~年末から年明けのアクシデント~ ①




今年になりあっという間に1月も半ば過ぎましたね。
去年の最後の投稿からちょうど今日で1か月。
実は、年末から年の初めにかけ、とんでもないアクシデントが起きました。
こんなことは過去を遡っても初めてで。。

12月26日、午前11時頃。
ババとの間にドタバタとしたやり取りがあり
その挙句、洗面所の狭い空間でババが大きく尻餅をつく・・
尻餅をついてしまうとハバはもうお手上げ・・
人工関節の手術をしてから膝を曲げることができないので両足は伸ばしたまま。
脚を曲げて自分で起きてくれればいいけどまるでダルマ状態。
おまけにかなり肉がついて体を起こしてやろうと思っても
ブヨブヨとしてて何処も掴みどころがない。
夜なら家族の誰かの助けを呼び、2人で抱き起すことも出来るけど。
1人なのでなんとかあちこち持って引き起こそうと思っても無理・・
そうやってるうちに、私の腰がゴキッっと嫌な音がする・・
・・・は、もしかしたらギックリ腰?!
そう思ってババに言うと、ハッハッハと笑いやがるのですよ。( ̄∇ ̄;)
その前にバチバチと火花を散らすバトルをやってたのでいい気味くらいに思ったんでしょ。
娘がギックリ腰になるということは、一体誰がアンタの世話をするん? 
誰もしてくれんよ、最大に困った事態になるというのに・・
頭にきたのでそう言うと、また笑いやがる・・ ( ̄д ̄)

どう思います?
この時ばかりは、というか
この転がる前のやり取りは、ババをほんとに軽蔑してしまう。
大きな声で喚き散らし、挙句の果てには
『もぉー 首を絞めて殺してくれー』
『叩き殺してくれー』
一体何なんだこの人は・・
ちょっとでも自分の思い通りにならないと錯乱した状態になる。
痴呆って、ほんと恐ろしい。

腰は、たぶん、ギックリ腰の手前の状態だったと思う。
ほんと、ギリギリで何とか持ちこたえてくれた?
これも、神様の配慮かもしれない・・
でも、ゴキッと音がしたのは確かで。

どんなに色んなとこを自分で持たせて立たせようと思っても無理。
もうここでほっといてくれと言うけど、頻尿の人間をほっておけば
その内、尿は垂れ流し、そこら中大変な事になるのは目に見えてる。
腰は痛いけど、ババの両手を持ち、部屋まで引っ張り動かす。
ベットの柵に掴まらせ起きてくれる事を願って。
この後またすったもんだがあり、肉を持つことを止め、服の裾を持つことにする。
フゥー フゥー の体で、やっと立ち上がらせた。
ババ、相当疲れたのか、そのままベットの布団に潜り混む。

その後、腰が痛くて歩くのもやっとの体で
年の終わりのババの薬を受け取りにいつものクリニックに1人で行く。
医師には、ババは気分が悪くなったので来れなくなった事を伝える。

この夜、娘にこの事を話すと
前に、くしゃみからギックリ腰になったことがあり
その時のベルトがあるから使う?と貸してくれる。
湿布薬とベルトを装着してその後ずーっと過ごすことになる・・
そして、ババの世話は休めない、必要最小限な家事をこなし年末に突入・・。

言ってましたよね?
今年は大掃除はしないことにしようと思うと・・
あれ、予言になってしまいました。
ほんとに作ろうにも作れない状態になってしまった。


そんな中
後から思うと怒涛の年明けに続く・・

続きます。( ..)φ









by momo5r | 2019-01-19 15:37 | つれづれ

シンプルな心で暮らしたい・・      日々のつぶやきです。         ☆ さくら


by momo5r
プロフィールを見る
更新通知を受け取る