私は家政婦か・・




f0031722_1051296.gif


     最近こんなことがよくある。
     鍋に何かを入れ、ガスコンロの火をつけたつもりが
          少しして気がつくと火がついてない。
          この夏これが何度かあった。
          その度に、あっ と新たに火をつける。
          カチカチカチ・・・




     昨日
     ロバが帰宅し、キッチンに居て話をしてて
     やはりガスコンロに鍋を乗せ火をつけたつもりが
     しばらくして 『おい 火がついてないぞ』 と言われる。
     あ・・・
     またか。



     『あんた だいぶボケてきたな』 とロバが呑気にほざく。
     その言葉、ロバにもそっくり当てはまる。



     なに?
     私のことをボケてきたと言う?


     
     確かにこの夏はいろんなことがあり
     暑いのと、いろんなことを1人で考えて対処しなければならない状況で
     多少? 頭の装置がイカレぎみなんだと感じてはいた。
     こんな頻度で火をつけたつもりがついてないということは初めてで。
     対処能力が制限を超えたんだと思う。


     どこかで書いたことがあるけど
     私はもともと世話焼きではなく、まめに世話を焼くタイプではない。
     自分で出来ることはなるべく自分でやって欲しいと常々思ってる。
     だけど、そんなことも言ってられる状況ではない時は
     これでも一生懸命やる。


     要は
     頭も心も疲れてるんだな、最近。



     私のことをボケてきたと言ったロバ。
     男は家族のために毎日働いて大変だと思う。
     でも、家に帰れば何もしない。
     家の中のこと、一体何してる?
     母のこと考えるでもなく、手伝うでもなく。
     気楽でいいよ、、、


     ロバの夕食前の楽しみといったら
     帰宅途中にスーパーに寄り
     好物のカマボコを買って家に帰り
     ワサビ醤油でそれを食べること。
     それをムシャムシャと食べながらのさっきのセリフ。



     なので
     つい 言ってしまう。

     「そんな毎日カマボコばかり食べて気楽だね」 
     「少しは私の手助けしてくれたらいいのに、私大変なんだよ・・」
     「例えば外の資源化ゴミの段ボール、あれ、まとめてくれるとか・・」

     そんなことでも大いに助かるのだ。



     少しは思うことがあったのか
     その後、外に出てゴソゴソしてたと思ったら段ボールをヒモで束ねてた。
     そうそう、やれば出来るではない。
     もっと気をまわしていろいろやってよ。
     男だからといって何もしないのは不公平だと思う。


     

     昨夜
     退院以来初めて母をお風呂に入れる介助をする。
     ほんとはもっと早くそうしなければと思ってたけど
     肝心の本人の体調がなかなかよくならず延び延びに・・
     シャワーではあったけど
     髪の毛から身体を丁寧に洗ってると軽く1時間はお風呂の中。
     母は久しぶりで嬉しそうだったけど、私は汗がタラタラ・・
     改めて、介護の仕事に携わってる方は大変だなぁと思う。

 
     そして
     やれやれと2階に上がりゆっくりしようと思ってると
     娘が肩に湿布薬を貼ってくれない? と言う。
     娘は肩こり体質、たまにこうして貼ってくれないかと私に言う。
     要はこれも甘えてるんだろと思う。


     なんか
     よぉく考えると
     家族みんなが私に寄っかかってる。
     冷静に考えると甘えてる?
     反対に、私はあまり甘えない。
     〇〇して欲しいとは殆ど言わないか・・
     自分で出来ることはあまり人をあてにしない。
     


     私は家政婦?
     主婦だからやるのは当たり前だと今まで思ってきたけど
     それもここへきて
     家族にとって、体のいい家政婦なんじゃないかと思えてきた。
     家事をして家族の世話を黙々とするロボット。

     
     あのね
     ロボットもたまには
     1日中 なぁーんにも縛られなくてのんびりしたいのだ!

     朝から寝るまでなぁーんにもしない。
     なぁーんも頭を巡らすことなく。
     自分のことだけ。
     ゆっくりしたいんだよ。




     願望は叶えられないけどね。 |ぺ)












     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
[PR]
# by momo5r | 2017-08-29 11:30 | つぶやき

音  忘備録




     更新がパタリと途絶えてからのことを記して置こうと思います。
     時系列がわからないほど色々あり忘れそうになる。
     ほんと、いろいろあった・・な。
     まだまだ進行中で落ち着く状態ではないのだけど。



     あれから
     母はずっと入院してて。
     肋骨の骨折が完治したわけではないが担当医からは退院を仄めかされてた週末。
     金曜日の夕方、その担当医から直接私に電話がかかる。
     その日の昼間、母のところに行き変わったこともなく帰宅してたので何かと驚く。
     突然熱が出たのでCTを撮ると、腎臓と肺に水が溜まって、肺炎になりかけてるという。
     ロバさんに連絡し、会社から帰りに寄って様子を見て欲しいと頼む。
     点滴と酸素吸入をし、そして導尿をしてた。
     結局、点滴は4日続き、思いのほか早く回復したらしいが、尿毒症だったとか。
     なので、退院は延びる。

     その間。
     京都の娘達が岡山に帰るということをどうしようかと思う。
     幼稚園が夏休みでもあり、こちらに帰るのを楽しみにしてる風なnikoちゃん。
     娘達が帰り、そのうち退院するであろう母のことを考えると
     2つの世話が同時進行することを思うと正直心が重かった。
     1つはとても楽しいことで嬉しい。
     1つはとても気が重い母のこと。
     退院しても元気な状態ではなく介護生活に突入するのはわかってる。
     でも、娘達が帰り
     ひ孫の様子を見れば母の気分も少しはシャンとするのではないかと勝負に出る。
     
     結局
     母が退院した日より、5日早めに娘達が帰ってくる。
     その間、2度、一緒に母のところに行く。
     とても喜び、いつもの様子とは明らかに違った。
     えらいものだ・・・

     そして退院する。
     今回入院して、薬の量が増えてることに気づく。
     薬の見直しで通常より半分に減らしてたのに、膨大になってた。
     
     退院して2日目の朝早く
     2階に居た私の耳に階下から大きな音が聞こえてくる。
     杖がバシャンと倒れる音とアーッという声・・
     急いで降りてみると母が仰向けに倒れてた。
     一瞬・・ ま た か  なんで? という思い。
     トイレに歩いててめまいがしてわからなくなったらしい。
     母は重い、1人ではどうやっても起こせない。
     娘を呼び、2人でやっと立たせる。
     肋骨の骨が折れ、少しは治りかけてた矢先にまた転ぶ・・
     この転んだことにより、またあちこち痛いと言うであろうことを思った。
     はぁ 溜息・・  なんてこった・・

     しばらくはその兆候はなかったけど
     やはり腰の痛みとか言いだす。
     やっぱりな・・

     そのうえ、いつものめまいがタッグを組む。


     

     
     娘達
     帰って来て毎日がとても賑やかになる。
     11か月になるkahoちゃんもつかまり立ちをするようになり。
     その様子を見るだけで微笑ましい。
     可愛いなと思う。

     同時に進む2つの世話でほんとはヘトヘトだけど
     癒されるのは確か。

     だんだん歩けなくなりどんどん忘れてく年寄りと
     これからだんだん歩くようになりいろんな事を覚えてく赤ちゃんを
     目の当たりにする。
     人の一生を思う。


     
     8月20日の日曜日。
     22日から始まるサマースクールの為京都に帰る娘達。
     せっかく帰ってきたので思い出作りと 6人で ヒマワリ畑 へドライブ。
     母にはお昼を用意しておく。




f0031722_122578.jpg




     この日はカンカン照り。
     暑くて暑くて、汗が止まらない。
     だけど、たくさんの人。
     ここのヒマワリは3度見れるらしい。
     これが3度目で、この日は最後の見ごろだったとか。
     ヒマワリの種が入った向日葵アイスも食べた。
     ヒマワリの種って美味しい。

     楽しいドライブだった。





     帰宅して、その夜。
     思いもかけない事故勃発。

     2階に居てトイレに行きたくなったnikoちゃんと一緒に
     後ろから付いて降りてた家の娘の目の前で・・・
     階段を降りて2・3段目からnikoちゃんが下まで転げ落ちる・・
     最初はズズッと仰向けに滑り、それから前に1回転して、下で伏せた状態に。
     両方の鼻から鼻血が大量に出、それをふき取るうち、鼻の下を切ってるのがわかる。
     ちょうど娘達をお風呂に入れようと先に服を脱いでた時だった娘
     そのただ事ならない音に、そのまま素っ裸で飛んでくる。
     泣きながら 『ママ だいすき』 と言う。
     え、なんでこんな時にこんなことを言うのかと、少し不気味だったと娘は思ったらしい。
     

     鼻血と鼻の下を切ってる以外
     頭に少しコブが出来てる風だけど外傷が見当たらない。
     でも、階段から転げ落ちたということで今後の心配は増す。
     救急外来の病院へ連れて行くことに。
     この病院、母が救急車で運ばれたところ。
     nikoちゃん知ってた、ひい婆ちゃんが入院してた病院だと。
     CTとレントゲンを撮り、頭にも身体にも異常がないとわかる。
     ほっと  一安心・・・・・ 

     2つの検査の時、怖くないから大丈夫だよと娘が言い聞かせ
     1人で診察台の上に居ても落ち着いていて泣かなかったらしい。
     検査にあたった2人の医師もちょっと驚いてたらしい。

     それにしても
     階段の上の方から転げ落ちて
     これだけのことで済んだ・・
     小さい子だから受け身が出来てるというのを医師が言ったそう。
     これが年寄りならどんなことになるのやら。
     この子は運の強さを持ってるんじゃないかと思った。


     切れた鼻の下と転倒して打って腫れた鼻頭にテープが貼られ家に帰る。
     
     ほんとは次の日の月曜日に京都に帰る予定が
     もう1日岡山に居て様子をみることになる。
     いつもと変りなく元気に過ごしたその日。
     顔にはテープが貼られ痛々しいけど。


     22日の火曜日。
     午後 2時11分。
     たくさんの荷物と2人の娘と一緒に京都に帰って行く車を見送る。


     2週間半の滞在
     毎日があっという間に過ぎたように思う。
     母のことと娘達のことと・・
     今日が何日で何曜日だということがわからないくらい。

     
     今回
     音というのに物凄く敏感になる。
     母の転倒した音と、入院中に私にかかってくるスマホの電話の音・・・
     電話が鳴ると
     また何か母の身に起きた? とぎょっとする。
     見かけない番号はいつも病院から。

     そして、nikoちゃんが階段から落ち
     それと一緒に聞こえた家の娘の大きな叫び声。

     何度 ぎょっとしたことか・・・



     今年の8月はいろんなことがあり。
     母の従妹の旦那さんが亡くなり
     そして、また最近 近しかった従姉も亡くなり  
     家の中でも、これでもかと思えるいろんなことが続き
     なんだか心が休まることがなく。
     そういう時ってブログを書こうと思えない。
     
     母のことは日々現実で。
     まだまだ書ききれないことがあるのだけど
     ひとまず、これまでのことをここに記すことに。


     親の面倒をみるということは
     大変なことだとつくづく身に染みて感じる
     暑い暑い 8月。












     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
# by momo5r | 2017-08-26 13:02 | つれづれ

好きなモノ





     この間の日曜日。

     珍しくロバから
     どこか行こうか と誘いがある。
     珍しい・・・

     たぶん
     気分転換になればと誘ってくれたんだと思う。
     ありがたいことだ。
     嬉しかった。


     どこか行くといっても
     今、私が行きたい所は別になく。
     ただ
     美味しいものを食べてゆっくりしたいだけ・・


     選んだのは     
     お腹いっぱい食べたいものを食べ
     そこでしばらくのんびりして
     その店の近くのお気に入りの本屋さんに行くこと。

     
     なんも他には願うことはなく。
     これまでの自分なら
     ちょっとそこまでドライブしようなんて思ったかもしれないけど。

     


     久しぶりに行った本屋さんで
     前から少し気になってた本を見つけました。





f0031722_1141368.jpg



     
     あっ やっぱりいいな
     パラパラっと見て買うことにする・・




f0031722_11435113.jpg




f0031722_11441345.jpg




f0031722_11442558.jpg






     好きなモノ。
     好きなこと。
     おなじ匂い。










     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・               
[PR]
# by momo5r | 2017-08-02 11:50 | つぶやき