと思う。
     かなりの早さで家族の箸が止まらない・・
     まるで ハイエナのよう・・ (苦笑






     こんな日は
     変わりなく1日が過ごせたことで食事の後片付けもはかどります。
     でも、そういう日ばかりではない時もあります。
     
     まるで
     さっきまでの太陽が大きな雲に隠れ雨が突然ザーッと降りだすように
     母は時にその雨をもたらす。
     家族にもどんよりとした空気が流れる。

     
     毎日が普通に
     淡々といつもどおりに過ぎていく・・
     それだけで
     ただ、それだけでいいと思うこの頃。
     
     
     私は家族のムードメーカー。
     ムードメーカーは損な役回り。
     時に、機嫌を損ねまるで子供のように駄々をこねる、母。
     なんたることよと腹を立てても、譲歩し、また普通の状態へと導かなければならない。
     ロバと娘は蚊帳の外からそれを眺める・・
     腹を立てても、理不尽なそれに折れなきゃならない。
     いつも いつも・・ 

     人には力関係というものがあるらしい。
     楽に操縦できる相手とそうではない相手と。
     最近わかったのは、母は私にとって楽に操縦できない相手らしい。
     そうだろな、ものすごくそれを感じる。
     ちょっとやそっとではガンとして大きな重い石は動かない。
     ふぅ・・・ 物凄い労力がなきゃ・・
     重いんだよ 私。

     でも
     ムードメーカーだから根をあげられない。
     誰にも代わりを頼めないのだ・・。


     いつも通りに何も起こらず過ごせるというのは
     それが小さな家の中のことでもありがたい。
     

     ほんとはいつも心の中を占めてるあのことを書きたいのだけど
     今日は止めることにしました。
     またいつかそのことを書く日がくるかも・・・


     あ
     キュウリのビール漬け
     美味しかったです*









     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[PR]
by momo5r | 2017-07-13 13:54 | つぶやき

最近*





     リアルなこと
     周りにも
     友達にも
     私のような服装の人は居ません。


     昔ながらの地域的なものもあるようで
     同じ年代の人達は、正直私とは違う。
     
     もう少し若い世代は
     ガラリと違い
     今なんよね って思う。


     だから
     地域の集まりの時など     
     周りの服装に馴染むよに
     カメレオンのよに
     没個性に徹してる。


     それって
     なんだかな・・
     
 
    


     最近だんだんと思う。
     自分のやりたい恰好で生活すればいいじゃない。
     残りの人生、人の目なんて気にすることないよ。
     それ、つまらんよ・・
     別に、周りに同化しなくてもいいじゃない。
       
     私は私だよ。
     


     なので
     家に居る時も好きな服を着て過ごし
     出掛ける時と家での服装もあまり境界線がなくなってます・・
     もともと
     1度着るとクリーニングに出さなくてはいけないような恰好をする人でもなく。
     洗濯機で洗える気楽な服が好きです。






f0031722_14123525.jpg





     ある日
     この恰好でビルケンのサンダルを履きデパートへ・・

     ここ何年か
     ビルケンのサンダルは夏の定番になってます。
     ヒールのあるものは履かなくなりました。

     パンツは自分で縫ったカーキのワイドパンツ。

     バックは アトリエぺネロープ の。
     青い色して青い色の羽が特徴的なバック。
     パッと見、凄くインパクトを感じたもの。

   
     娘とたまたま出掛けたこの日
     たまたま
     コーチ のバック売り場で
     眺めてるからといって買うつもりがあるわけでもなく
     そんなブランド品を持つなんて到底あり得ない
     とても商売にもならない私に
     店員さんが
     「そのバック変わってますね」と声をかけてくる。
     フワフワとした青い羽と持ち手に使われてる革紐に目が留まったらしく。
     
     『はい、変わってますよね・・』 と応える。
     内心、ちょっと嬉しかった。
     ・・・というか、かなりテンションupしました。

     この変わったバック持ってると
     アンティークのお店の方、個性的な若い女性にも声をかけられる。
     持ってるものに興味を持たれるというのは嬉しいものです。



     少しでもハッピー気分で暮らしたい。






     ( ..)φ ここ最近感じてることです。 











     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2017-07-08 15:03 | つぶやき

変身





f0031722_13525366.jpg



    


     カフカの「変身」という小説。


     ある朝目覚めると巨大な虫になっていた男と
     その家族の顛末を描く物語。



     もうずっと前に
     図書館でCDを借りて聴いたことがあるのをふと思い出しました。

     目で追い小説を読むのと、耳で聴きその世界に入るのと
     また違ったものがありますね。
     CDはラジオから流れる小説のよう・・
     それもまた味わいがあり面白かった。

     そういえば
     ラジオでFMを聴きながら夕食作ってた時期があり。
     ラジオドラマみたいなの毎日やってたっけ。
     けっこう楽しみに聴いてたなぁ・・
     
     
     
     図書館、今でもそういうCDは存在するのかな?
     あるのなら、また借りてみたい。





     この紫陽花は
     4月の終わりごろ娘からプレゼントされた花。
     当時、目の覚めるような青紫色だった。
     家の中に置いてるうちにだんだん元気がなくなったので
     土を増やし鉢を大きくし玄関先に居場所を変える。
     毎日水をやり続けるうちに
     気がつくとこういう色合いに。


     なんというか
     アンティークっぽく変身。
     (ものはいいよう)

     

     娘
     あんなにきれいに発色してたものが
     日に日に変わってしまっていってるのを
     残念に思ってる風ですが。 (苦笑
     でもね・・

     
     渋い色も味わい深いものです。
     あまり見かけない色もそれはそれでよしとしよう*










     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2017-07-07 13:56 | つぶやき

チラチラと見てしまう





f0031722_13321785.jpg




     なんか微笑ましく
     自然と顔が緩んでしまう。



     これはある人形作家の方の作品じゃなかったかな・・
     あまりのリアルさにビックリ。

     ロバさんとたまたまある日出掛けた珈琲のお店で
     店内にあった ❛天然生活❜ の中の ある1ページに目が留まる。
     古き良き時代の子供のイメージっぽくもあり。
     しばらくいろんなバージョンを眺めてました。



     このお店は珈琲の専門店。
     リラックスできるお洒落な空間。
     普段は紅茶が好きなのでコーヒーは飲まないのに
     この空間と集まるお客さんの雰囲気とか着てる服を眺めるのが好きで。
     たまーに、ロバを誘ってお茶しに来たりします。

     そんなこと言うととても仲がいい夫婦みたいに思えるかもしれないですが
     いやいや、そんなんじゃなくて・・

     ロバを誘うとなにがいいか?
     いつも支払いはロバが・・ という特典付き。 
     オーダーを済ませると、それぞれ好きなことをしてのんびり過ごす。
     何か喋らないといけないということもなく、お互い気を使わなくていい。


     このお店に来るお客さんはなかなかお洒落な人が多く。
     老若男女問わずそう思う。


     
     この日
     隣に座る、たぶんご夫婦の2人・・
     ほとんど会話がないので、夫婦ではないかと判断。
     女性の服装がとても清潔感のあるネイビーテイストの組み合わせで。
     本を取りに行く様子とかついチラッと見てしまう。
     隣なので、目の端に入れる体を装いつ・・
     足元はハイカットのスニーカー。
     さりげないのに、いいなぁと思うスタイル。
     ま、そのスタイル、好みだったんでしょ、ね。 (笑


     ある日の
     チラチラ・・・











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2017-07-01 14:09 | つぶやき

傍目にはわからなくても




f0031722_13541016.gif




     昨日、花に水やりしてた時
     近所のHさんが通りかかり
     私が知らなかったいろんな事を話してくれた。
     近所といっても、なかなか普段顔を合わすこともないのだけど。

     Hさんは年齢はたぶん70代半ば過ぎ?
     息子さん夫婦と結婚してからの同居が始まり。
     今はHさんの旦那さんも亡くなり未亡人生活も長い。
     お友達の男性(80代)もいて、家にも出入りしてるのはみんなの周知のこと。
     当時、お嫁さんがその男性に「うちのお義母さんをどうにでもして」と言ったとか。
     風の便りに聞こえてきた。
     
     Hさんの家の中の事情は全然わからないけど
     なんとなく思ってたのが
     お嫁さんの方がHさんより強いんだろな・・
     たぶん、実権を握ってるんだろな。
     時々聞く話から想像はしてた。

     
     昨日
     もう3年くらいお嫁さんと全然会話してないのだと言う。
     え・・・・。 (驚き
     2人の関係は冷え切ってるようにとれた。
     

     聞くと
     キッチンやトイレは1階と2階で別々になってる。
     だから、料理はそれぞれで作り
     Hさんも自分のものを作って食べる。
     ということは・・
     今はそれが出来てる(そういう風に見えてるだけかもしれない)けど
     出来なくなり世話を必要とするようになったら・・

     お風呂は2階に1つ。
     1階で暮らすHさんは、毎夜11時過ぎにみんなが入った後に入るとか。
     最近は階段の上がり降りが苦痛になってきてるとか。

     私と話した時はウォーキングの帰り。
     同じ町内に住む、亡くなった旦那さんの妹さんと歩いてるらしく。
     ゆっくりと・・
     8時半に家を出て
     そろそろお嫁さんが出勤していなくなった頃を見計らって家に帰るんだと。
     よほど顔を合わしたくないんだろと思う。


     嫁姑の関係。
     一緒に暮らす・・
     馬が合えば、もしかすると良好な関係を築いていけるかもしれない。
     馬が合えば・・・

     でも、実の親子でもその関係は怪しい・・
     と、自分のことに置き換えて考えてみる。
     母と自分・・
     馬が合う? うーん・・・・・
     うーん・・・
     馬が合うとは私は思わない。
     一緒に暮らし会話もしてるけどいろいろ日々思うことがあるのです。
     たくさん。


     Hさんの話は一方的に聞いた話。
     なので、お嫁さんサイドから聞くとまた違ったものになるんだと思う。
     両方聞いてからの判断だとは思う。

     
     傍目には普通に暮らしてると思っていても
     よくよく知ればそうじゃないんだなということが
     それぞれの家庭にはあるんでしょね。
     抱えてるものがいろいろと。
     そんなことを思ったHさんとの会話。












     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2017-06-28 15:14 | つぶやき

皮下脂肪






f0031722_1314189.jpg




     花に水やりしてたら
     緑のものがピョンと跳ね
     何かな と思ったらアマガエル。
     こっち向いてほしいけど
     カメラ苦手なのか ずっとあっちを向いたまま。






     2週間前に
     6か月とちょっと履き続けていた
     ユニクロの腹巻パンツをもう履くのを止めたということを書きました。
     なぜ止めようと思ったのか・・
     ダイエット目的で履き始めたのではなく、単に
     これからだんだん寒くなるし
     お腹も覆ってくれるし、いいかなと思った単純な理由から。

     それが、毎日履き続けるうち、なんだか痩せてきた。
     気がつくとドンドン痩せていってる。
     お腹回り、いつものジーンズが少し大きく感じるようになる。
     それは嬉しかったけど
     なんだか病的なものを感じるようになる。
     私、どこか悪いんじゃないだろか・・

     ふと気づくと
     体の皮下脂肪がなくなってきてる。
     極端に言えば
     このまま痩せ続けると
     骨皮筋子 になっていくのでは?
     なんて思ってしまったのです。

     女性は多少ふくよかな方がいい
     そんな風に思ってるのでこれはヤバいんじゃないだろかと思う。

     
     それで腹巻パンツを履くのを止めて
     今日で2週間。
     なんと不思議なことに
     少しずつ皮下脂肪が戻ってきた。
     私の理想とする感じに・・

     なんかね、あちこちシワシワっぽくなってきてました。
     腕とか足とか、あー やだやだ。 ゲンナリ

     
     ある程度の皮下脂肪はなくちゃならない。
     ふくよかさ、あった方がいい。




     ( ..)φ  あの、これは
     決してユニクロのそのパンツを履くと痩せるといってるのではなく
     たまたま私がなんだかそうなったというだけで
     たぶん、突然変異だったんだと思ってます。
     中傷でも、推奨でもありません。 |д゚)











     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2017-06-20 13:55 | つぶやき




f0031722_11393696.jpg





     ロバさんと同じ会社に勤務するOさん。
     去年3月に結婚した44歳初婚の男性。
     だからまだバリバリの新婚さん。
     前に、Oさんの話を書いたことがありますが・・
     1人息子で親から大事に育てられた人。

     
     実家と今暮らしてるマンションとは車で10分ほどの距離。
     だから帰ろうと思えばすぐに帰れる距離ではあると思う。


     Oさんの奥さんは看護師。
     なので夜勤もあり。
     奥さんが夜勤の時はとても嬉しそうに実家に帰る話をするらしい。
     ウキウキした様子で・・
     まるで待ちに待ったこの日って感じで。

     え ???・・・・・


     この話を聞いたのはまだ結婚してすぐの頃。
     私の中の新婚のイメージは
     仕事が終わると一刻も早く奥さんと暮らす我が家へ帰りたいんじゃないかと思うけど
     どうもOさんの話はかなりかけ離れてるのでいつも不思議だった。
     実家に帰り、お母さんの作った料理を食べ嬉しそうな様子が目に浮かぶ。
     
     Oさん、奥さんに思ったことが言えないらしい。
     たぶん、結婚してから心をかなり抑えてる。
     毎日お風呂に入りたくてもシャワーしかさせてもらえないのも不満だったとか。
     でも、話に聞く普段のOさんはかなりのクレーマー。
     何でも結構我慢せずに言うタイプだとか・・
     なんなんだろ、このギャップ。

     
     そのOさんが最近身体の不調を感じるようになったらしい。
     大きな病院でМRIまで撮って調べた結果は
     自律神経失調症。
     なんだかフラフラとめまいがするとか。

     自宅のマンションの辺りの空気が悪いと思ってる。
     夜もぐっすり熟睡できない。
     奥さんが夜勤でいない間にフラフラするととても不安を感じる。
     もし、誰もいない間にどうにかなったら・・ と思うとすごく不安。
     新たにその後受けた検査の結果はメヌエール病という診断。

     なので静養のため2日間実家に帰る。
     奥さんが夜勤の時はもちろん実家に帰る。
     この前、夜勤の時間帯だけ実家で過ごし
     夜勤が終わり帰ってくるであろう夜中の3時頃我が家に帰ったら
     なんと、奥さんはすでに帰ってたとか・・

     
     奥さんがどう思ってるのかぜんぜんわからない。
     奥さんはほんとのところどう思ってるのか。

     Oさんの話を少しだけ聞きかじった話しをロバから聞く。
     もともとロバは、そんなにOさんの話は興味がないんだと。
     ロバの普段の会話も、なんでもだけど、深く掘り下げた話にならない。
     浅い 浅すぎる・・
     会話に深みがない。
     疑問を持つということがないのだろうか。

     そういう人なのでアッサリしてるからいいといえばいいのだけど。


     Oさんはいつも実家に帰りたい。
     奥さんは、方や、実家に帰らない、帰りたくない人。
     1年に1度帰ればいいくらいとか。
     なんか、男と女がひっくり返ったような2人。


     Oさんの症状は落ち着くのだろうか・・
     はて・・ 疑問。
     実家に帰り同居となればOさんはもしや快方に向かうかもしれないけど
     奥さんはたぶん嫌だろうな・・
     たまに2人で実家に顔を覗かせ
     お母さんの作った物を食べて帰るぶんはいいかもしれないけど
     同居となると嫁姑関係はどうなる?


     Oさんのメヌエール病。
     “とにかく実家に帰ったら落ち着く病” じゃないかと思う。
     もしくは “実家に帰りたくてしょうがない病” か。

     
     新婚なのに、大丈夫?
     2人の我が家じゃなく実家に帰りたいと思う心理がほんとにわからない。
     それが女の人ならまだわかるけど、男の人で?
     なんで2人の我が家では落ち着かないんだろ?




     すいません。
     ひと様のこと、どうだこうだとつぶやいてしまい。 |д゚)\














     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2017-06-08 13:10 | つぶやき

肌がきれいだな・・・







     最近PCに
     『そのまま使い続けるのは危険』という表示が現れるようになり。
     その言葉の響きからすれば
     なんかもうすぐ爆発してしまうんじゃないかと思えるような感じを抱きます。 アセ
     

     でも、確かに
     もう買い替えの時期にきてると思う。
     何年か前にそう思って
     まぁ もう少し と先延ばしにしてからでも年月が経ってしまってた。





                    





     そんなことで
     最近のPCはどんな感じなのかなと電器屋さんを覗いてみたのがこの間。
     別にすぐに買うつもりもなく   
     ノート型とデスクトップ型をなんとなく眺めてたら・・・


     どこともなく男の店員さんが側に来ていろいろ説明してくれだし
     それが取り立てて嫌な感じでもなく
     へぇー そうなんだと聞きながら
     ふと、顔を見る。


     おぉ・・・
     なんて肌のきれいな人! (驚き



     なんなんだろ
     肌の質感がすごくなめらかで。
     年齢は何歳くらいなのかわからないけど
     落ち着いた年代の信頼のおけるタイプに見えた。

     
     ある程度歳を重ねるといろんなものが顔に現れるけど
     この人の肌はすごくきれい。
     そのきれいな肌は普段いったいどんな手入れをしてるんだろ??
     「失礼ですが、肌がとてもきれいですね」 と言いたくなる。
     質問したい衝動に駆られる・・・  (苦笑



     パソコンの話を聞きつつ、後半分はそんなことを思いながらついつい眺めずにはおられず。
     男の人でこういう人にはなかなか出会わないです・・・
     稀少な存在とまで思ってしまう。



     
     肌がきれいっていい。
     女性でも男性でも。
     ほんとにそう思う。









f0031722_14414639.jpg

                                     *庭の花












     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
[PR]
by momo5r | 2017-05-27 14:31 | つぶやき

メイクのちから*





     普段、家に居るときは殆どノーメイク。
     そんな顔も自分では見慣れてるのだけど。
     しかし それはメガネも掛けず目が悪いからしっかり見えてないだけで
     しっかり見たら  ギョギョギョのギョ・・・
     こんな顔で過ごしてるのか。 (苦笑

     



     今日、母はデイサービスで居ない。
     ちょっぴり心も軽い  ヤッホー

     手のかかる子が暫し手を離れ幼稚園に行ってくれてヤレヤレと思う心境と同じく。
     本人、行くのを渋るけど、私もたまにはのんびりしたい・・・  
     そういうの、たぶん思い巡らせてはくれないだろけど。 






     なので
     ちょっと出掛けようと思いメイクをしたら
     やっぱりメイクのちからは偉大です。
     気分がupしますね。 
     しないよりはしたほうがいい。 (笑



     あ、それと
     あれから髪の毛もう少し短くなりました。
     カットしてる内、どんどん切りたくなるのでハサミは持たない方がいいです。
      







f0031722_136457.jpg

     

                         ワンちゃんがくつろいでました*      
     
     
     











     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
[PR]
by momo5r | 2017-05-10 13:17 | つぶやき