<   2013年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

携帯電話



f0031722_11214397.png

f0031722_1284956.gif




今朝9時前頃に電話が鳴る。
地域の連絡網だった。
内容は、近く催されるお祭りについての集まりの場所と日程のこと。
連絡網が使われるのは、普段、訃報の知らせが殆ど。
その他の連絡で朝の今、正直早い時間帯だなぁとは内心思った。
今週の日曜日の夜の話なので・・

でも、連絡網は早く流さなきゃと思ったので次の人に電話する。
その人は80代のお年寄り。
電話のコールを何度待っても出る気配が無く。
しかたないので携帯電話に連絡することに。
その人は最近少し耳が遠くなったのか、家の電話も聞こえて無いことがある。
なので、早く連絡を取りたい時は携帯電話に。
携帯電話なら聞こえるのか、大抵はすぐ出てくれる。

少しのコールの後、その人の声。
お祭りの連絡網で掛けたのだと言うと、今病院に来てるとの返事。
少し、不機嫌そうな声・・
何でこんな時にそんな電話を・・ って感じに取れた。
確かに・・ それはそうだ。


誰かの携帯に電話する時
その人が普段忙しくしてるのを知ってるなら
『今いい?』と話をする前に聞いてみるのだけど
連絡網だというのと、この人なら大丈夫だと思ったのは確か。
そういう話をする場面ではないと悟ったので早々に切った。


電話は便利である。
いつでも、どこでも話が出来る。
目の前にその人が居なくても話せる、顔を見なくても。
でも、顔を見なくても声の調子でその人の心が読める。
ちょっと不機嫌そうな声・・
言い方次第で相手への伝わり方が変わる・・
言葉は柔らかくもなるし、ほんの少し棘も持つ。


少し後味の悪い思いを残した今朝の電話。 









     。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2013-09-30 12:12 | つれづれ

風の強い日




秋らしく過ごしやすくなりました。
でも、昨日からかなり強い風が吹いて。

ベランダに吊るしてる日除けのオーニングが狂ったようにガタガタと賑やか。
そのベランダの網戸が強い風に押され、気付くと10cmほど開いてた。
築36年の家、網戸も軽いのか・・な。 

・・で
その開いた網戸から迷い込んだと思われる大きな蜂を発見。
蜂といえば、一昨年、スズメバチに刺されたこともあり・・
それはかなり恐怖の対象で。
部屋の中のテレビの辺りを飛んでる・・
急いで何かで撃退しなければと思った時、目に入ったのが
“ 1日ワンプッシュ 蚊のいなくなるスプレー ”
蜂にめがけて3プッシュ、思わず拭きまくり・・

その時
冷静によく見ると
それはどうやら蜂ではなく、足の長い蚊のような?
体長3センチほどの・・

それはテレビの向こうのどこかに墜落した模様。
すんません・・ てっきり蜂だと思ったものだから。

その後
部屋の中はかなりの異臭で充満。
そりゃそうですよね、普通1プッシュのものを3プッシュしたのだから。
人間の自分はこの中に居て大丈夫か?
これって、かなり殺傷力あるんでは?
そう思いつつ、結局そのまま居たんですけど。  ムフ・・
これは昨日の夕方のこと。




f0031722_146367.gif




そして今朝。
珍しく洗濯物が少ない。
珍しいことに、夏用のおしゃれ着を洗おうと思う。
おしゃれ着というより、私的には、よそ行き着と言った方が自分らしい・・。



f0031722_14114054.jpg

   普段、着るモノは洗濯機でパシャパシャ洗えるモノが殆ど。
   気楽に洗えるモノを選んで購入してる。
   なので、今日洗ったモノも洗濯機でネット洗いしてもいいのだけど
   何故か、優しく手洗いしてみようかと思ったのが不思議。
   こういう動作してると、自分がすごく女らしくなったような気がする。  
   娘は、セッセとおしゃれ着洗いしてる。
   それを見て凄いなぁと思ってる、そういうのマメじゃない自分。


   気付けば、もうすぐ10月。
   でも、まだ昼間は半袖で快適。
   半袖のよそ行き着ともそろそろサヨナラかな。 
   間違ってしまった虫とおしゃれ着洗い。  ..._〆(・∀・@) 








     。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2013-09-29 14:37 | つれづれ

奇妙な体験




        夜更かしした夜。
        草木も眠る丑三つ時も軽く過ぎてた。
        そろそろ寝ようかと布団に入る。
        外から妙な音がする・・
        そういえば、さっきからその音はどこからか聞こえていた。
        そのうち消えるだろうと思ってた音はその後もずっと聞こえる。
        一体何の音だろう・・
        今まで聞いたこともない、妙な音である。
        不安を煽る音、落ち着かない・・
        
        段々、音の正体を確かめたくなる。
        部屋の窓を開けてみる。
        音は、家の前の小学校の向こうから聞こえる。
        正体がわからないので気持ち悪さがどんどん増す。
        
        隣でスヤスヤ寝るロバさんを起こす。
        突然起こされたロバは何事かという顔。
        あの音が聞こえないかと聞くと、聞こえないと言う。
        そんなはずない、ちゃんと聞いてと言うと
        寝ぼけた頭も正常に機能したのか、外に出て確かめる気になったらしい。
        私もその後を追う。
        真っ暗な中、いかにも部屋着姿の2人が外でウロウロ。
        誰かに会うと、一体何事かと思われるだろな・・
        そんなことを思いつつも、音は相変わらず聞こえる。
        なんとなく小学校の向こう辺り・・

        原因のわからない音を眺めててもしかたないので帰ろうとした時
        家の前で、いつも配達のえらく早い新聞配達の人にちょうど出くわす。
        ロバさん、軽く、こんばんわと挨拶。
        こんな夜中にこの夫婦は一体何してる?と思っただろう・・
        怪しい、2人。

        音の正体はわからないけど、寝る事にする。
        ロバは新聞を読む事にしたらしくベッドには来ない。
        しばらくすると、あの音はいつの間にか聞こえて来ないのに気付く。
        少しうつらうつらした頃・・
        布団の足元辺りをモソモソと何かが歩きまわる感じがする。
        うちには猫も居ないし、今自分だけがここに居る。
        布団をフワッフワッと踏みしめてる感触が伝わって来る。
        わっ・・ 何これ・・ うぅ~ 気持ち悪い・・・
        見たくない、ギュっと目をつむる。
        胸の上で組んでた腕を動かそうとするけど、軽く金縛りみたいに動かない。
        こんな時、ごめんなさいと言えばいいという少し齧った知識を使ってみる。
        でも・・ 足元の何かは消えない。
        こうなったら・・
        動きづらい手をうぅーんと振りほどいて
        あっち行けーーーッと念じて
        ありとあらゆるモノにお願いをする。
        その間も目はギュっとつむったまま。
        目を閉じれば何も見えないはずなのに、うっすらと瞼を通して透過して見える。
        部屋の中の、天井の感じと・・
        み、見たくないのに、何で・・
        心の中で悶々と格闘してる内、いつの間にか足元の何かの感触も消える。
        でも、透過して見える瞼はその後しばらくそのまま。

        だいぶ時間が経って、恐る恐る薄目を開けて見る。
        そこには何も居ない。

        あれは一体何だったんだろ?
        こんな体験は始めて。
        気持ち悪いのだけど、さほどその正体に対して悪いモノを感じなかった。
        ほんとに、何だったんだろ・・
        奇妙な一夜だった。





f0031722_13323995.jpg
 






     。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

       
[PR]
by momo5r | 2013-09-28 13:40 | ゆるりと

帰っちゃった・・




先週の日曜日、9月15日。
あれは、大型台風が日本直撃してた頃・・
京都から娘とnik0ちゃんが岡山に帰って来ました。
前々から予定してたお盆から1カ月遅れの帰省。
ロバさんが新幹線で京都まで行き、娘の車(軽四)を運転して2人を乗せ。
かなりの雨だったけど、ロバさんが運転するなら安心。
途中2か所休憩しながら、4時間の道のり。

本当は、16日に帰る予定を15日に切り替えてて正解だったと思う。
何となくそれがいいと思ってたけど、その何となくは虫の知らせだったのか。
16日、朝からテレビは京都の桂川、嵐山、宇治周辺の被害を伝えてた。
桂川の近くの店で、帰宅してから会う友達へのお土産を買ったばかりの15日。
翌日にはあんなことになるとは・・
たった1日違いで。


誕生後1カ月過ごした実家に帰るのは5カ月ぶり。
赤ちゃんの成長は凄いな。
コロリンと寝返り出来るようになってた。
にこにことよく笑う。
まぁるい口を開けてにこっ。
この笑顔見たさに、ついつい呼びかけてしまう。

f0031722_1532139.jpg


                             名は体を表すってほんとなのかな?
                             nikoちゃん。




京都は近いようで遠い。
なので、一緒に出来なかったことを沢山やった。
あんなことや・・ こんなことや・・
あんなもの食べたり、こんなもの食べたり・・
楽しかったな~。
ほんとに楽しかった。
赤ちゃんが1人増えただけで、家の中の雰囲気がガラッと変わる。
1人目の子ってほんとに幸せだと思う。
みんなの目が一点に集中するんだもの。
愛情ガッツリ1人占め。
だって、珍しいから・・ (笑


11泊12日の長いようで短かった日々。
26日の昨日、旦那さんが迎えに来て、午後京都へ向け出発。
旦那さんは運転しない(ペーパードライバー)ので娘の運転。
運転しなくても、傍で一緒に居てくれるだけでも安心である。
途中、何が起こるかわからない。
夕方のラッシュに掛かったらしく、結局帰宅したのは6時半だったらしい。


小さいけど大きな存在だったものが居なくなったら
正直、心にポッカリ大きな穴が開く。
ココに居たんだよなー さっきまで。
でも、寂しさ反面・・
どこかホッとしてる自分も居る。
思いっきり対処してるので、疲れもジワジワ・・
頑張り過ぎないって思ってるのに、どうも頑張ってしまう。

距離感があって、たまーに会うくらいがいいのかもしれない。
だって、ほんとは気まぐれ人間なのだ。
気まぐれ人間は気まぐれに生きてこそ本来の姿で居られる。
・・なぁーんて。 (@^^)









     。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2013-09-27 15:54 | つれづれ

記憶




       人間の記憶って、何歳頃から残っているものなのか。
       私の記憶は、たぶん2~3歳位から・・
       娘に尋ねても、もう少し大きくなった頃じゃないと記憶に無いと言う。
       そんなものなのか?
       まぁ、人に寄りけりだと思うのだけど。


       私が、その2~3歳だった頃。
       家のすぐ前に文房具屋さんを営む家が有り。
       その家にはすごく優しいおばさんが居て。
       そのおばさんのことが大好きだった。
       私の家から、そのおばさんの家に行くには普通のルートで歩くにはちと遠く。
       なんせ、2~3歳の足だったから・・ (笑
       家の裏からおばさんの家へ行くには1メートルほどの段差が有り。
       石垣の上から下に降りるのは小さい私には無理。
       なので、そこからいつもおばさんを呼ぶ・・
       『おばさん、来てーーー』
       おばさんは、その声を聞くといつも私を抱っこして降ろしてくれてた。
       でも、その内、箱の台を置いて、私が自分でお尻を回して降りれるようにしてくれて。

       
       今思うに、おばさんの家に行って、何して過ごしてたんだろ?
       それがちっとも思い出せない。
       何か美味しいモノでも食べさせて貰ってたのかな? (笑
       私のことを可愛がってくれる、そのおばさんと居るだけで幸せを感じてたのかな?
       小さいのに、そんなこと、ちゃんと感じてたのかなぁ・・

       当時、おばさんには中学生の息子さんが居たと母の話に聞く。
       そういえば、いつも机に向かってたお兄さんが居たように思う。
       そのお兄さんに遊んで貰ったという覚えも無く。
       でも、今思えば、勉強熱心なお兄さんだな・・

       そんな幸せな日々はそんなに長く続かなかったと思う。
       何故かぷっつりおばさんの姿が無くなる。
       いつの頃からか、おばさん一家がその家から居なくなった。
       なんかそんな風に感じてた。
       小さな自分が知る由も無いのだけど、少し大きくなってから知ったこと・・
       おばさんの兄一家がその家に移り住むことになったのだと。
       おばさんは隣の地域に引っ越してしまった。

       その兄一家のおばさんのこと
       前のおばさんのように、好きになれなかった。
       何でかな・・
       今から思えば、全然タイプも違う。
       性格も。
       そして、私に無関心だったと思う。
       子供って、どんなに小さくてもそういうのわかるんだよね。
       本能でそう感じる。
       この人は自分にとってどういう人かっていうの。
       ここだけの話、その後ずーっと時が経ってもその人に親しみを感じることが無かった。

       不思議、小さいのに。
       あの優しかったおばさんのこと、今でも時折思い出します。
       おばさん大好きだった♡



f0031722_13535853.jpg


     
       
       記憶といえば、こんな ページ を。
       私にとっては興味深い内容でした。 
       そういう風に感じてたというか、思ってるというか。
       なるほどな と思える話で。 











     。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

       

       
       
[PR]
by momo5r | 2013-09-13 14:02 | おもふ・・

出会い運




昨日の夜
パソコンがやっと直りました。
ネットが出来るって、なんて幸せなんでしょ。



f0031722_11425050.jpg



タウンページを開き、どこに修理を依頼しようかと考える。
色々ありますよね、あちこちに。
心の中でお願いをしてみる。
良い人と出会えますように・・

沢山ある中から2つ絞り、まず1つ目に電話を入れてみる。
相手方の対応次第で次に変えてもいいかと思ってた。
でも、なんとなくだけど、凄く感じが良く。
あっ・・ここに頼んでみようと思う。
私の直感当たってるかな・・?


午後7時半過ぎ、その人が家に。
パッと見た瞬間、そしてその後の対応を見てる内
やっぱり正解だったと思った。
ここに決めて良かった。
心からそう感じた。
誠実な対応なのである。

作業が終わったのは10時前頃だったかな・・
この際、色々カスタマイズして貰った。
パソコン、ストレス無く凄くスイスイと動くようになる。
チラッと買い替えも頭にあったのだけど
今使ってるパソコンが思いの外良い機種なのだと言われ。
それは勿体無いですよと・・
へぇ・・ そうなんだ・・
そんなことも何も知らずに使ってたので、正直びっくり。
パソコンさん、ごめんなさいね。



私には出会い運があるのではないかと思うことがあります。
縁もゆかりもない所から選ぶ時
例えば、10年近く前にリフォームした時とか・・
そういう時、タウンページにお世話になるんですが
数多く存在する中から、たまたま選んだ所が凄く良かったりする。
そういう良い人の所で働く、下請けの人達も良い人ばかりで。
集まるんでしょね、そういうの。



良い出会いと言えば
ブログを始めてから出会った方達にもそう感じてます。
出会い運、あるのかな、私・・
こんなブログでも覗きに来てくれる方が居る。
ありがとう、ありがとう。








     。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2013-09-07 12:21 | おもふ・・

故障中




先週の月曜の夜辺りからPCが不調。
インターネットに接続出来ないのと、メールも受信不可能。
メルアドが存在しないのだと…

何でそんなことになったのか?

ネットが出来ないのはつまらないけど、まぁ、そういう生活も有りかと思い、そのまま1週間程放置してた。
放置したからといって、いつかは直るはずも無いんですけど。 (汗

昨日、昔からお世話になってる電器屋さんにお願いして見て貰っても、原因はわからない。
頭を捻るだけ…
結局、明日の午後、NTTの故障担当の人に予約を取る。

さて…
PC直るだろうか…

更新したい事もあるけれど、これじゃやっぱり不便。

原因…
もしかすると、もしかするとアレなのか?

早く復旧を願う日々。









    。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
[PR]
by momo5r | 2013-09-04 17:05 | つぶやき