カテゴリ:おもふ・・( 172 )

なにからなにまで突っ込みどころ満載





   今日からブログでは母のこと、ババと表現します。
   あまりにむかっ腹が立つと クソババァ  と思ったりしてますが。
   最近、正直に思ってることをブログに書いてます。
   かなり洗いざらい書いてるので
   こんな愉快でない話は見たくないと思われた方は去られてるんだと思います。
   ブログは私の心の中、その都度思ったことをここに記すことで
   私の精神安定剤的な役割を果たしてくれてます。
   なので飾りもなく、正直な気持ちです。


   ババは突っ込みどころ満載な人間。
   私にとって言動すべてがそうなのです。
   そして、かなりのわがまま大王。
   突っ込みどころ満載というのは、共感できない部分が多いということ。
   共感できる部分の多い人は、たぶん突っ込みどころ満載ではないと思う。
   それが、話してて楽しい人の突っ込みどころ満載というのとはわけが違い。
   
   先週の木・金の午前中、私が勧めたわけでもなく
   自ら思い立ったのか、シルバーカーを押し散歩に出かけるようになる。
   ずーっと長い間、どんなに言っても行こうとしなかった。
   たぶん、あのボーダーの部屋着を着るようになったからだと思う。
   外に出かけようという気分になっただけでも一歩前進だと思ってた。
   土曜はデイ、日曜は行かず、そして昨日
   晴れてるので行かないのか?と尋ねると
   風がもの凄く吹いてるので飛ばされるから行かないと言う。
   は? 飛ばされるほど吹いてる? 風は確かに吹いてるけど飛ばされはしないだろ。
   この頃から、夕方に向け、ババの言動は怪しい雲行きになっていく・・
   その時にふと感じたことが現実に向け。

   この日まで、散歩にも出かけ普通に生活してた。
   お昼ごろからベットの布団の中に潜り寝てる。
   なんか調子がよくない風・・に。
   お昼を食べさせると普通に食べてた。
   そして夕方になるにつれ、またベットの中。
   具合がよくない、好きにさせてくれと言う。
   なので、何も食べたくないと言う。
   ははぁ・・ わかった。
   明日はデイの日、最近はデイの前の日になるとこういう調子になる。
   行かないといけないと思うと具合が悪くなるのか
   自分でそういう風に追い込んでるんじゃないかと思う節もあり。
   せっかく作った夕飯を食べさせる前にもスッタモンダがあった。
   スッタモンダの挙句口にしたのはいつものセリフ。

   「もぉ 早よ死んだ方がええと思うとるんじゃろ」
   「もぉ 何もかもめんどくせんじゃ」

   こちらこそ もう なんてめんどくさい!
   その場に居た、ロバも娘もそう思ったと思う。
   このセリフは過去何度聞いたことか。
   このセリフを言うことでどんな効果を期待してるのだろ。
   なんも起きない、只々、呆れるばかりだ。
   早よ死んだ方がいい人に食事は取らせないだろうし薬だって飲ませない。
   そうして放って置けば、徐々に弱って行きあの世へと向かうだろう。
   ババは1人暮らしなら、たぶん遠の昔にそうなってるだろうと思う。
   一緒に暮らしてるからこそ、今生きてるんだと思う。
   食事を作ってもらえる
   いつも座れば食べれる状態だというのになんてわがままな人なんだろと思う。
   隣のおばさんは1人なのでどうしてるんだろかと
   負けん気の強い人なので聞きたくないだろう
   こっちも言いたくないけどあえてババにそう聞かす。
   その一言で、いつもならゆっくり食べる人がかなりの早さで食事を終える。
   後で部屋に行き、明日はデイはどうするん? と聞くと
   案の定 行かない 具合が悪いからと言う。
   やっぱりな・・

   朝になり
   案の定 引き続き具合が悪いと言う。
   デイを休むと自分から電話したと言う。
   めまいがして歩くのもフラフラで薬をくれと言う。
   そのいつもの薬も私が取り上げてしまったと言う。
   取り上げてしまったなんて、人聞きが悪い。
   いつ飲んだか、飲まなかったのか、わからないようになってる。
   そんな人に薬を管理させられない。
   そのことを何度言っても、度々そういうことを言う。
   
   朝のパンを食べ薬を飲み
   これでデイにも行かなくて済むと思ったのか
   あんなに具合が悪いと言ってた人が
   テーブルの上に新聞を広げそれを眺め
   部屋ではテレビを見て普通に過ごしてる。
   
   あれは大芝居を打ったとしか思えない。
   とんだ 猿芝居。
   すごい豹変ぶり。
   開いた口が塞がらず。
   
   
   突っ込みどころ満載の人とは一緒に生活するとストレスを生む。
   長生きした猫のジュリーも、猫なのに突っ込みどころ満載だった。
   2人は似てる。(1人は猫だけど)
   私には妙なジンクスがあり。
   私が気に入ると店でもなんでもある日突然なくなる。
   可愛がってた気に入ってた猫、マックスとこさくは早くに居なくなり。
   でも、突っ込みどころ満載のジュリーは20年も長生きする。
   不死身なのではないかと思うほど色んな出来事を経て・・
   ババは、このジンクスの裏返しなのではないかと思う。
   なんなんだろ、私のジンクス。
   サッシノイイカタハ コノコトバノイミガ リカイシテイタダケルデショカ
   

   隣のおばさんがババのことを
   「言葉を選んで話さないといけない人」だと言ったことがある。
   うん、全くその通り。
   自分の親でもほんとのことを話せない、言えない。
   どこか気を使って話さなきゃならない。
   それが身内、赤の他人じゃないのに。
   私にとってロバの方がよっぽど本心が言える。
   なんだかんだ言ってても
   ロバはいい、根に持たない、あっさりしてる。
   私はいい人を選んだと思う。
   親は選べないけど。


   えらく長々と書いてしまいまして・・
   ここに書いたことはほんの一部分の思い。
   地球から言うと、ほんの一点でしかなく。
   それほど突っ込みどころ満載なババ。
   あ、昨日から今朝は ババァ  :)









by momo5r | 2018-05-23 11:50 | おもふ・・

酔っ払いとペテン師







   子どもの頃。
   うちの家には色んな大人の人が出入りしてた。
   子ども心にも、貧しくて狭い家なのに。
   社交的な父だったからなのか。
   馬が合えば、すぐに長年の知り合いのようになれる人だったと思う。

   そんな父のもとに
   いつも酔っぱらって家に来る近所のおじさんが居た。
   自分んちで一杯引っかけてフラフラとやってくる感じの。
   いつもフラフラ歩いてるので、よく溝とかに落ちたり
   あちこちで転んだり、骨折したり。
   今から思う、奥さんにとっておじさんは心配の種だったんじゃないかな・・

   酔っぱらって来て話をするのでおじさんの話はいつも堂々巡り。
   あれ、さっきその話聞いたな?
   同じ話を繰り返し話してると、子ども心にも思ってた。
   なので、酔っ払いってこんな風になるんだと教えられる。
   酔っぱらうとしつこいなと思ったりする。

   でも、なぜかこのおじさんのことは嫌いではなかった。
   どこか浮世離れして飄々と生きてる感じ。
   父もそういう人だったので2人はお互いどこか馬が合ったんだろと思う。
   大人になって思う・・
   おじさんは、お人よしで優しい心根の持ち主で
   十分大人なのに、珍しく、邪気が感じられない人。
   子どもなりに何かそういうものを感じていたのかもしれない。
   そうそう、猫を可愛がりよく世話をしてた。

   霊感もあり、よく不思議な話をしてた。
   それが面白いの。
   好きだったな、そういう話を聞くの。
   デザイン画を描いたの見せてくれたり。(すごく巧い)
   若い頃はアコーディオンを弾いたり。
   ある時は個展を開いたり。
   普段の酔っぱらってるおじさんからは想像できないほど。
   たぶん、芸術的なセンスを持ち合わせてる人だったんだと思う。
   そのおじさんももう亡くなってしまったので
   そういうこと、見たり聞いたりすることもなくなってしまった。

   あ・・ 追記です。
   なんでこのおじさんのことを今日は書こうと思ったのか・・
   記憶を手繰れば、おじさんの命日は確か今の時期・・
   なんか不思議なものを感じてます。







   

f0031722_11422605.gif




   この話に付随する話・・・

   私は
   その日ポーンと感じたことをスマホのメモに書き留めたりしてます。
   ブログにも書けないような心の中を記して発散してるんですが。  
   ある日のメモから・・


   「稀代のペテン師」


   しらぬい というミカン。
   3個入りを買って2個母に渡す。

   (しばらくして)
   あれ、美味しかったろ?と聞くと
   アンタに1個あげたと言う。
   え、貰ってないし・・
   その内1個は渡した時にすでに自分の分として取っておいたもの。

   なんでそんな風にコロリと変わるのか?
   アンタ(母)は稀代のペテン師だ。
   ペテン師なんだと考えれば何を聞いても全部府に落ちる。
   平気であったことを無かったと言い、無かったことをあったと言う。

   だってアンタはペテン師だから。




        




   酔っ払いは話が堂々巡りになる。
   おなじことを繰り返し何度も話す。
   何度も話してるということを自覚してない。
   自覚してないのだから
   聞いてるこちらはしつこいなと思う。


   酔っ払いとペテン師。
   母をそう思うことにすれば、そうなんだと諦めることも出来るか。
   けど、まだまだそのランクに浮上できず
   水面下でバタバタあがいてる自分。
   \( `°´)/ アップアップ










by momo5r | 2018-05-15 12:23 | おもふ・・

波長が合う





f0031722_11014589.gif




   
 
   この間
   私の興味を引く何か面白そうなところはないかと検索するうち
   家から近いところに、あるお店を発見。
   直感でというか、感覚で行ってみたいと思いました。
   そうするとすぐに実行。





   くらしを彩る生活雑貨と出会える専門店!
   すべて使いやすさや機能性が充実していて聞けば聞くほど欲しくなるかも?
   と、紹介されてたとおりで、なんというか、ここにあるものがすべてツボで。
   初めて行った店で初めて会ったオーナーの方(男性)なのに
   色々説明してもらってるうちに、驚くほどこの方とはすごく波長が合うなぁと感じる。
   店内に流れてた音楽のことを尋ねると、好きなアーティスト名が次から次へ・・
   革が好きだということ。
   ミシンを使うらしく自分好みのエプロンを縫いたいのだということ。
   もともとは工具を扱ってたというのも興味深々。
   私は女だけど工具が好き、色んなものの名前も全然詳しくないのだけど。
   神戸の古着屋さんで働いてたということからか、店内はなんとなくシャビー感が漂ってる。
   扱ってる商品は、ここに居ると全部欲しくなるものばかり。 アブナイ アブナイ
   何歳なんだろと思ったので尋ねると、この日一緒だった家の娘と同い年。 オォ・・





   お店に居た時間はあっという間に流れ。
   なんと楽しい時間だったんだろ、近来になく楽しかった。
   




   思ったのです。
   波長が合うって、性別・年齢・立場・関係なくあるものだと。
   私はたまにこんな風にひょっこり出会った人で物凄く波長の合う人に出会ったりします。
   だいたいそれは、たまたま入ったお店でというのが多いですね。
   感性でその仕事に携わってる人とか・・
   私自身、感覚人間だというのもあるのかもしれないのですが。





   波長が合う人とは価値観や考え方がよく似てるため
   相手に話を合わせようとしなくても自然に話が出来る。
   話が弾み、楽しい時間を共有できる。
   一緒にいて緊張することもなく、気持ちが落ち着く。
   同じような趣味を持っているとかライフスタイルや経済状態なども似ていたりする。





   波長が合うというのを調べてみたらこう書かれてました。
   ですね、そうそう。
   なかなかそういう人に出会わないのだけど
   出会うと凄く嬉しいものです。 (´▽`)



























by momo5r | 2018-05-02 11:51 | おもふ・・

几帳面さん と 自由奔放さん




   同じ両親から生まれても性格って違うんだね、おもしろい。



f0031722_12514521.gif




   お姉ちゃんは真面目で几帳面。
   玩具のキッチンセットも使い終わったらピシっと整ってる。
   雑貨屋さんでハンドクリームのお試しを使ってみようとしたら
   「勝手に使っちゃダメでしょ」と言われる。 (私)
   『あ、これはお試しだから誰でも使ってみてもいいんだよ』と言うと
   ふぅーん て、わかったのかわからないのか・・ (@_@。
   まるで生活委員だ。
   きちんとしてるのはいいんだけど、ね。 



   妹は自由奔放。
   最近、お姉ちゃんに取られそうになると取られまいと凄く頑張ってる。
   ある日、持ってるモノをお姉ちゃんが頂戴と言うと
   ニンマリと笑って渡さなかったとか。 (ニンマリと笑って渡さないって)
   一瞬でサササーッと移動するので動きが読めない、まるで忍者のよう。
   自由奔放にあちこち勝手に行動する。
   大きなお店では目が離せない。
   犬の散歩用の伸縮するヒモとか繋いでないとたぶん迷子になる?

   
   ほんと、違うものだね。


   私には兄弟姉妹がいないので
   もしいたとすればどんな性格してるんだろと思ったりする。

   母に似れば、凄く几帳面でクソ真面目な人?
   父に似れば、自由奔放で枠にハマらないオモシロい人?
   よく考えれば、まったく似ても似つかない2人だったんだね。
   だから色んなことで合わなかったんだなと今ならそう思う。

   
   几帳面さんと自由奔放さん。
   これからどんな風に変化を遂げるんだろ。 (‘ε´ )






   久しぶりにスキンと設定を変えてみました。
   なんだかスッキリしました。
   たまには気分転換!
   春だし!








   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
by momo5r | 2018-04-13 12:44 | おもふ・・

わかるものだな




f0031722_10132871.jpg



   トマトの赤に元気をもらおう**





   最近メルカリを利用してます。
   殆どハンドメイドのものが主に。
   私は購入の専門で。 (´ー`)\  
 

   メッセージのやり取りをするんですが
   あの短い間の言葉のやり取りにも人柄って現れるものだなぁと。
   取引が新しい人だと、どんな人だろ?とちょっとワクワクしたり・・


   とても誠実さを感じる人
   温かい人柄を感じる人
   凄くマメな人
   ちょっと素っ気なさを感じる人
   なんだか機械的な人


   色んなタイプの人が居るのだけど
   ブログでの文章とか
   コメントのやり取りでも
   その人の人柄って感じますね。
   (私が特にそういうことを瞬時に感じる人なのかもしれないですが)


   メルカリとかラクマ
   結局マメなタイプの人じゃないとダメなんじゃないかと思います。
   マメで誠実な人が向くと思う。
   私はメッセージのやり取りは全然苦じゃないけど
   その都度、梱包して発送するという作業がどうも得てなくて。
   なので、私には向いてないなと毎度確信してるんですね。

   
   最近、人間は人柄だなと思うようになりました。
   たぶん、小さな頃からなんとなく感じて育ってることだと思います。
   不思議な能力・・

   どんなに世間的には立派な立場の人でも
   その人の中身を見て感じます。
   なにか、尊敬できる部分を持ってる人には親近感を抱きます。


  


f0031722_1105525.gif 



   今日は水曜日。
   晴れてて春らしい日。
   だけど母はデイを休む。
   どうして?
   行っても楽しくないんだと。
   家でのんびり寝たり起きたりしたいらしい。
   何をするにも年をとったので大儀なんだと。 
   頭ももう半年くらい美容院に行ってないので
   白髪と伸び放題の姿はまるでヤマンバのよう。
   なので美容院に行くことを勧めるけどそれもどうやら大儀らしい。 
   私は、もう少し身綺麗で小ざっぱりした母で居て欲しいと思う。
   最近、少し食欲も戻りなんとなく元気そうなので昨日ほんとは美容院に行く予定だった。
   なのに、朝になったらベットで寝たまま起きようとしない。
   このまま寝てて死ねたらいいんだと言う。
   え・・ なんで極端にそういう風に気分が変わるの?
   脇腹も痛いしそんな気分にならないと言う。
   頭を綺麗に整えたら
   鏡に映る自分の姿を眺めても少しは気分もupするんじゃないかと思うから勧めてる。
   でも、最近の母は何事に対しても気力は希薄。
   それがその外観にも如実に表れてる。
   昔は・・・ 若く見えると言われる母だった。
   
   いろんな場面を見せてくれ
   いろんなことを考えさせてくれる。
   反面教師になってる。
   
   最近、人が生まれてくる意味を調べてみました。
   人生とは修行なんですね。
   またこのことを書くかもしれないし書かないかもしれませんが・・・
   気まぐれなもので。 (/_・) 









   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by momo5r | 2018-03-14 11:21 | おもふ・・

夢を見て寝言を言う。




   最近、私
   かなりハッキリ寝言を言ってます。
   それも怒ってるんです。

   夢の中で起きてることに対し怒ってるみたいで
   その自分の声で目を覚ます・・
   

   これヤバくない?
   と思ったのでちょっと検索してみたんですが
   どうも当てはまるのは日頃のストレスかもしれないです。
   そうなんですね、ストレス溜まってるんですわ。


   その原因となるのは母だと思う。
   ほんとにかなり呆けてきて。
   1日何度もいつも決まった場所に置いてる新聞を見る。
   部屋のドアが開いたと思うとやって来る。
   何を見てるかというと
   今日は何日の何曜日かということを確かめる為らしい。
   なら、自分の部屋に新聞を置いとけばいいのにと思うけど
   こうして見に出てくるというのがいいのだと。
   へぇー 何度も何度も面倒じゃない? と私は思う。
   それにしても、何度眺めてもすぐに忘れるって、凄いわ。

   
   あることを説明しても
   理解するように話して聞かせることにずいぶんエネルギーを費やす。
   こうしてどんなにわかるように話してもすぐに忘れてしまうんだから
   話しても無駄じゃない? と最近は母に言うのだけど
   いいが、それでも話してくれたら と言う。
   まるで、その辺の石に会話してるよう。
   脳みそを持たないその辺りのものに話してるような感覚。


   うーーーーん それってな・・・ 
   怒りの感情がムクムクと (# ゚Д´)




   
   ずいぶん若い頃の記憶はやけに鮮明で。
   驚くほどしっかり蘇るらしい。
   
   
   毎日毎日その繰り返し。
   まるで、エンドロールなしの映画のよう。

   私は毎日お守りをしてるんだと今朝思った。
   先の見えないお守りは ツカレル。
   精神的に 酷く ツカレル。


   最近思う。
   多少いい加減に対処した方が楽だ。
   だから、うちのロバくらいの性格が丁度いいと思う。
   あのいい加減さは母が何を言おうと気にもせずスルー出来るか。
   でも、細やかに対処できるタイプではないので母にとってはどうなんだろ?
   私は母ほど几帳面ではないけど、けど、それなりに対処してるつもり。
   なので、こんなにもツカレルんだろなと思う。
   ・・で、夢を見て大きな寝言を言うようになったんだ・・・


   寝言の対処法は原因となるストレスをなくすということらしいけど
   私はそのストレスをなくすということが出来ない生活を送ってる。
   空気抜け出来ることを見つけなくてはやってられない。
   
   以前はデイサービスに行ってくれることが嬉しかった。
   でも、最近は違ってきてる。
   次の日行くということは、前の晩から色々大変で。
   普段、お風呂に全然入りたがらない人を入るように促す。
   お風呂に入ると気分が悪くなりしんどいということがインプットされてるみたいで
   大丈夫だからと言ってもずいぶん渋る。
   やっと入ってくれたと思うと出てからも寝るまで色々あり・・
   デイに着ていく服も、選んで、いい聞かせてるのに朝になると
   なんでこんな格好するのって服に変わってることがあり。
   お迎えが来て出て行ってくれてやっとヤレヤレとなる。
   
   前はそうじゃなかったと思う。
   行ってくれたら嬉しいわ、という。
   あまり手もかからずお風呂に入り自分で支度して出掛けてたんだろな・・
   あの頃はまだ良かったんだ・・ 回想。



   夢を見て寝言を言う。
   これ、笑えない現実。 
   トホホ・・・






   今日は連投でした。
   4つも更新するとは私の中では快挙です。 \('ー')









   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by momo5r | 2018-02-26 15:25 | おもふ・・

なんだかな。




   最近ずっと なんだかな。
   心が浮かないのです。

   ブログ更新して11月4日のことを書き留めて置こうかなと思いつつ今に至り。
   その時に感じたことを書けば少しはスッキリする?




   11月4日 土曜日。
   暖かい日だった。
   薄手のニット1枚で充分なくらい。
   小中時代の同級生の女性ばかり7人集まる。
   ランチしながらの・・

   この会が始まるまでは、正直参加するのが億劫だと思ってた。
   中学を卒業以来会ってない人も居た。
   で、別に会って話をしなくてもいいと思ってた人も居た。
   が、それは違ってた。
   子供の頃の印象は時間が経つと変わるんだなと思う。
   たぶん、今だから良かった、話を聞いて良かった。
   
   母親の介護をしてる人が2人。
   1人は同居、1人は近所に住んでて面倒をみてる。
   同居してる人の話を聞くと、これは母よりは上だなと感じる。
   介護認定2で、今、支援2の母よりも。
   でも、認知度がかなり危うい母も今年もしかすると上がるか。
   認定の基準は認知度らしい。
   そういう査定をする人が来ると、なぜかいつもよりシャンとした話をする。
   なんでも出来てるし、まだまだしっかりしてる的な話っぷりをする。
   いやいや・・ 実際はかなり認知度進んでると思うし、シャンともしてないのに。
   この話はまたいつか書こうと思ってるけど。

   この2人以外のもう1人は
   すでに介護を済ませ何年か前に母親は亡くなったとか。  
   遠くまで徘徊し心配もし、何度か転倒して、そのたびに手術入院を繰り返したらしい。
   そして、付き添いもし・・それをやりつつ仕事も続けて。
   そういう経過をずっと話してくれ、ちゃんとやり遂げ立派だなと思った。
   苦労して凄く頑張ったという彼女の姿を見つつ
   でも、その間、どう思いどう感じて過ごしていたのかという正直な本音がわからない。

   
   他の人はぶっちゃけ本音も見え
   だからお互いに共感できる、自分だけではないんだと思える。


   これだけ頑張ったという話より
   リアルな本音が聞きたい、今。
   そうそうそう、そうなんよね、うんうん という。
   それと、言ってることよぉーくわかるよ と掛けてくれる言葉。

   
   本音、介護って大変だ。
   普通の人と暮らすのとは大きく違う。
   いつまで続き、この先どうなっていくのかもわからない。
   いろんなことを思う、感じる。

   
   7人集まれば7人それぞれの人生があるんだなぁと思った。
   子供の頃の姿はたった1部分でしかなく。
   その後どう過ごしてきたかを知るにはまだまだ足りない3時間半という時間。
   あまり大人数になると話が大まかになってダメだな・・
   そこそこ! もっと詳しく聞きたいと思ってもそういうわけにも行かず。
   消化不良で終わった部分もあり。  
   今度また会おうと、会もその内お開きになり。


   今回、女性だけの集まりで
   この会があるというのを聞き
   自分も呼んで欲しかったという同窓生の男性が居たらしいけど
   それは いい 女性だけの方がいい。
   本音トークに男性は要らないよ。

   みんなどう思ったか知らないけど?







f0031722_13491171.jpg



   
   とある牧場で食べた 
   ほうじ茶といちぢくのジェラート。
   この ほうじ茶がえらく美味しかった。
   最近 食べることが癒しになってる。
   そういうことを皆の前で話したら笑われました。
   でもね ほんとに そうなんです・・




   それと
   これは不思議だなと思ってるのが
   ブログに表示される 記事ランキング。
   最近どんどん表示数が少なくなり
   今では5件になってる・・
   私がそうしてるのではなく勝手にそうなっていってるのです。
   まるで誰かが陰で操作してるような?
   10件で登録してるのに。
   そして、いくら10件にしてても直らない。
   更新がされてないからそうなってる?
   でも、同じように更新されてないもう一つのブログはこうはならなく。
   なんでこうなるのか、不思議な現象で。
   









   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by momo5r | 2017-11-13 14:15 | おもふ・・

言葉に気遣いが足りなかった




     
f0031722_1055406.jpg





     台風で風が吹き荒れた後や
     これから冬に向かう時期になると
     ドアを開けた玄関先にはあちこちから枯れ葉が集まります。
     
     この枯れ葉は
     お隣さんの柿の木とか
     違うお隣さんの木とかからのもの・・


     木があれば枯れ葉は落ちる。
     そして風が吹けばそれは舞い散るので
     どうしてもそれは仕方ないもの。
     まるでイタチの追いかけっこで仕方ない。

   
     でも
     仕方ないけど
     ほんとは 本心は
     あぁ 嫌だなと思ってる。
     冬になるとこれは毎日のことなので
     ほんとはちょっと溜息・・




     今朝
     ドアを開けるとやっぱり枯れ葉が集まってて。
     拾ってたらお隣の奥さんがちょうど外に居て

     「葉っぱが落ちてしまって すいません・・」
     と、すまなそうに言って。

     『うぅん 風が吹くと仕方ないから』
     『取っても取っても落ちるから・・』

     と、つい、何気に応えてしまった。


     奥さん
     その後は沈黙。
     社交的な人なのでいつもなら色んな話をするのに
     迷惑をかけてると思うからか無言だった。
     ・・と私は感じた。



     家の中に入り
     その後、このことを考えるうち
     私 要らんことを言ったかな と反省。

     『取っても取っても落ちるから・・』は言わなくてもよかった。
     心の中で思ってるだけでいい言葉を発してしまった。
     風が吹くから仕方ないこと。
     だから気にしなくてもいいよということを伝えたかったのに。



     言葉は
     ちょっとした言い回しで変わる。
     気遣い足りなかったなと思った今朝の一コマ。

     
     ちょっと 反省。
     |д゚)











     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by momo5r | 2017-10-23 11:31 | おもふ・・

なるようになる




     これからのことを考えると
     いったいどうなるのか
     先はぜんぜんわからない。
     見えない。


     そんなことを漠然と思いつつ
     昨夜 布団に入ってたら・・



      


     『なるようになる』




     

     ・・と突然
     まるで誰かが諭してくれるよに
     ポーンとこの言葉が入ってくる。




     ほんとだ。
     色々思いあぐねてみてもしかたない。

     ものごとは
     なるようになる・・


     良いように進んでいくことを願うしかない。




     そうは思っても
     母に会いに行き
     母の口から発せられる言葉に
     それでも自分の親であるということを思い
     尊敬できない言動がほんと嫌になる。

     
     どうにかならないものかこの性格と思っても
     もうこれはどうしようもないのだと考えてみても・・

     今の状態がどんなに足踏み状態であっても・・
     なるようにしかならないのだよね。




     だから
     なるようになる
     と考えを置き換える。


     誰のお知らせなのか・・
     
     








                     







     なるようになる
     ケセラセラ で検索するうちにたどり着いた動画です。
     タイの保険会社が作ったテレビCMらしいのですが
     なんか見入ってしまいました。











     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


by momo5r | 2017-08-01 12:19 | おもふ・・

馬があうとか合わないとか






f0031722_12574839.jpg





     玄関先のポストに映った影。
     いい雰囲気だな、、 と思ったのでパチリ。

     これは新しいポスト。
     長いあいだ働いてくれてたポストが劣化し、とうとう去年買い換えました。
     購入してから知ったこと、なんと、これと同じポストのお宅があるそうで。
     100mほど離れたそのお宅は3年前くらい前に引っ越してくる。
     まだ若いご主人が整骨院を営まれ、一家4人暮らし。
     でも、私は整骨院には行かないので知らなかったのだけど
     ロバは時にそこでお世話になってる。
     で、玄関先のポストが色もまったく同じだということに気づき教えてくれた。
     おぉ・・ そうなんだ。
     それは知らなかった。
     そこの奥様からすれば、もしかしてうちのポストの真似をした?
     なんて、もしかすると思うかもしれないけど
     いえいえ、それはないです。
     もし知ってたら違う色を選んだかもしれないし
     もしくは、止めてた・・
     人と同じものは真似したくない。

     どういうものにしようかと散々探し回ってやっと見つけ。
     お店は小さいけど
     住宅とそれに伴う洒落たデザインのものを扱ってるセレクト店で一目惚れしたという次第。
     たぶん、好みが一緒なんでしょね・・ うん。






     ところで
     母とは馬が合わないと書いたことがあるんですが
     あれは、ほんとうにそう感じてます。

     私は今までいろんな占いで母のことを調べてみたけど
     なんというか・・
     どんな占いをしても
     こんなに当たってない人は見たことないってくらい当たってなく。
     なんか違うよ、なんか違う・・ とずーっと思ってた。
     なんなんだ、この人は???

     なので、お互いの相性も調べてみる気も失せてた。

     
     なんですが、そんな昨夜
     PCで “宿曜経” で母の「宿」を眺めるうち
     これほど母のことを的確に表現してるものはないなと思うものに遭遇する。
     あの、宿曜経は人間関係の相性をみるには1番適してると思います。
     親子・夫婦・友人・恋人・職場関係・嫁姑などなど。
     私が 「鬼宿」 であるというのは記事のランキングに・・


     その 母の「宿」
     (差しさわりもあると思うので表示しないことに)

     外見からは想像もつかないくらい頑固で負けず嫌い。
     プライドが高い。
     女だけど武士は食わねど高楊枝を地でいくタイプ。
     結婚運はなく、相手に頼られ過ぎ、可愛いところなく・・
     お前は1人でも生きていけると去っていかれる。

     うんうん、そうなんよね。
     これは最近特にそう感じてたことであまりに的を得てた。

     
     それで私の宿との相性をみると
     ものに対する価値観とか考え方が全然違う。
     これがもし夫婦なら
     家庭内別居・仮面夫婦や子供を育てたあとに熟年離婚というケースも。
     同性では性格が違いすぎて、どうしてもしっくりこない感じがあり。
     普通なら友達にならないような相手とも。
     一定の距離が必要な2人。

     
     これを見て思ったのは
     なんとなくそうじゃないかと思ってたことが
     こうして文字で羅列されたことと違いを感じず。
     少し距離を置いて暮らしたいと思ってることも頷けた。
     会話してても、何かこの人とは考え方が違う
     物事に対する価値観が何か違うとずっと思ってた。
     馬が合わないなと思ってた理由が解明されたような気がする。

     
     これはたまたま私との相性であり
     他の人とはいいのでしょう。
     それが、たまたま親子だったというだけのことで。

     そうだったんだと思うと
     もともとこういう傾向があるというのがわかり
     諦めというか、巡り合わせを思ったりします。

     なんという
     巡り合わせ・・・ |д゚)

  
     馬が合うとか合わないとか。
     やっぱりあるんですよね。














     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
by momo5r | 2017-07-03 14:40 | おもふ・・

シンプルな心で暮らしたい・・      日々のつぶやきです。         ☆ さくら


by momo5r
プロフィールを見る