ちっちゃな 話




f0031722_12123486.jpg


           キッチンの窓の外の柚子の実。

f0031722_12131242.jpg


           京都の娘が1コだけ欲しいというので
           葉っぱを付けて捥いでみました。 
           お吸い物に使うらしい。  
            
           これには、2日間の楽しかった話の続きがあるのだけど
           ちょっとその前に・・

           記録として
           日記として残して置こうと思います。
           楽しくない話ならいいや と思われたならどうぞスルーして下さいね。




                  

ウラ記事 ☇
[PR]
by momo5r | 2014-03-31 14:33 | つぶやき

晴れ晴れ*




    今日は朝から晴れ。
    私も晴れ晴れ。
    こんな解放感は久々。
    ヤッタァーッ て叫びたい。


f0031722_12112898.jpg



    11日から始まった工事が、昨日で終わったみたいである。
    昨日、朝からアスファルト仕上げしてた。
    あんなにゴチャゴチャしてた道が、スッキリ。
    三角コーンだけ所々に残し、今日は誰も現れない。
    だから勝手に、終わったんだと判断してるだけだけど。
    あぁーーー  それにしても、やっと終わったんだ! ヒャッホーーーー


    今回、道の工事は市への委託工事。
    たぶん、町内からの申請なんだと思う。
    家の前が主に工事の殆どに関わってると言っても過言ではなく。
    なので、道は通りにくくなっても、よそのお宅の方はさほど被害を感じてないと思う。
    ちょっと通りにくいんですけど・・ 程度の。
    でも、我が家は・・ この工事に関して、色々思うことが日々ありまして・・。
    もう少しこうしてくれたら
    ここをちょっと気を付けてくれたら
    市の仕事なんだし、ドーンと任せてたら大丈夫と全然思えない。
    危なっかしいというか、不信感が日々募るというか。
    我が家がリフォームしてもらうのと違って、家のすぐ前の工事とはいえ口出し出来ない。
    口出し出来ないけど、黙ってたら、たぶん、色んな事に気付かずスルーされてしまう・・
    ほんの少しの配慮が、欠けてる・・ と思わせてしまう仕事っぷり。        
    
    黙ってたら解かってもらえないと思うので、これだけは外せないという時には正直に言う。
    言われた方も、なんだ、この家の連中、何やかやと煩いなと思ったかもしれないけど。
    伝えなければ、人はそこまで親切に考えてくれないと思う。
    まして、この仕事の依頼人じゃないし。
    
    色んなジレンマが毎日フツフツと湧き上がり。
    自分の中のストレスも日々どんどん上昇し。
    もう、マックスまで来てた。
    だからだと思う、こんなに毎日更新してしまった。 
    最近の私のこと、以前から知ってる方は、ちょっとおかしいぞと思ってたと思う。
    普通じゃないですもんね、記事はなんだかやけに攻撃的だし。 (苦笑
    自分でも、あれは正常じゃない・・
    書くということで、解放させる・・ 
    これ、一種のガス抜きね、たぶん。 
    私に出来る、1番の心のクリニック。
    スッキリしたら、呆れるほどのおびただしい更新も、もしかしたらパタリと途絶えるかも?
    わからない。。 (笑


    それにしても 
    終わった!

    ハァーーー
   
    今日は なぁーんて すこぶる爽快!!







     

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  
  
  
    
[PR]
by momo5r | 2014-03-28 13:19 | つれづれ

S度 M度




f0031722_14243751.jpg



                   自分でも わかるようでわからない S度М度。
                   Sなのか Мなのか。
                   なんとなくではあるけど、もしかして?
                   試してみる・・

                   あらら・・
                   やっぱり!  
                    
                   sm診断 
                   自分の中のもう1人の自分を発見する。
                   なんか 言い当ててる。。
                   Sぎみ って。   
                   そっか・・    ハハハ 



                                    (2つの更新)





     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2014-03-27 14:56 | ゆるりと




家の前の工事する現場を眺める内、11年前にリフォームした時のことを思い出す。
古くなった家の中のリフォーム、差し迫った事情がなければたぶん決行してなかったかもしれない。
町内で催される秋のお祭り、4年に1度回って来る、お当家と呼ばれる決まり事があり。
その年に当たると、否応無しに、神主を始め大勢の人が家に上がるので、料理その他諸々の接待をしなければならない。
みんな、正直、出来れば他の家でやってと思ってるけど、ジタバタしても避けること出来ない儀式。
ある家の人が何度もそれをスルーしていて、それってどうなん?て、突きつけては言えないけどみなの心の中ではあったと思う。
嫌でも、嫌々でもそれを受けてたのもあるので。
人が大勢やって来るということは、見て欲しくない場所まであからさまに見られるということ。
年数も経ってるので、これは・・ちょっと・・という箇所があちこちあるのは確か。
どんなにあがいても避けられないのなら、これを機会にリフォームしようと決断する。

リフォームするにあたり、どこの業者に委託しようかと考え、2つ候補に挙げる。
1つは、今の家を建てた会社で、世間的にも良く知られた、CМもやってる・・
もう1つは、タウンページを見て、直感で選んだ会社。
2つの会社に見積もりをしてもらうことにし、それぞれ話を聞いてみることにする。
その時に感じたのは
世間的にも知られた会社の人間の対応は、なんだか機械的で冷たい。
マニュアル通りで、人の暖かみが感じられない。
もう1つの直感で選んだ会社は、とても良心的で、それでいて、全然押しつけがましくなく。
そう感じた瞬間、この会社にお願いしようと決める、即断で。
人間て、そういうものだと思う、いくら大きな会社でも、心が感じられない、伝わらないとダメ。

7月の頭頃から色んなショールームを見て回り、夏真っ盛りに着手、完成したのは10月に入って。
主に、キッチンの増改築、玄関から続く廊下と、壁、そして天井。
住みながら、モノをその都度移動させながらのリフォームは正直大変。
期間中、キッチンは使えないので、どうやって何を今日は食べようと頭を悩ます。
新築なら、違う場所で新しく建つのを待つ、そういう面ではストレスフリーだと思う。
不自由を感じつつも、日々段々と変化を遂げて行く様子を眺めるのは楽しかった。
・・・・なのに
ある日、とんでもないことが発覚する・・

キッチンの天井の板を撤去作業してる職人さんが妙な声を上げる。
あれ・・?! 何だこれ・・?! 
見てみると、天井に使われてる板は、天井の4隅から4本のヒモでぶら下がってるだけ。
要は、吊天井・・
そのヒモは、ホームセンターで良く売られてる
気を付けて扱わないと、運が悪ければシュパッと切れるというあのブルーの荷ヒモ。
・・荷ヒモで、ぶら下がってる・・ 天井って・・
唖然・・ 
そして、その天井からは、もう1つ驚くものが発見される。
短い角材に書かれた文字・・
「〇〇さん、愛してるよ」 日付とその書いた人の名前まで・・
〇〇さんとは、母の名前。
それを見た瞬間、気持ち悪いやら、もの凄い嫌悪感が走る・・ 何、これ・・

実は、今の家を建てたのは母。
その頃の母は40歳そこそこ、離婚もして、貯蓄もない、なんにも無い・・
止むに止まれぬ状況の中、女が1人で、血の滲むほど奮起して建てた家。
女が1人で建ててるらしい、昼間も働いてるので見には来ない・・
何をやっても、どんな手抜きしても、わかりゃしない・・
それに、この奥さん、自分のタイプ・・
よし、いっちょ、残しとくか、ちょっとコレにでも書いて・・
・・という感じなんだろなと推測してとれた。
こういう、見えない柱部分に、仕事に関わった頭領的な人が書き残すというのは結構あるのだと聞く。
でも、こんなことを書いて残すとは、知らずに暮らしてたとは・・
女だということで、女には何もわかりはしないだろと、もの凄く軽く見られたんだなと痛感する。

後でわかったことではあるのだけど
この他にも、色んな場所で突っ込みどころ満載なことが噴出。
よくもまぁ、こんなに・・ あちこちと・・ 
その会社へのイメージがダダ崩れ、今回のリフォームに選ばなかったのは大正解だったと思った。
私の直感、まんざら捨てたものではないなと思う。

男でも、一軒の家を建てるというのは大変なのに、娘の目から見ても母は気丈だと思う。
傍から見れば、小さい家だけど、新しい家が出来たことが当時凄く嬉しかった。

あの、世間的には良く知られてる、あの会社がこんなことをするんだ・・
これは明らかに欠陥工事だと、その職人さん達も話し、半ばあきれ顔。
スムーズに進んでたリフォームも、その時点で中止になる。
請け負った会社、CМでも耳に残る、あの頭文字 S の会社に連絡し、現状を見て貰うことになる。
やっては来たけど、結局その当時関わったのは下請けの業者。
そして、その人も今はたぶん現役引退してる・・
その話合いの結果、当然だと思うけど、天井に関わる事を我が社で持つという。
出来るなら、我が社でそれをやりたいと言い出す。
じょ、じょうだんじゃない、そんな呆れた事を平気で野放ししてる会社にはお願いしたくない。
今お願いしてるこの会社でやって貰うということをキッパリ伝える。
この時まで、2階をリフォームする気はさらさらなかったけど
もしや、2階の天井まで吊り天井なのでは?との疑いがムクムク湧いたので、ついでに2階もやって欲しいと直訴。 (ロバさんが)
それに対してはかなり渋ってたけど、結局は渋々あちらも承諾。
こういう時、やっぱり男じゃなきゃダメだと思う。
女だと思うと、言い方悪いけど、嘗められる。
吊り天井、例の不気味な書き残し、有り得ない。

え・・と
長い話になりました。
ここまでもし読んで下さった方がいらしたら、ありがとうございます。
今日のタイトルの、腕のいい職人さん。
この時のリフォームで来てくれてた大工さんなんですが、とっても信頼出来る人でした。
仕事1つ1つがもの凄く丁寧で!
何一つとして、ああして欲しい、こうして欲しい、もっとこうしたらいいんじゃない? とか思ったことが一切無く。
天井の張替も、自分の手形が付くと判断したのか、最後に布で吹きあげ作業する。
この人に任せてれば大丈夫、安心して見てられる。
たぶん、私ならこうするであろうという基準が似てたんでしょね。
仕事の依頼人と職人さんの相性ってあると思うので。
このリフォーム会社から依頼された下請けの方達もみなさん丁寧な仕事をされる人ばかり。
2か月半の長い間だったけど、、気持ちのいい毎日を過ごすことが出来ました。
こういうキッチリした仕事をしてくれる会社もあれば、ああいうお粗末な仕事をする会社もある。
いい経験になりました。








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2014-03-27 12:26 | つぶやき

バーチャルな世界




     最近、こんなゲームを手に入れました。

f0031722_15133379.jpg

                えっ・・
                ゲームって?!
                その歳で・・?

                そんな
                呆れるというか、驚きの声が聞こえそうですが・・
                遊んでます、実はこれで。 
                もう、かれこれ10日程になりますか。
     
                買おうと思ったキッカケは・・
                あるお笑い芸人の子供(息子)がこのゲームで遊んでて
                奥さんとその子供が大爆笑する声が聞こえて来る。
                一体何ごとかと部屋に行って見ると
                自分にそっくりな人がゲームの中に存在し
                服装はパンツ一丁・・ そして、お腹を減らしてる・・
                食パンをポーンと投げると 『ありがとうございます』 と
                美味しそうに食べる・・ その姿を見て笑ってたのだと知る。
                自分が部屋から居なくなると、大爆笑する声がまたどっと上がる。
                それからです、このゲームがやけに気になり出したのは。 
                娘に聞くと、知ってると言う。
                今に始まったことではなく、元々ゲームは好き。
                謎解きのアドベンチャー(推理モノ)とか、育成ゲームが好み。
                でも、最近はやらなくなってただけで。
                ・・・面白そう・・ やってみたい・・
                ・・・そのゲームの中にロバを登場させたい・・
                かなり迷って、やはり買うことにする。
                3DSの本体は娘持ち、ゲームは安い店を探して(私)手に入れる。


                自分の身近なそっくりさんを作り、小さな島で生活。
                仲良くなったり、時にケンカしたり、時には恋をして
                そして、上手くいけば、結婚して子育てもあったり。
                上手くいけばの話で、たぶん、そのまま独身てことも?
                まだまだ始めたばかりなので、この先どうなるのやら・・

                自分の家族や身内
                テレビの中で見掛ける人も加え、今14人。
                男女比、7対7。



                 f0031722_15561658.jpg

f0031722_15574088.jpg
 こんなことやってる
 大泉洋


f0031722_1671563.jpg
 大久保さん

f0031722_16923100.jpg
真央 ちゃん


f0031722_1695533.jpg
 羽生結弦  
  ・・他にも何人か居ますが


         そして・・
         幻の人間、ロバ
f0031722_16184712.jpg

              ルームランナーで、時々走ってる・・
              バーチャルな世界で運動させられてる・・
              そして、部屋には体重計もあり・・
              時々その数値を見ては、なぜかため息ついてる・・
              なんか、笑える。。  
              やけに似てる。。 

              今の私の息抜き♪           

              



                

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・               
                                               
                  
      
      
[PR]
by momo5r | 2014-03-26 16:36 | つれづれ

雑感




f0031722_11303467.jpg


  なんだか空が曇ってきたよ。
  雨 降るのかな・・


  やっぱり
  共感してもらうのって嬉しい。
  否定よりは肯定がいい。


 
  
  外から時折笑い声が聞こえる。
  カラカラカラと陽気な声。
  作業してる若い あの人かな・・
  笑い声から想像する 
  あの人 きっと明るいな。




   ~モアイはつぶやく~
 






     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    
[PR]
by momo5r | 2014-03-25 12:02 | つぶやき




     昨日、午後もだいぶ回った頃。
     ロバさんがどこかお茶を飲みに行くか?と聞いて来る。
     珍しい・・
     夕方から用事があるので時間はそんなに無いらしい。
     そっか、これは行くべし♪
     家からそんなに遠くない
     雑貨も置いてある、ギャラリーを兼ねたカフェへと導く。
     ちょっと中が気になってた、行ったことのない店。
     お互い好きなモノを注文し、私は店内の雑貨を眺める・・
     「なんかいい、変わってる・・ この鉢」 というモノを発見。
     お茶してる時に、いいモノを見つけたと報告。
     確か、あれ、今なら30%offだったよ と。
     ロバ、買ってくれる気になる。
     お茶代もロバ持ち。
     へへっ、サンキュー♪
     こういう時の自分、調子がいいと思う。


f0031722_23193190.jpg


     普段、ロバさんを黒豚呼ばわりし
     『ぱなし男』 と、軽蔑の目を向けてるというのに。 (苦笑
     ぱなしとは、なになにしっぱなしという意味。

     玄関で靴を脱げば、靴は揃えない、ドア近くに脱ぎっぱなし。
     (うちは玄関がそんなに広くなく、揃えて脱げば多少ともスッキリ見える)
     朝お風呂に入れば、中で使ったひげ剃りと歯ブラシはそのまま置きっぱなし。
     自分の下着が入ってる引き出しを開ければ、それも開けっぱなし。
     2階の部屋で下着のパンツを履き換えたら、脱いだパンツはそこに脱ぎっぱなし。
     居なくなる部屋のテレビは点けっぱなし。
     使ったモノを元に戻さず、いつしかそれが自分のモノとして活用されてしまう。
     
     たいしたことじゃないのに、ちょっと気をつければいいこと。
     それを言うと、ロバは面白くないらしい。
     そりゃね、誰でもクレームは楽しくないよね。
     なので、無言のクレームを付けることにする。
     玄関ドア近くに脱いである靴を発見すれば、靴を片方ずつ、あっちこっちに放置。
     脱ぎっぱなしの下着のパンツを見たら、ハンガーに通して丁寧に掛けておく。
     使いっぱなしの歯ブラシとひげ剃りは、探してもわからない場所に隠しておく。
     その他色々あるけど、今は思い出せない・・
     色々やって、ロバの反応を窺うけど、どれ1つとして、ロバからの反論は無し。
     たぶん、わかってるんでしょね、ぱなしにしてるというのが良くないということが。
     あぁ、あれでこうなのかと、あえて何も言わない。

     その前の夜
     私の中のダメな部分を反省し
     ロバさんに対しても、奥さんとして反省した翌日のお茶への誘い。
     なんか、ちょっと 驚きである。
     ひどい奥さんなのに。
     通じるってあるんだな・・
     ほんと、不思議。


                      (2つの更新)




 
     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・     
          
     
     
[PR]
by momo5r | 2014-03-24 15:09 | ゆるりと

カルマの刈り取り




    カルマという言葉を知ったのは、たぶん20代の頃だったと思う。
    人は何故この世に生れて来るのか・・
    それは、前の世で刈り残したモノを刈り取る為なのだとか。
    人により人生は色々。
    一生を通じて、たいした苦労もなく穏やかに暮らせる人も居るのかもしれない。
    傍目からはそう見えても、実は・・ なのかもしれないけど。
    壮絶な人生を歩まなければならない人も居ると思う。
    そうなのだということを知識として得ても
    まだその頃の私には、今程、実感として感じて無かったと思う。

    祖母の人生を思う・・
    戦争の為、30そこそこで夫を亡くし、女手1つで母を育てる。
    50になった頃、突然の喘息の発病、それから殆ど死ぬまで入退院を繰り返し
    並みではない度々の酷い発作に苦しめられ、尚且つ左脚の切断まですることに。
    母の人生を思う・・
    これは、過去記事の “反面教師” に記してる通りで。   
    2人とも、波乱万丈を絵に描いたような、決して平坦とは言えない人生。
    余程のモノを抱えてこの世に生れて来たんじゃないかと思う。
    これでもか、これでもか、と。
    悪い事をしたのだろうか、、、人から憎しみを買うような、、

    そして、私の人生・・
    ロバさんと結婚して、幸せな生活がやって来る。
    何やかやと思っても、祖母と母から較べればとっても幸せ。
    ロバさんの前世、きっと、さほど悪いこともせず、の人だったのではないかと思う。
    育つ過程の話を聞いても、苦労知らずでスクスクと育ってる。
    それ、私には羨ましすぎる。
    幸せな生活が出来るようになった自分は、祖母や母とは違うのだと思ってた。
    カルマの刈り取りは、最初の20年で終わったのだと思ってた。
    でも、それは大きな思いあがりじゃないかと考えるようになる・・
    そうじゃないかと、段々と思うようになる。
    それは、母のこと。

    母と私は考え方とか性格が違うというのを、10年位前から少しずつ感じるようになる。
    その思いは、母が年をとるごとに増幅してきて、私の中でのストレスにもなるように。
    嫌だなと思う面ばかり見せる。
    それを感じるたび、あんな年の取り方はしたくない・・
    私はああはなりたくない・・ 絶対ああいう風にはならないと思ってた。
    年を重ねれば重ねる程、その人の本質に近い部分だけがぎゅっと凝縮したように現れ
    それは、その人の生まれ持った性質というのではなく
    これまで培ってきた中で、その人の心の奥深くに根付いた物だけが残り・・
    良くも悪くも、人生の総決算みたいなものが、年を取ってから出て来るのではないか。
    ある場所の相談で見掛けたこの言葉、ほんとに、そうだなぁと思う。

    何かの拍子にお互いの歯車が食い違うと、母の口から度々出て来るセリフ。
    「あんたは親の面倒をみるのが嫌なんじゃろ」
    「はよう 死んだ方がええと思っとるんじゃろ」
    もう、このセリフには蕁麻疹が出るほど。。。
    綺麗ごとは言いません、では、正直に言います・・
    こういうことを毎度吐く、あなたの性格が嫌いなんです。
    親の面倒をみるのが嫌なんじゃなく、そういうことを言うあなたの性格が嫌なんです。
    早く死んだ方がいいなんて思ってません。
    だって、人が1人亡くなるということは、その後起きる諸々のことが大変なのがわかってるから。
    だから、出来ればもう少し素直に娘の言うことを聞いてくれませんか?
    プライドが高いのでそれは無理?
    ・・ 母のその性格が嫌なのだと言ったとする・・ 
    でも、母の凝り固まった頭の中には入って行かないと思う。
    そういうことを言うのは邪道な娘、何を返してくるかわからない・・
    もし、私に兄弟姉妹が居るのなら、母のこと暫く預かってくれるよう言いたい・・
    でも、1人娘の私には絶対ありえない話。
    自分の親のこと(祖母)を耐えて世話した母にとっては
    こんなこと感じてる私は親不幸な娘なのか・・
    私の心を時に見透かしたようなセリフを口にする。
    
    カルマの刈り取り。
    母との葛藤。
    いい日もあるけど、どんよーり曇りの日もあり。
    私に課せられたカルマ・・
    人生は終わるまで刈り取りなんでしょか。
    生きてると色々ありますね。
    ほんとはずっと書きたかった心の奥の話。 ( ..)φ








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    

        
    
[PR]
by momo5r | 2014-03-24 12:15 | つぶやき

取るに足らないこと




f0031722_19372392.jpg


               この画像
               この話と何ら関係はありません。
               ちょっと、そこら辺のモノを
               ちょっとだけ・・ 

               そういえば
               最近カメラを持って出掛けてないなぁ。  (..)\


f0031722_1945083.gif


     ちょっと更新が途絶えました。
     あんなに突っ走ってたというのに。 
     私にしては、これは、過去最大キテレツな現象で。  
     あれも書こう、これも書こうと、頭の中は泉が溢れてた・・
     そういう感じではあったんですが
     ほんとは、ここのところ、いつも気分はイライライライラしてる状態なのです。
     そのキッカケというのは
     あの例の白い柵が壊れた・・ という頃からでしょか。

     家の前は朝から夕方まで毎日休みなく
     相変わらず色んな物や重機が溢れ通行しづらく、凄い騒音と揺れが続き
     もしや、また何かが壊されるんじゃないかという疑いの心もムクムク・・
     外出も買い物も出来るだけ控え(あれは殆ど通れない道)
     家の中で過ごさざるを得なく・・
     何だか、モヤモヤと晴れない心がずーっと続いてるのです。
     ストレスを自分で溜めてしまってるんでしょね。

     それと、もしかしてこれは? と思い
     バイオリズムを眺めて見ると、確かに、これは酷い。
     知性をしょっぱなに、感情も身体もみーんな下降線を辿ってた。
     やっぱりね、そっか、モヤモヤとした正体も納得ということで。
     それと、他にもちょっと歯車を狂わせてることがあり・・
     とにかく、自分が自分でないなと感じてました。

     そんな時の昨夜。
     ふと、頭に浮かんだ “ことわざ” あり。
     「泣いて暮らすも一生 笑って暮らすも一生」 
     泣いてても笑ってても、人の一生に変わりはない
     ならば、できるだけ愉快に笑って暮らす方が得だという意味。
     今の自分に置き換えれば 「怒って暮らすも一生 笑って暮らすも一生」
     ・・ハッ!・・瞬時に反省の心・・
     取るに足らないことを考え、その心がこういうストレスを生んでるんだと気付く。 
     バカみたいに、そういうのは素直に反省するのです、バカだから。 
     色んなこと反省しました、自分のこと。 
     でも、きっとまた忘れてしまうんでしょね、こう感じたということを・・。 

     ところで
     昨日 こういう “ことわざの語源” というのがやけに知りたくなり検索すると
     こういう場所に行き着きまして。  
     語源となった出来事から、由来を紹介。
     知らない故事ことわざも沢山あり、面白いなと思う。
     ことわざの意味を考える、私、好きなんだと改めて実感。
     鈍った頭をたまには少し捻ってみるのもいいかな・・。 


     ほんとは
     ほんとは、こういうことじゃなく
     ちゃんとした理由があるのだけど
     今日はこれにて・・・〆     

             





     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      


     
[PR]
by momo5r | 2014-03-23 15:19 | おもふ・・

タイムアウト


        

         今日あったことをブログに綴り
         自分でも確かに、あれは長かった・・
         それ、何日分?ってくらいの量になってた。
         もう少しで送信するって段になった時
         なんということ! (◎。◎)
         突然の タイムアウト。
         全部消えてしまった。。
         はっ?

         それにしても
         記事の更新のタイムアウトって。
         こんなの初めてです。
         あんなに一生懸命書いたのに。
         どっと 疲れました。
         つ。 か。 れ。 た。
         
         とっても嫌な出来事で、ここに書いてスッキリしようと思い。
         で、スッキリしたのは事実なんですが・・
         かいつまんで話せばそういうことです。 
         今、思えば
         神様が 『それは止めなさい』 と言ってるんでしょか。

         その嫌な気分の中
         車に乗ってたんですが
         その時、ちょうど流れてきたのが、この曲。


f0031722_1717934.png


                         Sting ♪ Fragile

                         なんというか・・
                         気にするなとなぐさめてくれてるようで。
                         この曲、やっぱり好きだな・・
                         手が写ってて、まるで心霊写真みたいですが。 (笑






     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


         
[PR]
by momo5r | 2014-03-20 17:44 | つれづれ

シンプルな心で暮らしたい           ☆ さくら