<   2014年 04月 ( 41 )   > この月の画像一覧

ハッチは飛ぶ



f0031722_0122833.jpg



      今日はデイサービスの日。
      ほんとだったら母は家に居ない。
      けど、今日はお休み。

      何故か・・
      お腹の調子が悪いから。
      夜中から下痢をしてるらしい。
      それも、かなりのものらしい。
  
      最近、そういう理由で休んでしまうパターンが多い。
      本人曰く、便秘と下痢の繰り返しなのだと。
      便秘になると、水に溶かして飲む薬を常用してた。
      それは、かなり効果を発揮するらしい。
      発揮し過ぎて、あららら・・ ということになるらしい。
      その、あらららを飲むから、そういうことになるのではと言ったら
      本人もそうかと思ったのか、最近は飲むのを止める。
      こういうの、あまり深くは考えないらしい。
      自分の体だから、自分でしかわかってあげられないのに。

      今回のこれは、たぶんタケノコか・・
      掘り立ての生きのいいタケノコの煮物をもらって、食べた・・
      春先の少し体力の落ちた体には、少しきつかったのかもしれない。
      
      お昼に、柔らかいお粥を作ってみると
      ドンブリに軽く3分の2、ペロリと食べ、お代わりをもう半分食べた。
      ・・らら・・ 食欲はないのではないらしい。
      どうやら美味しかったらしい。

      
      母を見てると、最近思う。
      誰かと暮らしてると、気に掛けて貰える人がいる。
      でも、1人暮らしなら?
      こんな風に弱って寝てても、誰もご飯を作ってはくれない。
      たぶん、自分でも作って食べず、ただ寝てるだけになるだろう。
      そうなると、日々、段々と弱っていく・・
      その姿は明らかに想像出来る・・
      こんな娘でも居ないよりはマシだろう。



      なので
      ハッチは飛ぶ。
      今日も ブン ブーン 飛んで。  
      

                                         

   

                                                       (2つの更新)

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・       
      
[PR]
by momo5r | 2014-04-30 16:28 | おもふ・・




 子供目線で感じた話。


f0031722_1236409.jpg

      
   私が幾つの頃からか・・
   たまに家にやって来る人が居て
   その人に、祖母や母はえらく低頭な感じで会話してた。
   子供心にも、この人はこの辺りの人ではないなと感じる。
   子供なので、あの人は一体誰? と尋ねたことはなく。
   たまにやって来ると
   何やら拝んで、白い大きな封筒のようなモノを持ち帰る人で。
   
   そんな様子を眺めつつ
   あまり好きじゃないな、こういうの、と
   なんとなく思ってた。




 それからもう少し大きくなると
 たまに来るその人は、P・・教団の人なんだとわかって来る。
 夏の甲子園で活躍してた、あの宗教高校の。
 
 その宗教に入信したのは祖母なのか母なのか、ほんとのところわからない。
 母に聞いても、さぁ・・ という受け答えしか返ってこない。
 さぁ・・って、なに?それ ですが。 
 たぶん、入信したキッカケは祖母だと思う、その頃の家の状態を色々想像すれば。
 
 そうして、私が高校へと進学を決める頃
 なぜか増えたんですね、やって来る人が2人くらいに。
 ・・で、私にP・・学園へ行かないかと勧める。
 全寮制のその学園はこんなに素晴らしい所だと。
 その頃、その人達はしょっちゅう訪問するようになり
 判で押したように、なんというタイミング、ジャスト夕食時にやって来る。
 この頃、心の中で思う・・
 仮にも神様のことを信心してる人が、他所の家を訪ねる時間帯を選ばないなんて・・
 なんか、ものすごく不信感を抱いてました、その点に。
 そんな学校に行きたくないと思ってたのに、ハッキリそれを口に出してその人達には言えない。
 親達が入った宗教で、自分は入信したつもりもなく・・
 でも、イヤでも言うことを聞いて行かなければならないのかと、もの凄く悶々とする。
 母には、何で行かなければならないん? と訴えてたし 
 娘は行きたくないと言ってるとその人達にキッチリ伝えて欲しかったのだけど
 あの独特の雰囲気の押せ押せモードの人達に対し、なかなか親であっても言いにくかったのだと思う。
 何度かの後、なんとか私の意思は通り、自分の道に進めたんですけど。 
 あの時行かなくて、ほんとよかったと思う。

 そして高校生になり・・
 そのP・・教の人が、色んな企画を持ってくる。
 いついつに教団で勉強会があるので来ませんか? とか
 今度は〇〇で大きな催しがあるので参加しませんか? とか
 ほんとは、そんな所に行きたくないのに
 親のやってることは、すなわち、子供もイヤでも乗っからないとならないのかと
 イヤイヤながらもたまに参加はしてたけど、正直、行きたくなかった。。
 なんで、自分の意思とは違うことをやらなければならないのか・・
 こうしてやることが、宗教なのか・・。
 
 そんなP・・教と
 私が20歳の頃、縁をキッパリ切った母。
 すぐにハイそうですかと聞きいれてくれるはずもなく。
 なんだかんだとありましたが、スッパリと風通しよくなり。
 イヤでしかない思い出。 ウキー キー


 この話、なんで書いたかというと
 子供は親の敷いたレールの上を走らされる、歩かなければならない。
 それが、イヤなものであっても・・
 反論することもできない年頃では特に。
 大人になれば、そんなことは大したことじゃないのかもしれないけど
 子供にとってはそれは大きな問題で。
 まるで、先の見えないトロッコに乗せられ走らされてるようで。
 この先、自分はどうなるのだろ・・
 心は不安でいっぱいになる・・
 そんな子供の心の中、大人はわからないのかもしれない。
 口に出して言えないけど、思ってるのだということを書きたくて。 
 そう言いつつ・・
 あのです、今は言えます、なんという年月の風化か・・。  笑 (-。-)/~~~ 









     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 
 
 
[PR]
by momo5r | 2014-04-30 14:35 | つぶやき

スマホ 現れる



1週間前に無くしてしまった娘のスマホが、なんと、帰って来ました。
警察に届けられたようです、ボーリングをしたその店から。
それについての知らせは、23日にNTTドコモからのお知らせの封書として我が家へ届いたのだけど
宛名はロバさんで、肝心のロバさんは、まさかその内容が電話機の拾得の知らせとはつゆ知らずそのまま開封せず。
そんなに重要なものとは思ってなかったらしく。
・・で、やっと27日になり開けて見て驚いた。
さっそく警察に問い合わせたのだけど、その受付は土日祝を除く、平日の8時半~17時迄とのこと。
そして、その名義人が受け取りに行かなければならず。
何とか都合をつけて受け取りに行ったのでしょう、ロバさんのことだから。
警察に行くと、届け人が誰なのか、言わなくてもいいと言われたのなら話さない決まりなのか
最初教えてくれなかったそうだけど、若い女性警官がポロっとこぼした事から
ボーリング場から届けられたのだと知ったそう。
それにしても、あの日2度立ち寄って確認したけど無かったスマホ。
一体どういう経路で届けられたのだろう・・
ほんとはそれが知りたかったけど、真実はわからず。
スマホ、見た目以前と変わらない姿してました。
でも、もう少し調べてみることがあるそう。
今回のことが起き、本人もネットで色々検索してみたらしいのです。
ドコモ、スマホ紛失、同じ様な経験した人のその後の対処方法など。
通話記録を見て、明らかに使用されてるようなら、警察に被害届を出した方が良いらしく。
拾った人と、無くした人が直接受け渡しするのは避けた方が良いのだと。
それが、もしも893絡みだと、後々面倒なことにも発展するケースもあるのだと。
調べたら出て来るものですね、そういう色々な気を付けること・・。

それにしても、本人の手元によく帰って来たと思う。
本人も諦めていたし、殆ど期待もせず、新しいモノを使ってた矢先のことで。
世の中捨てたものじゃありませんね、それがどういう経緯でというのがわからないまでも。
届けられていたなんて・・ かなり驚きでした。
明日、今回拾得されたスマホはドコモに返却することになりそうです。
返却しなければ、違約金をドカンと支払うことになるそうで・・。
そういう知らせの内容が封書の中に書かれてました。
これも、娘にとって1つの痛い経験、肝に銘じて大事にしなければ。




話は変わり
昔から 好きな曲です♪
この画像 なんかドキッとするほど色っぽいですが。 (*´a`)





      


     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
      
 


[PR]
by momo5r | 2014-04-29 00:05 | つれづれ



f0031722_11144341.jpg


 
       ヤギさんと別れた後
       ふと思い出した店へ立ち寄ることに。
       可愛いアンティーク雑貨や小物を扱ってます。
       この店の雰囲気、なんか好きで・・
       なのに、そういえば、最近足を運んでなかった。
       店に近付くにつれ、今日はもしかして開いてない? がっかりしてると
       ちょうど店の前に1台の車が入って来て、こっちをアラッ? と見る。
       車から降りてこっちへと歩いて来る女性・・
       その顔を見て、この店のオーナーである娘さんの母親なのだと気付く。
       お洒落で可愛い雰囲気のある人。
       もしかして、うちの店に来られた方? と尋ねられる。    
       はい、そうですと応えると、どうぞどうぞ今開けますからと勧めてくれる。
       いつも店先に並べられてる、ハーブや多肉植物を見たかったのでと言うと
       今はこれくらいしか置いてないのだと、車の後ろのハッチを開け
       小さな多肉植物がチチチと、アンティーク感漂う片手鍋にセンス良く配置されてるモノを見せてくれる。
       他にもちっちゃな多肉植物がチチチと並び、ハーブも少しあり。
       その場所で、色々尋ねることに、丁寧に説明してくれる。
       セダムとハーブの世話の仕方の違いや、多肉植物のことや・・
       えーってくらい、親切に教えてくれる。
       その説明に、ベタな素人(ワタシ)は、素直にうんうんと頷く。
       知らずに、今まで、いいわコレ・・ と買ってたワタシ、恥ずかしくなる。
       その後、店の中のモノも色々眺めるのだけど
       ワタシが興味を持ったなと思うモノの説明を、いい感じに説明してくれる・・
       普段なら、こういう時、自由に見せて欲しいと思うのに
       この人のそれは、全然イヤじゃなく、むしろ、色々説明してくれることが嬉しくもあり。
       知らぬ間に楽しい時間が過ぎてゆく。
       色んな質問してしまった。
       他にお客さんが居なかったというのもあり
       アンティークに関する、普段疑問に思ってることを尋ねてみる。
       1つ、1つ、丁寧に応えてくれる。

       
       話してるうち、この人の魂は綺麗だなと感じる。
       なんて、正直な人・・
       その顔にも、その雰囲気にも・・
       濁りを感じない・・
       人生経験を積むと、なかなかそんな人も珍しい。
       会話がスーッと心に入ってくる。
       
       私、時にあるんです。
       初対面でも、話してるうちに
       人と話してるけど、実は、その魂と会話してるなぁと思うことが。
       魂なので、実にそのまま。
       何もかも取っ払った、魂そのもの。
       そういうものを感じる人に、時に出会ったりします。
       それは、たまたま同じ波長を感じるからなのかどうなのかわかりませんが
       ピピピと触感が働くんですね。
       これは、直感に近い、触感なんですが。 

       さんざん話したあげく買ったものは大したモノじゃなかったのだけど
       すごくいい時間を過ごすことが出来ました。
       
       魂と会話する~ * 


                                          

      
                                                      
                                                      (2つの更新)
 
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・        
       
       
       
[PR]
by momo5r | 2014-04-28 15:16 | おもふ・・

魂と会話する




   日曜日。
   久しぶりにちょっとドライブして来ました。
   行き先はヤギさんがいる農場へ。
   ココへ行くのどれくらいぶりだろ・・
   ってくらい、最近行ってなかったなぁ。。


f0031722_1337316.jpg
   

     居ました、居ました、白ヤギさん♪
     あいかわらず 優しい目をしてます。



f0031722_13385480.jpg  




  


 笑ってるような顔・・
 くつろいでました。
   
   ホッコリ癒されます。







                ???
f0031722_13443178.jpg


f0031722_13445290.jpg



          ところどころにこんな妙なモノがあったり・・
            お、おもしろい。  











f0031722_13491595.jpg


               ありがとう~ ヤギさん!
               また来るね*







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
[PR]
by momo5r | 2014-04-28 13:56 | ゆるりと

ハシビロコウ



f0031722_23523229.jpg



      この鳥知ってますか? 
      目つきが悪くクチバシと体がとっても大きいペリカンの仲間なんですって。
      目つきが悪いって・・ 
      確かにそうだな。  ププッ

      アフリカに生息する絶滅危惧にも指定されている鳥類。
      体長は1メートルを超し体重は6キロぐらい。
      ペリカンと同じようにクチバシをカスタネットのようにカタカタ音を鳴らすことが出来る。
      そして、その性格は・・・ 
      どうなんだろ?
      色々書かれてはいるけど、どうなんだろ。
      性格は悪いとか、嫉妬深いとか・・ 
      ほんとのところはどうなんでしょねぇ。

      今、一番見てみたい動物なのであります。
      太古の大昔からそのまま現存してるような、その姿。
      ものすごく興味があります。
      何を考え日々暮らしてるのか。
      もしかして、大したこと考えてないのかもしれないけど・・
      はてーーー?  ムフフ

      玄関先に置いておきたい。
      こういう置き物があれば・・
      でも、なかなか無いみたいです。
      かなりレアなんでしょね、たぶん。 \(゜ロ?) ハハハ






     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      
            
[PR]
by momo5r | 2014-04-27 00:12 | つぶやき

変わったドラマの見方



f0031722_11511333.jpg

     普段、殆どドラマとか見ないんですが
     4月から新しく始まったドラマで4つほど
     私にしては珍しく、見続けてるものがあります。 
     でも、その興味のあり方がちょっと変わってるかもしれない。 (苦笑




     その1つ
     「MOZU season 1 ~百舌の叫ぶ夜~」

     最近、突然、西島秀俊に興味を持つようになりまして。
     昔は線の細い人だな くらいにしか思ってなかったのに
     なんか、いい感じに歳を重ねて来てるな と思うように。
     ドラマではなく、素で見た時(対談)にピピピと来て
     その清潔感と和風な顔、だけどよく見れば和風でもないか・・な。
     えっと、ま、今注目してる人なんですね。    
     で、そのドラマなんですが
     驚くほどタバコを吸う場面が出て来るんですよ。
     西島秀俊と香川照之が、2人共、スパスパスパスパ吸いまくってるんです。
     エーーーーッ てくらい。
     ちなみにこの2人、実生活では全然吸わない人らしいんですが
     役柄とはいえ、大変だなぁ と。
     ・・で、そのタバコをふかしてる場面がやけに気になって
     今日は一体どれくらい? と眺めてる、私が居る。 
     変でしょ? (笑



     「BORDER」

     死者と対話出来る男の話。          
     銃撃事件で頭部に被弾してしまい一度は死んだものの
     奇跡的に蘇生し、死者と対話できる特殊能力が備わるようになる。
     でも、死者と対話できるのは遺体が荼毘(だび)に付されるまで。
     被害者の無念を晴らすため、事件を解決しようと奔走する・・

     まるで、「ミディアム霊能者 アリソンデュボア」 みたい。
     死者と対話して事件を解決するとは と思ったのがキッカケです。
     殺人現場に駆けつけて、その死体と直面する・・
     そうしてる内、ふと、ある気配を感じる・・
     ・・居るんですね、そこに、殺された被害者が・・立ってる・・
     そして、自分を殺したのは〇〇 早く見つけて欲しいと・・ 訴える。
     あの、この瞬間がなんだか自分の中でワクワクもので。
     ドラマの始め、事件現場に行くと現れるであろう死者の現れ方に興味深々というか。
     今回はどういう風に? と。
     現実、死者と対話出来たら、実際の事件もすぐに解決できちゃうのにとか
     そういう力のある霊能者、ほんとは居ないのだろかとか
     ドラマの中だからなんでも解決できるんだな・・ とか思いながら見てます。   
     妙な関心の持ち方でしょ? (笑



     「極悪がんぼ」

     前作「カバチタレ!」見てました。
     ムハハ~ おもしろいなぁ と。
     原作者が同じなんですね。
     このドラマの中で使われる方言が、元は広島なのだとか。
     なんですが、私が思うに、広島弁と岡山弁はどこか似てるんですね。
     ドラマの中でも、たぶん広島弁風に喋ってる? のだと思うんだけど
     アハハ~ こういう言葉、あるある! うんうん! とニヤニヤ。
     その方言を聞くたび、なんか笑えてしまう。
     オダギリジョーは岡山出身、このドラマは地でいけるなぁ とか。
     岡山弁知らない人なら、この言葉を聞くと、千鳥の大吾を連想するんじゃないか とか。
     違った、こんな見方をしてる自分が居てます。 (笑



     「アリスの棘」

     これは、復讐のドラマですね。
     毎回、復讐のターゲットにされる人が違うのかな。
     どうやって、そのターゲットをジワジワと追い詰めていくのか・・
     悪者をギャフンと言わせ、後は退治する・・。
     そういう愉しみで見てるというか。 (苦笑



     これ、何でもですが
     自分なりにハマってしまうと面白いものですね。 


                                       (3つの更新)





     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    
     
     
[PR]
by momo5r | 2014-04-25 13:18 | つれづれ

似合うかもしれない



f0031722_11142863.jpg



       フランスのカルチャー特集が扱われた本。
       たまたま出会ってしまいました。
       パラパラと眺める中で、このワンピースに目が留まる・・

       毎シーズン人気のオリジナルテキスタイルなのだとか。
       1枚で楽しい気分になれる幾何学プリント。


     
       一目見て、直感で思う。
       『あっ、似合うだろなぁ、これ・・』  

       似合うだろなと思うのは、京都の娘デス。
       たぶん、好きだろな、こういう雰囲気。
       一緒に共感できないのがザンネン。 (ーー*)

       結婚前、ちょっと? いや かなり個性的な服を選び
       そんな服が妙に似合う娘だなと思ってた。  
       でも、そんな娘が今は・・
       普通にカジュアルで動きやすい服を着るようになる。
       母親になったんだね。
       洗濯機でザブザブ気楽に洗える服がいいらしい。
       そりゃそうだ・・ 
       汚れること気にしてたら子育てできない、ね。
       変われば変わるものだ。  フフ
       
       それにしても
       この服、この雰囲気、似合うと思う。








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by momo5r | 2014-04-25 11:43 | つぶやき

ユニーク



f0031722_0501210.jpg



              わたしと小鳥とすずと  (金子みすず)


              わたしが両手をひろげても
              お空はちっともとべないが
              とべる小鳥はわたしのように
              地面(じべた)をはやくは走れない。

              わたしがからだをゆすっても
              きれいな音はでないけど
              あの鳴るすずはわたしのように
              たくさんのうたは知らないよ。

              すずと、小鳥と、それからわたし
              みんなちがって、みんないい。



f0031722_0553193.gif



              何年か前にBSだったかな
              漠然と北欧だという記憶しかなかったのだけど・・
              ちょっと調べたら、たぶんあれはデンマークなのかもしれない・・
              森の中にある幼稚園というのを放送してました。
              ノビノビとイキイキと過ごす子供たちの顔・・
              こんなところで1日自由に過ごせるなんて、いいなぁと思いました。
              もし、私が子供だったら、ココいい♪ 
              娘にも、こんな場所にある幼稚園良くない? 
              と、その時聞いたようにも。


              それぞれが別々で優劣はない。
              それぞれが素晴らしい。
              基準に縛られない。
              型にはまらない。

              
              おおらかな自然の中で育つと
              こせこせしない
              イジメもない
              そういう子供に育つんじゃないかな。

              
              
              現実はなかなかムズカシイです、が。  (゜-゜) 








     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・            
[PR]
by momo5r | 2014-04-25 01:23 | ゆるりと

心のクレパス



f0031722_14353665.jpg




          今朝
          ふと思い立ち、昔の自分に会いたくなり、行ってきました!
          昔の自分て何? って思われるでしょね。
          1年半ほどの短い間の過去ブログ。

          
          ~猫のように気ままにふんわりほんわかと暮らしたい   
                               かなり気ままに~ 


          これ、セカンドタイトルっていうのかな
          ふんわり、ほんわかムードが漂ってました。
          そして、ほんと、気ままにでもあり。
       
          8年前の自分は
          自分であるはずなのに、どこか今の自分とは違う。
          なんていうのかな・・
          なんて素直で可愛らしい!
          単刀直入、そう感じたのです。
          (おこがましいですが・・)  

          感じることは今と変わらないと思うのに
          そこここに、柔らかい雰囲気が漂ってました。
          まさに、ふんわり、ほんわかしてる。  
          うむむむむ・・
          これ、ほんとに自分が書いたの? 
          8年の歳月を感じ、愕然。  ウヒャー

          人は日々成長するのだと思う。
          でも、成長して得たものと引き換えに、失ってしまうものもあるのかもしれない。
          なんていうのか、過去の自分に教えられたような。
          8年前の自分にです。  アセアセ





          残して置くものだな って思いました。
          削除してしまわなくて良かったー。
          時に会いたくなったら、いつでもひょっこり会いに行ける。
          で、今の自分を反省することもできる。

          
          そして、カテゴリの中の “心のクレパス”
          あれは私そのものだと思う。
          今更だけど。 (*^〇´)v
          







     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・                      

                              
[PR]
by momo5r | 2014-04-24 12:39 | つぶやき