真夜中の怪・・




     先週の金曜日。
     時は真夜中、午前3時40分。
     2階の3人は眠ってた。
     が、突然階下から母の声・・
     この声で、私とロバは目が覚める。
     後で聞くと、違う部屋で寝てる娘も目覚めたらしい。


     「ちょっと~ すまんが~ 下りて来てくれんかな~」
     「財布の中にムカデがおるんじゃ~」


     はぁ?
     財布の中にムカデ?
     なんでムカデが財布の中におる?
     それもこんな真夜中になんで財布の中におるのがわかる?




     ははぁ・・
     この一瞬でなんとなく想像できた。
     ここに至る経緯。


     寝る前母の部屋を覗くと
     ベットの布団の上にゴロンと横になり
     母の金庫といえる大事なモノ入れの箱の中から通帳を出して眺めてた。
     何やらシゲシゲと・・
     その傍らにはなぜか財布も。
     母は、書類とか通帳を眺めるのが趣味というか
     よくそんなことをしてるのを見ることがある。
     

     『もう寝たら?』と声をかけると
     「なんか なにがなにやらようわからんようになったんじゃ・・」
     ・・と言いつつ、まだそれを止めない。
     
     なにがなにやらわからんようになってるのはよく知ってる。
     でも、この通帳を眺めるのすぐには止めないだろうというのはわかってるので
     ま、そのうちに止めて寝るだろうと思い2階に上がった。


     そして、時間は経過し母の声に突然起こされる。
     今、何時だと思ってるん・・
     ムカデが居ると騒ぐとは・・

     
     こういうのは私がいつも対処する役目になってしまうけど
     ロバも起きたのなら1度やってみれば? 
     たまには経験してみれば? と思った。
     なんでワシが・・ と言いながら渋々下に降りて行く。

     下からなんとなく聞こえる声を布団の中で聞いてた。

     
     ムカデが中に居るという財布を見せられるので
     恐々お箸を使い中を探るが、肝心のムカデはどこにも居ない。
     (ロバはこういう害虫を退治するのはほんとは苦手)
     「この中におったんじゃ・・」と何度も何度も言われたらしい。
     居ないと言っても、ちょっとやそっとでは諦めない様子。
     何かそういう会話が聞こえてた。


     結局、どこにも居ないムカデを探すのもめんどくさくなったロバ。
     どこか行ったんだろと母に告げ
     妙な時間に起こされたのでそれからまた眠りにつくということも出来ず
     そのまま朝までパソコンに向かう。
     いいけど、それで諦める母の性格ではないのだけど・・
     それから母はどうしたのか知らない が
     朝になって部屋を覗くと、あの騒ぎをすっかり忘れてるかのよう。
     「なにか探してたみたいだけど、よぅ わからんわ」 
     え! 
     あんなに大騒ぎしたというのに?


     実は
     ロバと私と娘がこのことで思ったのは・・
     寝る前眺めてたのがこの真夜中の時間までずーっと続いてたのなら
     もしかすると、途中ウトウトしてしまい
     傍らの財布の中にムカデを発見・・
     という、夢かうつつか幻かという 幻想を見たのかもということ。

     それにしても
     なんというはた迷惑な。
     それから朝まで寝ようと思っても寝れず。
     睡眠不足な金曜日の始まりで。 (*_ _)











     話は変わり
     昨日ユニクロへ。
     メンズ用であるけど、こんなパンツをワゴンの中で発見。
     パッと見、これはなかなかいいと思う・・
     それに安い!
     大きめサイズをブカッと履くにはちょうどいいサイズ感。
     試着するといい感じ。
     で、買いました。




     ヴィンテージレギュラーフィットダメージチノ
     ウエストサイズ 76cm
     オリーブ
     セール価格 1990円




f0031722_1375253.jpg





f0031722_1383584.jpg




 
     最近は
     チノパンでしょ? と思っても
     ベイカーパンツだったり、ラグビーパンツだったり、呼称もいろいろ複雑です。
     でも、ベイカーパンツというのに前から興味があったので
     これをベイカーパンツだと信じれば安いものです。 (笑
     似たようなものです。
     信じるものは救われる。










     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by momo5r | 2017-10-02 12:59 | つれづれ





     11年前ブログを始めた頃
     今の生活が想像出来たろうか?


     
     否
     思いもしてなかった。
     こんな風になってるとは。
     それなりに色々あったけど今から思うと呑気に暮らしてたと思う。
     まるで、少し早く生まれただけ経験値がある姉が妹を眺める感覚・・


     ストレスからか
     耳が少し変です。
     ほわっと耳が覆われてるというか
     今週の始め頃からそんな感じです。
     ストレスから耳に異常が現れるのかというのを調べてみたら
     ありました、そういうの。
     
     それを自分で解消する方法は
     大きく深呼吸をする・・
     お風呂に浸かってゆっくりする・・

     要は
     心身をリラックスさせるということなんですね。


     最近はカリカリすることが多く
     頭に血液がうまく循環してないんでしょね。
     ストレス値も相当だと思う。



     今日はデイサービスの日。
     でも、案の定、朝が来ると行きたくないモードを醸してる。
     気持ち悪い・・って?
     いや、それは毎度のこと、今日は是が非でも行ってもらう。
     あのね、少しは 娘のことも思いやって?
     嫌々でも出掛ければ普通に過ごしてるとスタッフに聞いてる。
     家に居てもベットに横になるか、ボォーッとテレビを眺めてるだけ。
     動くのはトイレに行くくらい、殆ど歩くということもない。
     たまには違う人と会話し、身体を動かしてみよう。
     ジィーッとしてると、どんどん呆けていくとか。
     呆けが加速してるのがわかる。

     
     自分と全く同じ人生の人なんてこの世にはないと思う。
     でも、その中でも、なんか似てる生活を送ってる人が居たら・・

     最近そんな人をたまたまネットで発見。
     一生懸命探したのではなく、ほんと、ポーンとたまたまで。
     アルツハイマー型の実の母親の介護をし
     その日々の中で起きるいろんなことをブログに綴ってるのだけど
     それが、今、私が抱えてることと同じようなことがその人の身の上に起き
     それらに対する思考回路がまったくよく似てて
     世の中には同じことを感じ、そして同じことを母親に思う人が居るんだと
     ストレス真っ最中なのに、その毎日を読んで
     そうそう! そうなんよねー! と。

     眺めてるうちに
     自分だけがこうなのかと思ってたことが
     同じ人も居るんだと、心が少し軽くなるというか・・
     オブラートに包まないさらけ出した内容に
     まさに膝を打つようにやけに共感する。
     そして、偶然にも、同じ県内・・
     おそらく、同じ市内に住んでる方?
     たぶん、人気のブロガーさんじゃないかと思う。
     
     
     




f0031722_11334327.jpg





     ロバさんの方のお墓参りに行き拾ってきた栗。
     お墓へと向かう途中にあるロバさんちの栗の木。
     秋のお彼岸のお墓参りの帰りに拾うのが恒例になってるけど
     そこはやぶ蚊が多くて、栗は大好物だけど痒くて痒くて・・
     早々にそこを引き上げたくなりまして。
     
     茹でた栗をいつもこうして半分にカットして食べます。
     ひとしきり食べたらお腹もいっぱい・・
     お腹が膨らむとストレスも少しは解消するのだけど。
     いつもいつもお腹を膨らませてるわけにはいかないので。 (汗










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by momo5r | 2017-09-27 11:46 | つぶやき




f0031722_12405350.gif



     
     
     記録として残そうと思いつつ更新がかなり遅くなってしまいました。
     


     9月16日は kahoちゃん の1歳の誕生日。
     休みも3連休ある・・
     なので一緒に祝いたいなと思いつつ
     さて、母を家に置いといて大丈夫だろかとか
     そして、大型台風18号が日本列島直撃というのと重なり。
     直前まですごく迷いに迷い
     日にちもその都度、台風の進度にあわせ前へ後へと差し替え
     最終的に 一か八かで 最後の18日に決定。

     
     母には、行くと決めた日の前日の夜
     台風が少し遠ざかった頃、京都に行くということを話す。
     前々から話すと、聞いたということすら忘れてしまう。
     なので、何度も何度も聞かれ話さなきゃならない。
     それは私にとってものすごい労力とストレス・・
     朝昼晩飲む薬を紙に貼り付け、キッチンのテーブルの上に置く。
     その横に、朝昼晩食べるものを書いておく。
     そして、何度も説明する。
     それでも、少し経つとわからなくなる・・
     それを見れば小学生でもわかるだろうと思うのに。
     もぉ、しかたない、なんとかなるのを願うしかない。
     
     ショートステイも考えたけど、そうしなくて良かった。
     台風のことは想定外で、もしそうしてても台風の最中ということになり
     キャンセルも出来ないだろうし、色々困ったことになっただろう。

     そんな中、今回は行くと決める。
     これからのことはこれからのことと遂行する。



     18日。
     昨夜まであんなに荒れ狂ってたのが嘘のような台風一過の朝。
     お餅屋さんに注文してた “一升餅” を朝早くロバが受け取りに行く。
     紅白にしてもらい、5合づつに分けてもらう。
     一緒に赤飯のお弁当も。

     さぁ 出発。

     玄関ドアのところまで送って来た母に行って来るよと告げ、7時に家を出る。
     日帰りなので寝るまでには帰るよ。



     京都の娘の家に着いたのが意外に早く、9時45分頃だったか・・
     nikoちゃんが嬉しそうに出迎えてくれる。
     旦那君は仕事があり、夕方早くに帰るとのこと。

     早めだけど赤飯のお弁当を食べ
     本日のイベント
     “一升餅” を背負う儀式を執り行う。

     小さなリュックに半分の5合分背負わせる。
     まだ歩けないので娘が両手を支えやっと歩く・・
     なら、あと5合リュックに入れる・・

     やはり
     それは無理。
     1升は2キロあるらしい。
     ぐんにゃりとした足つきで支えても無理っぽかった。

     それを考えると京都の娘は
     カタカタを押して
     風呂敷包みにくるんだ一升餅を背中に担いで力強く歩いたっけ・・
     その姿は まるで金太郎さん。
     マサカリ担いだ金太郎。 
     その話をするといつも微妙な反応をされる。




     儀式も無事終わり
     たまたま皆がこの場所に居なかった時の1枚*






f0031722_13504959.jpg






     記念の日なので
     お洒落させてもらい頭にはリボン・・

     いつもは下着のような恰好をしてるのに
     この日はなんか少しお姉さんぽい。
     素の顔・・
     大きくなったね・・






     午後からイオンへ行き
     ファーストシューズを選ぶつもりだったけど
     まだ歩かないし、歩き出してから選ぶ方がよいのでは?
     という店員さんの助言もあり
     じゃ、またその時にということで止める。
     その後、久しぶりにあちこちの店を眺める。
     買わなくても眺めるっていいなー、嬉しい。

     帰りにケーキを買う。

     
     夕方になり
     家の近くにある焼き肉屋さんに行く。
     旦那君の仕事の終わり時間がハッキリしてなかったので
     予約を入れてなく、やはり予想通りかなりの順番待ちとなる。
     待ってる間に旦那君も合流する。
     久しぶりに見る姿に驚く・・
     すごく痩せてた・・
     どうしたの? ってくらい痩せてた。
     
     いつの頃だったかわからないけど
     慣れた今までとは違う部署に替わり、大変なんだろなと推察。
     焼肉しっかり食べて元気出してなと思った。


     娘達の家に帰りケーキを一緒に食べる。
     しかし・・
     よく入るものだ、胃袋。
     甘ったるくないのでケーキを食べてる感がなくて美味しかった。


     
     そして
     いよいよ
     帰らねばの時間が来てしまう。
     時間はアッという間に過ぎる。

     ありがとう!
     見送りに出てくれた娘達と別れる・・





     この日はほんと久しぶりに楽しかった。   
     心の底から楽しかった。

     母には途中電話し、帰る車中でも電話し
     その声から変わりなく過ごしたんだと安心するけど
     たとえたった1日弱でも距離を置けたことがどんなに気持ち的に楽だったか。
     そうなんだよ、、ね。


     
     2日遅れの birthday の思い出。













     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
[PR]
# by momo5r | 2017-09-26 14:31 | つれづれ