2018年 07月 18日 ( 1 )

やっぱりな!




f0031722_10033874.gif








   昨日、隣のMちゃんとこに用事があって行く。
   Mちゃんはババの従姉の。
   玄関先で話をした。
   
   その中で相性の話になった。
   私はババとはどうしても合わないんだと言うと
   『そうじゃろな 難しい性格じゃと思う』
   『うちのおじさんもおんなじじゃったから、よぉわかるわ・・』

   Mちゃんの旦那さんは、もう30年近くなるのだろうか、亡くなって居ない。
   Mちゃんはそういう占いとかもよく知ってるんだった。
   ちょっと一筋縄ではいかない難しい部分があるというのを実感してたのだろう。
   過去、ある占いを見て、ババとおじさんが全く同じだと思ってたのだろう。


   『あんたんとこは、お母さん以外はみんな相性が良かろう?』と言う。
   うんうん、そうなんよ と言うと
   『そうじゃろな、お母さんだけが1人違うんよな』と。
   要は、家族の中で浮いてる存在のような・・
   でも、確かにそうなので、かなり納得。
   Mちゃんもおじさんの扱いには苦労したようだった。
   というか、その他、色んな苦労をしながら今に至ったんだろなと想像する。
   だから、Mちゃんの話には説得力がある。
   なんでもスーッと心に入って来る。
   要は共感できるのである。
   ババとの会話では得ることの出来ないこと。


   私は占いが好きだけど、何から何まで鵜呑みにしてるわけではない。
   読んでも、感覚で感じてるというか。
   身の回りの人とか、ふと思ったら相性とか調べてみる。
   ハバとの相性は、過去どんなものを眺めてもピンとくるものがなかった。
   ・・・が、もの凄く言い当ててるものに最近行き当たる。
   もう何年も前に購入し、普通の占いとは違う、裏から見た占いというか・・
   わかりやすくいうと、少し捻った、少し穿った見方の本。

   当時ババにはちっとも興味がなかったので調べたこともなかった。
   他の家族のことはみんな調べたのに・・ ハハッ
   この本のことを思い出し相性を見てみた。



   すると

   あ! やっぱり! やっぱりそうだったんだ!



   もう 妙に笑えた。
   正にそうなのである。





f0031722_10471922.gif



   





   
   常に自我がぶつかり合い、常に怒りが・・ 
   相手への反発となり牙を剥き出しにする。
   自分の思い通りに操れない相手を地団駄を踏んで怒りまくる。
   まるで仇同士のよう・・
   これは1つの悲劇である。
   仕事の関係でもうまくいくはずはなく
   意見を出し合い建設的な方向へ向かうようになることなど
   この相性では考えられなく。
   普通でも、同じ環境では共存できない宿命の相性とか。
   


   自分の親なのに
   何でこんなに何から何まで突っ込みどころ満載で
   何でこんなに考え方が合わないんだろと思ってた。
   私は親不孝者なんだろか・・
   でも、これでなんとなく解明できたように思う。
   そこには、どうしてもお互い、相交われないものが存在するんだということが。

   だけど
   赤の他人なら話さなくてもいい
   どうにかして距離を置くこともできるかもしれない。
   でも、一緒に暮らさなくてはならない境遇。
   
   
   

   
   
f0031722_11002382.gif

   

 アイショウノマカフシギ











by momo5r | 2018-07-18 11:21 | おもふ・・

シンプルな心で暮らしたい・・      日々のつぶやきです。         ☆ さくら


by momo5r
プロフィールを見る
更新通知を受け取る