魔物現る・・・




     母の話は興味がないんではないかと思うのですが
     昨日起こったことはなにか不思議な力が働いたんじゃないかと思うのでちょっと記します。  



     昨日の日曜日。
     家の娘も珍しく家にいて
     お昼にうどんを作って母にも食べさせて
     本人も美味しかったと言い、部屋でテレビを見て普通に過ごしてると思ってた時。
     キッチンにいた私、母の呼ぶ声が聞こえる。
     いつもなら用事があると部屋から出てきて言うのに変だなと覗いてみる。
     椅子に座ったまま
     急にもの凄くめまいがして、フラフラして動けないのだと言う。
     でもトイレに行きたいので連れて行ってくれないかと。
     おまけに、いつもなら便秘ぎみで困ってるのに、今は大が出そうだと。
     早く行かないと漏れそうだと。
     めまいがするので目も開けられず、フラフラして歩けない体を支えトイレへ連れてく。
     なんとか、座らせる。
     用事をしつつ時々トイレを覗くも、突っ伏してしまって補助柱に掴まってる。
     どぉ? と聞くと、ずーっと ウ〇〇が出っぱなしなんだと言う。
     (すいません、こんな話で・・)
     なら、どんなに状態が悪くても出るものが出てしまわないと部屋には連れていけないと判断する。
     その時、どこかでブーーーーーンと低い音が聞こえてるのに気づく。
     あっ・・・ トイレのシャワーがお尻をずっと直撃し続けてたんだ。
     だからそれを出っぱなしだと思ってたのだろと思っても、本人は自分のお尻からだと言い張る。
     もうなんでもいい、とにかくひとまず部屋に連れて行って横になればと思ってると
     救急車を呼んで入院したいと言い出す。
     そう来たか。
     あのね、毎度毎度、過去何度救急車を呼んでほしいと言ってる?
     救急車依存症・・・

     
     目も開けると気持ち悪いと言い
     まるでものすごくゆっくりした動きの座頭市を連れて歩くような感覚で
     やっと部屋の椅子まで連れてく。
     吐きそうだと言うので、ビニール袋を持たせてる時に隣の母の従姉のおばさんから電話が入る。
     話の内容は
     施設に入ってる母より10歳年上の従姉の状態が悪くて最近はずっと寝てるのだとか。
     たぶん、かなり良くないのだと思った。
     でも、今我が家でも母の状態が急に悪くなってるのだと言うと
     おばさんはすぐに悟ったらしく電話は切られた。
     母にはこのことを今は言わない事にする。  


     電話が終わり母の部屋に入ると
     さっき渡したビニール袋を、なんと頭からすっぽり被ってた。
     え・・・!
     そんなに大きな袋じゃないので、それじゃ窒息するよ。
     慌ててそれを取る。
     たぶん、吐きそうだけど、その袋を自分の手で押さえておくのはしんどかったのだろうと思われる。
     横のベットにやっと寝かせる。
     やれやれ・・・
     でも、その後見ると、また顔の上にビニール袋を載せてた。
     また取り払う。


     この日、用事もしなければ、買い物もあるので出掛けなければならなかった。
     家にいた娘に何かあったら母の介護を頼むと伝え、支度をしてる時・・

     ふと
     これは何か魔物が母に取り憑いたんじゃないかと考えたんです。
     こういう時、お祓いの言葉を唱えるんですね、いつも。
     それから、それを、宇宙の果てまでぶっ飛んで行くようなイメージで払うんです。
     その後
     出掛ける前に寝てる母を見ながらもう1度お祓いの言葉を唱えてから家を出ました。


     外出中も色々気にはなったけど娘からの電話はなく。
     用事を済ませ帰宅して部屋を覗くと、さっきトイレに行ったんだと言う。
     ゆっくりだけど1人で行ってきたらしい。
     様子をみると、明らかにあの状態を少し脱してる風。
     ほぉ・・・  もしかしてあのお祓いが効いたのかもしれないと思う。

     それから夕飯の時
     いつもの食欲ではないけど、少し戻って来てる感じで・・・


     私、思ったんです。
     母が突然具合が悪くなったことと
     母の従姉の状態は満更関係なくはない。
     たぶん、従弟のおばさんが母のところに来てたか
     寝てる状態で母のことを思ってて、弱ってるなら自分と一緒に行かないかと
     連れに来てたんじゃないかと。
     こういう似たようなことが、昔、私の祖母の身にも起きたのです。
     だから、全然不思議でもなんでもなく。

     母の従姉の生霊がやって来た?
     その生霊(違うかもしれない)を魔物だ思って払ったというのも
     従姉のおばさんからしたら邪魔が入ったのかもしれないけど。
     そして、それは飛んだ勘違いかもしれないけど。
     とにかく、不思議なくらいお祓いをしてからすーっと普通に戻り。


     精神が弱ってると色んな邪気が寄って来る。
     心は強く持たなくてはと思う。


     魔物の正体はいったい何だったのか?
     昨日の不思議な出来ごと。
     長い話でした。 (゜レ゜)












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by momo5r | 2017-03-27 14:14 | つれづれ





f0031722_11562056.jpg





    〝井の中の蛙大海を知らず〟
     この続きがあったとは知りませんでした。


     井の中の蛙大海を知らず
     されど空の深さ(青さ)を知る


     「狭い世界に生きて広い世界のことを知らない」ということわざ。
     実は後になって「されど空の深さを知る」という続きが作られたとか。








     更新が途絶えてた間
     京都から娘が2人の娘を連れて帰ってました。

     今回の目的は
     かなり頭のネジがゆるんできた母が
     毎日のように 「nikoちゃんはいつ帰って来るんかなぁ・・」 と言うようになり。
     下の子の名前も 赤ちゃんとしか呼べない。
     kahoちゃんだよ。
     いつも目に付くところに自分の手で名前を記してるのに瞬時には思い出せない様子。
     生まれた頃に接しただけで、それから一緒に過ごしてないからだと思う。
  

   
     それと
     この4月から幼稚園(年中組)に行くことになり
     なかなか今までどおりには帰ってこれないというのも理由のひとつ。
     まだ少しは正常な機能が働いてるうちに会っておいた方がいいということで。
     顔を見ても誰だかわからなくならないうちに。




     幼稚園に行くとなると
     あのかなりのド偏食ぶりは相当難儀をするだろなと思われる。
     なんであんなに色んなものが食べられなくなったのだろ。
     1歳ごろには確か、何でも食べる子だなぁと思ってた。
     それが、会う度ごとに食べることが出来るものが減っていってる。

     偏食って遺伝するのだろうか?
     娘の旦那君、かなりの偏食者だと私は思う。
     野菜で食べるのは、白菜とジャガイモだったかな。
     結婚した頃、これじゃ料理作るの毎回困るんじゃない? と娘に聞いたことがある。
     返事は うん、そうなんよ、困る と言ってた。
     だから、旦那君と親子揃ってうちに帰ってくるというと
     一体どんな献立にしようかと、内心頭を悩ませてるのは確かで。


     さあ
     
     今までの生活とは様変わり。
     井の中の蛙、大海をみる。
     nikoちゃん、かなり泣きをみると思う。
     そんな子に親も手を焼くと思う。
     しかたないね、これも。

     がんばれ!






     自分はもともと世話焼きではないので 
     普段は最小限の家族の世話をしてる生活で。
     なるべく、自分のことは自分でやって下さい的な・・・  
     でも、娘達が帰るとそんな私でも世話を焼かないわけにもいかず。
     朝起きて夜寝るまでなんやかやと、アッというまに日が過ぎて。
     気がつけば、かなりくたびれ果て。
     なんか自分のやりたいことも出来ない。

     なので
     こうしてたまに帰ってきて過ごすのは賑やかにもなり楽しいのだけど
     たまにだからいいのであって
     毎度だと疲れるなぁと思うのであります。
     ほどよい距離感て大切ですワ。  



     娘とは色んな話が出来て有意義な18日間でした。 












     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
[PR]
# by momo5r | 2017-03-25 14:20 | つれづれ

甘える





     3月から毎月うちに来てくれてる銀行の外交さんが代わりました。
     昔、少しずつだけど母がやってた定期預金の積み立てを私も同じように続けてる。
     少しずつだけど、チリも積もれば山となる?
     ほんと、小さいチリだけど・・ 

     
     聞くと、転勤ではなくて、行内での配置換えなのだとか。
     転勤ではなくて、配置換えって珍しいな。
     体の調子が悪くて休みがちらしく、それで内勤なのか・・
     この人は、なんなんだろ、すごく突っ込みどころ満載な人で。
     ほんとのところ、早く違う人に代わってくれないかなと内心思ってたのです。


     今度の人は最初から好印象を持ちました。
     几帳面だと思われるのに、それが嫌な感じの几帳面さではなく
     私がいいなと感じる几帳面さで・・ 勝手な基準デス。 (苦笑
     人あたりがソフトで、話のキャッチボールが巧いなと思う。
     世渡り上手だと感じるし、ソツがない。
     外交は初めてだと言うけど、向いてるなと思う25歳さん。


     以下、Yさんと呼びます。
     
     Yさん、自分のことを甘えて育ったんだと言うんです。
     そういうことを初対面の人にぶっちゃけて話すのもなんか面白い人だなと思うし、珍しい。
     自分には姉と兄が居て
     2人とは歳がかなり離れて生まれたので喧嘩にもならず
     反対にすごく可愛がってくれたらしい。
     だから、自分は甘えて育ったのだと。  
     両親にも可愛がられ、すくすくと育ったというのが瞬時に見てとれる。 
     愛情を一心に受けてまっすぐ育つとはこのことなんだろなと思った。


     初対面なのに、なんだか会話がトントンと弾んでしまいました。
     施設に入ってるというおじいちゃんの話とか・・
     お母さんは、このおじいちゃんのことで色々葛藤を抱えてるらしいということや。
     話してくれること、色んなことが全て、うんうんと頷けることばかり。
     共感できるのがえらく不思議だった。



     話を聞きながら思ったのです。
     みんなから愛情をいっぱい注がれ、甘えて育つって羨ましい。
     私といえば、違うわ・・。
     色んなこと全部含め 全然違うわ・・。

     (過去にこのことはどこかで書いてるのでここでは省きます)

     
     親には甘えたかったでしょね、今思えば。
     1人しかいない娘なのに。
     でも、複雑な事情があるので、子供ながらどこか我慢して育ったんだと思う。
     いつ何が起こるかわからないという不安感。
     思いっきり甘えた覚えないな・・

     こうして育ったので、大人になった今も消えないトラウマを抱えてるんだと思う。
     今、母との関係でそれを痛切に感じてます。
     子供はいっぱいの愛情に包まれて育ったら幸せです。




     あっ・・・
     今
     そうか! と思う。

     トップ画像のまるで心理テストのような絵は
     私の願う、小さくてもなんだか幸せそうな、太陽に包まれたような家を現してる・・?
     これ、心象風景かもしれないです。









f0031722_13121644.jpg
    




     昨夜のポトフの残り。
     残りものなので、じゃがいもと人参だけです。 (笑
     溶けるチーズも少しトッピングしてみました。
     超あらびきフランクも昨夜はあったんですけど、ネ。
     ポトフに合うらしいので買ったんですが、確かに合います。
     ポトフ、いいですねー 体があったまります。 
     コンソメスープもいいですね。











     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by momo5r | 2017-03-06 13:27 | つぶやき