<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

笑顔



2010年3月27日
土曜日
快晴

         
f0031722_23535862.jpg



               前日までの連日の雨
               そして、1日前の強風
               当日の天気を心配してたけど
               朝起きたら、どうやら晴れ模様
               ありがとうございます
               晴れの神様♡


               朝、7時半
               近所の方達が見送りに来て下さって
               娘の幼友達と合計5人車で一路京都へ・・
               
               途中立ち寄ったサービスエリアで
               偶然、私の幼友達とバッタリ遭遇
               これから京都へ行き挙式するのだと伝えるとまたまた驚く
               話したい事が一杯だったけど、また会った時・・ね、と別れる
               表情から、きっと彼女の頭の中は
                ???が浮かんでるんだろな、と思ったり・・


               着付けとメイク、そして、夜の祝宴も兼ねている旅館に12時前に到着
               段々・・変身していく娘を傍らで眺め・・
               娘の旦那様もその後時間差で支度に入り
               挙式1時間前に旅館から2人は寿タクシーに乗り神社へ・・

               神社には
               あちらの両親と主人の姉、そして娘の従姉がすでに来ており
               控室に用意された部屋で娘を交え、皆のカメラ撮影も忙しく・・
               
               3時
               神前挙式の開始
                 その場所は、屋内では無く、風を感じる屋外
               2人の神妙な面持ちを真横から眺める形に・・
               私は一体、この時どんな顔をしてたんだろ・・
               黒い羽織袴の旦那様と
               白無垢姿の娘の横顔をずっと眺めて・・
               とっても落ち着いてる2人
               今日から 夫婦になるんだね・・

               挙式後
               みんなで集合写真の撮影
               式だけに出席する為にわざわざ来てくれた方達と別れる
               ありがとうございました、ほんとに、ありがとう。。

               4時
               神社を出発して祝宴の行われる旅館へと移動
               新郎新婦は楽な洋服に着替える
               
               5時
               お互いの家族だけのシンプルな祝宴の始まり
               旅館はミシュランに認定されてるらしい 
               途中挨拶に来られた女将はとっても美人
               隣の部屋には本物の舞妓さんが出入りし・・
               途中から、三味線や生唄も聞こえて来て・・
               何とも不思議な雰囲気に浸りつつ
               料理を1つずつ堪能・・
               
               新郎の挨拶を聞き
               普段垣間見る姿とはまた違う、彼の一面を感じる
               そして・・ 宴も終わる頃
               この日出席することが出来なかった新郎の弟君の手紙が
               コーディネーターの朗読で披露される

               その手紙には
               歳の離れた弟から見た2人への気持ちが正直に綴られて・・
               聞いてる皆の目から、その内涙が・・
               ポロポロ溢れて・・ 止まらなく・・
               ほんとに、良い手紙でした
               

               最後に
               主人から2人に向けての言葉
               娘を思う男親の心情がこもってた
               最初言葉にならなかったけど(涙で)
               あぁ・・こんな事感じてたんだな・・って事が私にもわかった


               結婚
               世の中には色んなスタイルの婚礼がある
               今回、少し違った雰囲気で執り行われたものだったけど
               一体どうなるんだろ・・と正直思ってたけど
               終わってみて
               凄く良かったと思う
               2人には似合いのスタイルだったんじゃないかな・・
               ほんとに
               実感として、そう思いました         

               
               
               
               

More
[PR]
by momo5r | 2010-03-31 01:54 | つれづれ

一緒に歩く



          最近、まるで冬に戻ったみたいに寒いですね~
          ストーブがまた大活躍してます
          寒いといえば、我が家に毎日出没するアリ
          どうやら
          電動ポットに暖を取りに来てるみたいです
          夕食を作る時間になると、ポットのあちこちに 点々々・・
          うっとりとしたように、へばりついて・・
          もぉ~ ちょっと、ちょっと、そこのアリ
          ここは禁断の立ち入り禁止区域でござるぞ
          そんなに気に入られちゃ かな~り迷惑
          ほんとに 大迷惑
          砂糖じゃなくて
          塩の容器の中に入ったりするの、それ一体何ぞや???
          おまけに塩漬け標本になってるし・・
          
           013.gif


f0031722_1415693.jpg



                     3月27日まで、残り1日に・・
                     今日は娘とご近所に挨拶周りをして来ました
                     朝から降り続いていた雨も少し止んだよな頃歩き始め
                     歩き終わる頃には空の色が少し明るくなったよな・・
                     
                     雨はもうイヤ
                     飽きました
                     洗濯物も乾かない
                     そして 寒いですもん

                     土曜日は晴れて欲しい
                     晴れの神様  お願い
                      
                     パンパン!!       
          
          
[PR]
by momo5r | 2010-03-26 02:00 | ゆるりと

笑うしかない



昨日のこと

用事であちこち車を走らせてたら、ガソリンが無くなりかけてるのに気付く
どこか、セルフのガソリンスタンドが有れば入ろっかな・・
しばらく走った時、左車線側にその姿が見えて来た
私は大体いつも決まった店でガソリンを入れます
それも、セルフ
何故いつも決まった店で入れるのかというと・・
同じ系列のスタンドでも、どこか微妙にシステムが違うから
システムが違うと、やり方に適応出来なくて、機械の前でかなーり考え込んでる自分
これ、傍目から見ると、ハハハ・・ですよね
なので慣れ親しんだ店に入る・・

でも、急な給油の時にはそんなこと言ってられないから入るんですけど

セルフで無かったガソリンスタンドに車を入れると
サラサラの黒髪の女の子(?)が、こっちへ、こっちへと、ジェスチャーで誘導してくれる
サラサラの女の子が車に近づいて、『こんにちは~』 と声を掛けて来た
あれ・・・?!
この子は男の子だ、女の子じゃない と気付く
その声は、紛れもなく太い男の子の声だった
(見た目とのギャップ有り過ぎ・・)  ほぉ~

レギュラー・満タンをお願いすると、濡れたタオルを手渡してくれた
いつもはセルフ、そんなサービスから遠ざかってたので喜んであちこち車内を拭いてたら・・
・・・ たぶん、結構時間は経過してたと思う・・
外から、『あの~ 給油口開けて貰えますか~』 と声が聞こえて来た
あっ!! 
そうだ、開けるんだった・・
急いで開ける操作をする・・した
またやったか・・ あ~ぁ
こんな時、自分で自分を笑うしかない


たまーに、こうして普通のスタンドに入って給油すると、うっかり忘れる
ほんとに良くやる
満タンを告げて待ってると、言われる、毎度の 『給油口開けて下さーーい』
自分のバカ・・・

娘がセルフでガソリンを給油し
そのままキャップをせず
給油口の蓋を開けたまま何日か走ってたのにワタシが気付き、
ドジやなぁ、でも雨が降らなくて良かったね~と言ったことがある
そんな時、我が家では 「残念な娘」 と言って笑い話にされるけど・・
人のこと笑ってる場合じゃない、ワタシもれっきとした 「残念な・・」 だ  
仕方ない
そそっかしい父親とドジな母親から生まれたら
典型的な、「そそドジ」 な娘が一人生まれても何の不思議も無いのだ

昨夜
その 「そそドジ」 な娘が身振り手振りで話してくれた
川で良く見掛けるという、エサを探してるらしい、鷺(サギ)のジェスチャー
オモロかった・・
妙な才能有る
「そそドジ」 は場を和ませてくれる
サギさん、エサ探し頑張ってる様子が手に取るようにわかった (爆々


   昨日の、自分を笑うしかない話
[PR]
by momo5r | 2010-03-13 02:27 | つれづれ

カウントダウン



f0031722_7511941.gif



3月12日
去年の今頃は何してたっけ・・
パソコンの中の写真を眺めてたら、1年て、あっという間なんだなって思いました

別ブログで娘の結婚の話に触れてますが
後、2週間と1日になりました
というか・・なってしまったというのが今の気持ちです
娘が結婚する・・
でも、まだ正直、実感が無いのです
実感が無いけど、やっぱり寂しい・・

最初
2人の意向で、挙式もしないと聞かされ
えぇーっ・・ しない?
何となくそうなるのじゃないかと、そんな気がしてました
どこか変わってる2人だから、たぶんそんな事を言うのじゃないかと・・
でも、親とすれば、娘の晴れの姿を見てみたいって思うのが本当の気持ち
両家の家族と当人2人、京都市内の神社で挙式するということに落ち着きました
挙式の後は、揃って会食することに


衣装合わせで白無垢姿になった娘
当日、きっと私は泣くだろな。。


相手方には、今年高校を卒業して県外の大学に進学する弟君が・・
4月初めに大学の寮へと引っ越しするらしく
早々のサッカーの合宿と重なる為、挙式には残念ながら出席出来ないとのこと
この弟君、何だか可愛い
だから、出席出来ないのは正直残念 (・。´;

弟君の部屋をごっそり空けて娘達に提供してくれるらしいのですが
引っ越しが済まないと、こちらからの引っ越し荷物は送れない
・・ですよね?
あちらのお母さんは、身一つでも、いつでもいらっしゃいと言ってくれてはいるけど
やっぱりそういうわけにはいかないでしょ?
弟君が居なくなって寂しい所に、一緒に暮らしてくれるのは凄く嬉しいのだと言ってくれる
大事にしますから〇〇ちゃんの事をと言ってくれる
有り難いです、その気持ち


世間一般の結婚という形を踏まないから何だか実感が湧かないのか・・
荷物を何時送ろうか、引っ越しを何時にしようかと思っている今の状況

電気製品は持って来なくていいらしいし
将来、もし2人が出て暮らす事になった時、その時に新しく家具を揃えたらいいのでは?とも
確かに、私もそんな事を思ってます
娘の部屋から一体どれだけのモノが減って、そして後に残るのか・・?
きっと、残して行くものがかなり有るのでは・・ たぶん

近くに暮らしてたら
色々してあげることが出来るのに・・とか思うけど
親子はいつか離れて行く日が来る
・・そうなんだよね

私の中でのカウントダウン
チクタク チクタク
今は、そんなことを思ったりしてます 059.gif


f0031722_15067.jpg

[PR]
by momo5r | 2010-03-12 01:12 | ゆるりと

わからないこと



                     今はわからないけど
                     もう少し
                     年月を経て 理解できることってある
                     自分がその年代になった時
                     やっとそのことがわかることがある

                     後から
                     あぁ・・ そうだ
                     と

                     今感じてることが自分では正しいと思っていても
                     その時が来ないとわからないこともある
          
                     そんなこと
                     最近母との会話の中で 感じたりします
                     
                     今から何十年後?
                     私が母の年代になったら

                     
                     母が感じてることを理解する日が来るのだろうか・・
                     私の思ってることを娘が理解する日が来るだろうか・・

                     その時が来ないとわからないこと
                     体験してみないと理解できないことってあるよね

                     わからないこと
                     

              
f0031722_1553148.jpg
  


                        ↑ これ変わってるでしょ?006.gif 
                          ある お家兼カフェの玄関先で見かけてパチリ☆  

                            暖かい日が続くと思ったら雨になったり
                            春先は天気がコロコロと変わりますね
                            朝 晴れてるだけで嬉しいと思います♡ 

        
[PR]
by momo5r | 2010-03-06 15:20 | おもふ・・