2018年 09月 05日 ( 2 )

いよいよ・・




f0031722_13294829.gif








   今朝は雲一つなく青い空が広がる。
   昨日の台風が嘘のよう。


   ババはデイサービスに行ってくれた。
   先週の土曜日は、これから一切行く気なしと見えたのに。
   これからが1番利用しなければならないというのに
   まるで縁をバッサリと切りたいという感じに話す。
   なんもわかってない、娘も日々大変だということを。

   そう話してみても
   暖簾に腕押し、糠に釘、打っても響かない破れた太鼓。
   娘のことを考えたこともないよな反応がかえってくる。


   昨日
   テレビをずーっと見てるババが私に言う。
   画面は台風情報が続いてた。
   『これはドラマなん?』
   はぁ・・?
   台風の状況を伝える放送をドラマかなにかと思ってるよう。
   「これはドラマじゃなくて今の台風情報だよ」 と言って聞かせる。
   『へぇー そうなんか ドラマじゃないんか』

   しばらくして部屋に行くと
   相変わらず画面は台風情報が流れてて・・
   また 『これはドラマなん?』 と聞く。
   それでまた 「これはドラマじゃなくて今の台風情報だよ」 
   ふぅーん という反応。

   
   今日はデイに行って欲しいので
   昨日の昼間、お風呂でシャワーをするように促す。
   最近、お風呂は嫌がるので1週間に1度くらいの入浴。
   すると
   『台風でもお風呂に入ってシャワーするん?』と妙なことを聞く。
   外が台風でも家の中は関係ないから大丈夫だと言い聞かす。
   それに、普通の人は毎日お風呂で体を洗い
   外の天気が悪くても毎日入るんだよと言うと
   やっとゆっくりとその気になった。


   そして、夜。
   次の日にデイに着ていく服を用意して
   これとこれを着て行くんだよと言うと
   今履いてる下着のパンツは履き替えるんか? と聞く。
   それは昼間シャワーして新しいのに着替えたからそのままでいいんよと言うと  
   え、シャワーをした? と驚いたような顔をする。
   シャワーをしたというのも身に覚えがないらしい。
   自分で顔を洗い、自分の頭を自分でシャンプーしたというのに・・
   その質問の方が驚きである。

   
   今朝
   デイのお迎えの車が来るのは 9時5分の予定。
   今朝は珍しく、30分も前に支度が出来る。
   なので、武蔵はまだか?状態で待ってた。
   8時45分くらいになると
   もう、とっくに車の迎えが来て
   自分は忘れられてしまってるんじゃないかと思った風に言い出す。
   いやいや、まだまだ充分時間があると言ってもブツブツなにか言ってる。
   ババは被害妄想が凄い。
   

   その他にも、日々色々妙なことを口走る。
   いちいち覚えてられないので都度削除するようにしてる。
   こっちの頭の中が感化されそうで恐ろしい。

   
   ケアマネージャーさんは月一訪問してくる。
   ババのとりとめもなくあっちこっちに飛ぶ話っぷりをフンフンと聞いてる。
   先週の金曜日の時のババの様子を見て
   たぶんおそらく何かを感じたと思う。
   これは おかしいぞ と。
   が、何を話しても否定することなく接する。
   それは痴呆の人に接する鉄則なんだろう。
   
   私は思う。
   他人なら、仕事なら
   そういう風に冷静に接することが出来るのだろう。
   でも、直に毎日接してる人間はなかなかそういう風には出来ない。
   身内だから、尚更そうである。  
   もう少しどうにかならないだろうかと思うから。


   最近
   普通に歩いて
   普通に会話してるお年寄りを見ると凄いなと思う。
   あんな風に普通に会話のやり取りが出来るなんて凄いなと思う。
   私はババと普通に普通のことを会話出来ない。
   そんなことが普通に出来る親子がものすごく羨ましい。
   ほんとに 羨ましい。


   いよいよ・・

   





   珍しく2つの投稿*

   ずーっと更新してないのですが
   いろんなことが頭を過る今日この頃。










by momo5r | 2018-09-05 13:31 | つぶやき

目立つんですけど・・・






f0031722_10055201.jpg



  
   7月の中頃
   とてもとても尋常じゃなく暑かった日。
   家の娘が私の車を運転し一緒に買い物をし移動中。
   赤信号にかかると、次も次もという、ついてない日ってありますよね。
   その日がそう・・
   
   私の車、そのたびにエアコンから噴き出す風が温風に変わるのです。
   もう、溜まらなく暑くて暑くて我慢も限界で。
   設定温度、22度にしてたかな、その時・・
   風も最高の吹き出しにしてたのに、快適どころか不快そのもので。
   涼しいどころか、車の中で熱中症になりそうで。
   でも、それはみんなも同じだと思ってたんです、その日まで。

   娘 『おかしいな、このエアコン』
   私 「え・・これって、おかしいん?」
   娘 『うん、こんなことにはならないよ、普通』
   娘の車は24度設定でも涼しく走ってるらしい。
   こういう特別暑い日中では設定温度ももう少し低くなるとは思うらしい。
   そう言われると、そうか・・やっぱり? 
   いつも我慢して乗ってた・・

   もしかするとエアコンのガスの問題?という話になり
   その後、日を変え、車を購入したディーラーさんで調べて貰うと
   ガスではなく
   もしかすると配管の部分に何か問題があるのかもしれないと言われる。
   でも、設定温度を低くして走ればいいのではと。
   
   私の車、もう少しで10年選手。
   そろそろ来年辺りに車の買い替えをちょっぴり考えてた。
   でも、何も不満もなく走り易い、気に入ってた。
   来年辺りとなんとなく思ってたので
   まだまだもう少し大丈夫、この夏を超えてくれればいいんじゃない?と。
   で、それからは、最初19度設定で、風も全開で・・
   それくらいで、やっと普通に涼しくなるという日々を送ってた。


   そんな、8月の終わりのある日。
   京都の娘達も帰り、なんだか無性にうどんが食べたくなる。
   母は珍しくもデイに行ってくれ、ほっとした日。
   例の ‘はなまるうどん’ で コクうまサラダうどん を食べようと思う。
   ‘丸亀製麺’ に行こうかとも思ったけど、予定変更。
   後から思う、予定変更しなければ良かった・・

   お昼の1時過ぎだったので駐車場は満車状態。
   よーく見ると、1台だけ空きスペースを見つける。
   隣にはタクシーが止まって、中には運転手が居た。
   そこは他とは違って妙な場所だなとは思った。
   後ろには何かわからないコンクリート製の大きな物体があり
   それがあるだけに、そこだけ斜め前に駐車しないとならないような。
   これでいいかなと思いバックするも、うまくいかない。
   隣のタクシーに合わせようとして何度かやってるうち・・
   他のスペースには車止めの縁石があるのにそこだけは何故かなく・・
   バックしてるうち、後ろにかなりの衝撃を感じる。
   ギョッ! もう、もの凄く悪い状況しか頭に浮かばない。
   慌てて車から降り見ると・・
   後ろドアの下側が1部分凹み
   その下のバンパーも1部分凹み切れてる
   ナンバープレートの淵も1か所切れぷらんぷらんしてた。
   くっつくかなと思ったけど、ビヨヨーンと跳ねどうにもならない。
   
   せっかくうどんを食べようと思って来たのにテンションがた落ち⤵⤵⤵
   あー  やってしまったな・・・

   もう少し羽を広げてあちこち行こうかと思ってたけどこのまま家に帰る。
   帰りに100均で金属に効果ある強力接着剤を買う。
   さっそく試してみるけど、ダメだこれ。
   塗ってみただけ、またまた酷くガッカリ。

   
   エアコンのこともあり、そして自分でやらかした車の損傷。
   来年辺りと考えてた車の買い替えがやけに現実味を帯びる。
   
   車のディーラーに足を運びこの2つの件を話す。
   エアコンをもう一度見て貰うと前に見た時とは状況が変わり
   エンジンにかなりの負荷がかかっており
   このまま走り続けるといつか今まで見たこともない赤ランプが点灯し
   そうなると、車を車道の路肩に止めジャフに来てもらうということが
   いつか起きるかもしれないし
   それがいつそうなるともハッキリとは言えない状況だと言われる。
   持つか、持たないか、どちらにしても時間の問題だなと思った。
   修理するとすれば、結構な額になりそうで・・
   それと、車の損傷した部分の修理も一緒にすればもっと・・
   それらにかかる費用を新しい車に費やしようと思う。

   ならば、一刻も早く、車の買い替えへと気持ちが移行する。
   今、納車まで、早くても1か月、もっとだと2か月ほどかかるらしい。
   これがいいなと思ってた車種に決める。
   乗ってた車はエアコンの不具合もあり、乗れないというか乗らないことに。
   それまで代車を出してくれるという。
   本当は、新しい車が来るまで、最後まで乗り続けたいと思ってた。
   でも、急にこんなことになり別れが早くなってしまった。
   なんというか、なんだかとても寂しい感覚・・
   代車との乗り換えに行く日、最後の洗車をする。
   ありがとうね、今までほんとありがとう。。



   そして出して貰えるという車の色。
   出して貰えるというので色のリクエストなど出来ないと思ってる。
   が・・・・・
   なんと、とても鮮やかなブルー。
   自分ではとても選ばないブルー。
   とても目立つ。
   これから1か月は乗るであろう。
   家に駐車してたらかなり目立つ。
   あれ? 車変えた? あのブルーに・・?
   と、たぶん、近所の人は思うであろう。
   いやいや、違うんですよ、これは代車なんですと言いたくなる。
   車の窓に <これは代車です> と張り紙したくなる。 (苦笑

   あのことがあってから
   車のバックが苦手になり、まるでトラウマ。
   このブルーの車を昨日初めて自分で運転しバックをした。
   やけに後ろの視界が狭くとても見づらいと感じる。
   運転席と助手席のヘッドが胴体と一体化してる構造でそそり立ってる・・
   おまけにブラック、後ろを振り返るとそれが大きな壁になり
   後ろの窓も小さくて、ほんとに見づらい。
   なら、ナビに付いてるバックモニターを見れば?
   でも、バックモニターは前の車には付いてなく慣れてない。
   慣れてないバックモニターとえらく見づらいバック走行・・
   なんか、乗るだけで気を使って疲れてしまった。
   借りてる車、運転を失敗してはならないと思うから。


   今朝、キッチンの窓の側を隣のMちゃんが娘さんと一緒に通った。
   Mちゃんは今日はデイサービスに行く日。
   車椅子を押してゆっくり歩くお母さんのMちゃんに
   娘さんが話しかけてるのがたまたま聞こえて来た。
   『〇〇ちゃん(私) 車を買ったんな』 と言ってた。
   え! あれは違うよ、代車だよー! と
   一瞬 窓を開けて言いたくなった。
   でも、止めた、話すとその経緯が長くなるので止める。
   やっぱりな、みんな思うよな
   あのとんでもなくブルーの車、買ったんだと・・
   知らない人はみんなそう思うよな。

   代車なんだよ。
   私は選ばない色だよ。
   ムムム (@_@。


   それにしても
   目立つんですけど・・・
   

   出先の駐車場に止めるとどこにあるかすぐにわかる利点はあると思う。
   けどね、このブルーは。
   街中でも走ってるのをなかなか見かけない。


   
   早く自分の車に会いたい。( 一一)
   つぶやき。











by momo5r | 2018-09-05 12:22 | つぶやき

シンプルな心で暮らしたい・・      日々のつぶやきです。         ☆ さくら


by momo5r
プロフィールを見る
更新通知を受け取る