カテゴリ:つれづれ( 495 )

インフルエンザが流行してるので・・



今日、ババをいつものクリニックへ連れて行く。
1か月に1度の。

クリニックなので小さなこじんまりとした場所。
玄関の内側のドアを開けたら
3人の男性がみんな揃ってマスクをしてるのが目に入った。
その内2人は色の浅黒い人だなと思った。
3人とも、同じ仕事着姿。

受付でババの診察券と保険証を提示すると
『今、インフルエンザが流行してます、マスクはありますか?』
と聞かれる。
持って来てないと応えると
2人分のマスクを渡され装着するように促され
次回からは持って来て下さいと言われる。


その後ソファーに座ると
近くのその男性たちの会話が耳に入ってきた。
どうやら、色の浅黒い2人の人は外国の人?
1人は、その2人の会社の上司?
途切れ途切れの会話の中でそう感じた。
言葉がわかるか? と言ってた。
・・で、インフルエンザにはなりたくないとか、なんとか・・

あ、それでわかった。
3人がみんなマスクをしてて
私達にもマスクを装着するように促された訳が。
話があまり通じない2人の部下を連れ、上司が一緒に居る意味が。

もしかしてインフルエンザに感染してるのか・・

その後
ババの診察が終わり隣の薬局に移動すると
あの上司らしき人が居て、受付の人との会話が少し聞こえた。
インフルエンザの可能性が高いとかなんとか・・


目にした人はみんなマスク姿。
クリニックの人も、患者も、薬局の人もみんな一応に白いマスク装着。
患者が居なくなると一斉に殺菌剤をスプレーするのではないかと思った。

病院関係者の人はこういう時期大変だな。
眼科に勤務してた京都の娘がよく言ってた。
毎日しょっちゅう手洗いばかりしなくちゃいけないので手が荒れるんだと。


帰宅すると
すぐに手洗いとうがいをする。
手で触ったと思われる車のハンドルやノブ
家の玄関のドアノブも全て殺菌シートで拭いた。


インフルエンザにはなりたくない。
まだ腰は本調子ではなく、でも、元気で居ないと困るのだ。 (´Д⊂ヽ









by momo5r | 2019-01-25 16:02 | つれづれ

~年末から年明けのアクシデント~ ②




年末になり
京都の娘が岡山に帰ろうかと思うと言う。
いつもは、帰るならお正月を外してそれ以降にというケースも。
どうやら、旦那君の仕事の休みが元旦と2日に決まったらしく。
そういうのはかなり珍しいこと。
そっか・・ 帰りたいんだ・・
でも、こちらの状況もぶっちゃけ話し
帰って来ても、いつものお正月の準備はしてないし
おまけに掃除も出来る状態じゃない。
こっちに移動しただけで、何も出来ないけどいい?
旦那君にその事を話し、それで決めてと返事を待つ。

わかったと言い、やはり帰ると言って来た。
掃除も出来ないのが気になってたけど
今年は家の娘が最低限、あちこち掃除してくれた。
すごく助かった、有難い・・
そして、とても気になってたお風呂掃除。
ロバにお願いして、床をやって貰う。
なんとか、形だけでも整う。

毎年、今年から来年に変わる頃、初詣に行ってた。
どうしようかと思ったけど、ベルトを巻いて行くことにした。
おみくじ、なんと、大吉だった。
・・・とこの時は、いのしし年は明るいのか?と思ってた。



元旦になり、真夜中の3時頃
京都の娘一家が我が家に到着する。
旦那君はペーパードライバーなので、運転はいつも娘。
それまでロバ以外は起きて待ってた。
4人増えると、途端に賑やかになった、ワイワイと。
でも、その後それぞれ寝ることに。

・・・が
朝、8時ごろ、京都の娘が私とロバの枕元に立ち
kahoちゃんが夜中からずっと吐き続けてるんだと言う。
なので休日診療してる病院に連れて行こうと思う・・
悪いけど、お父さん車を運転してくれないかと言う。
元旦でも患者さんはたくさん居たらしい。
お尻から入れる座薬を貰い様子をみる。
診断は、嘔吐下痢症か・・? 流行ってるらしい。
でも、京都に居た時は元気だったらしい。
小さな子供の異変は突然だなと思う。
それから、何度も何度も吐き、水分も様子を見ながら与えるしかない。
普段、すごく食べ物に卑しいkahoちゃんには耐えられない状況・・
なので、大人もお正月だけど、我慢して何も食べられない。
ほんとに、ずーっとお腹が空いた状態で過ごすことになる。

ちょっと落ち着いたかなと安心すると、また吐く。
どこで吐いてもいいように、あちこちにビニール袋が口を開けてる。
捨ててもよいタオルもあちこちに待機して。
今、世の中の人はお正月だけど・・
我が家は、とんでもない状況・・
元旦早々に・・
夜中、娘はそんな中殆ど寝られなかったという。
私も心配で、kahoちゃんと娘を気遣う。

せっかく我が家に帰ってくれた娘達と
少し眠りについたkahoちゃん・・ 夜はカニ鍋を作る。
せめて、お正月気分を味わう。
カニは宇治に住むお義母さんから貰った物。
なんだかやけに美味しかった、こんな美味しい鍋は食べたことがないくらいに。
〆は雑炊にして、みんな大満足だった。
お腹を空かせて寝てるであろうkahoちゃんには気の毒だけど。

2日も体調の悪さからぐずる。
何で私だけ何も食べれないのかと理解できないでいる。
言ってもわからないだろね、まだ2歳と3か月には・・
1日中そんな状態で、なんたることや。

でも、もともとゲームが好きな面々。
ぐずるkahoちゃんがやっと寝ると人生ゲームをした。
nikoちゃんも一緒に加わった、これは楽しかった。

夜、ささっと夕飯を作ってささっと食べる。
京都に帰る旦那君を私の車で駅まで送る。
娘と2人の娘はもともと残るつもりでいた。
今年は、それは楽しい日々ではなくなったけど。

それから娘たちが帰る日まで
一旦治まったかと思った状態がまたぶり返し
大量に吐くという日もあり、もう1度別の病院に連れて行く。

そんな中、ババはそういう状況もあまり理解してないのか
えらく機嫌が良く過ごしてた。
孫夫婦とひ孫が居るというのが嬉しいのだろう。
機嫌がいいということは、私にとってもやり易い。
手放しで喜べる状況ではなかったけど。

ほんとは今年のお正月は何もせずに過ごそうと思ってた。
腰も痛いというのもあり、出来れば寝正月くらいの気分で。
でも、それは一転して怒涛の毎日になってしまう。
年末から年明け、一体これは何なんだというくらいの日々を送る。


だから
明けましておめでとう! というのは正直ちっともピンと来ない。
知らぬ間に明けて、知らぬ間に過ぎて行き
気がついたらもうこんなに日にちが経ってしまったのか・・
という感じ。
そうなんですね、今年は。(*´Д`)


京都に帰ってから
今度はnikoちゃんが帰った日の夜中に大量に吐いたらしく。
布団が大変なことになったのだと娘から聞く。
でも、歳が大きいだけ治りが早かったらしい。




いのしし年。
年の初めからなんかね、なんですが。
今年もゆるりとブログを綴っていこうと思ってます。
どうぞよろしくお願い致します。






f0031722_16582146.jpg



昔ながらのナポリタン。
今日はババが珍しくデイに行ってくれ
お昼に急にこのナポリタンが食べたくなり
中身は玉ねぎとピーマンとシメジだけという・・
超シンプルな、冷蔵庫の中を漁ってみました材料ですが。 (@_@。
美味しかったです。

おひとり様 ナポリタンスパゲッティー。










by momo5r | 2019-01-19 17:05 | つれづれ

~年末から年明けのアクシデント~ ①




今年になりあっという間に1月も半ば過ぎましたね。
去年の最後の投稿からちょうど今日で1か月。
実は、年末から年の初めにかけ、とんでもないアクシデントが起きました。
こんなことは過去を遡っても初めてで。。

12月26日、午前11時頃。
ババとの間にドタバタとしたやり取りがあり
その挙句、洗面所の狭い空間でババが大きく尻餅をつく・・
尻餅をついてしまうとハバはもうお手上げ・・
人工関節の手術をしてから膝を曲げることができないので両足は伸ばしたまま。
脚を曲げて自分で起きてくれればいいけどまるでダルマ状態。
おまけにかなり肉がついて体を起こしてやろうと思っても
ブヨブヨとしてて何処も掴みどころがない。
夜なら家族の誰かの助けを呼び、2人で抱き起すことも出来るけど。
1人なのでなんとかあちこち持って引き起こそうと思っても無理・・
そうやってるうちに、私の腰がゴキッっと嫌な音がする・・
・・・は、もしかしたらギックリ腰?!
そう思ってババに言うと、ハッハッハと笑いやがるのですよ。( ̄∇ ̄;)
その前にバチバチと火花を散らすバトルをやってたのでいい気味くらいに思ったんでしょ。
娘がギックリ腰になるということは、一体誰がアンタの世話をするん? 
誰もしてくれんよ、最大に困った事態になるというのに・・
頭にきたのでそう言うと、また笑いやがる・・ ( ̄д ̄)

どう思います?
この時ばかりは、というか
この転がる前のやり取りは、ババをほんとに軽蔑してしまう。
大きな声で喚き散らし、挙句の果てには
『もぉー 首を絞めて殺してくれー』
『叩き殺してくれー』
一体何なんだこの人は・・
ちょっとでも自分の思い通りにならないと錯乱した状態になる。
痴呆って、ほんと恐ろしい。

腰は、たぶん、ギックリ腰の手前の状態だったと思う。
ほんと、ギリギリで何とか持ちこたえてくれた?
これも、神様の配慮かもしれない・・
でも、ゴキッと音がしたのは確かで。

どんなに色んなとこを自分で持たせて立たせようと思っても無理。
もうここでほっといてくれと言うけど、頻尿の人間をほっておけば
その内、尿は垂れ流し、そこら中大変な事になるのは目に見えてる。
腰は痛いけど、ババの両手を持ち、部屋まで引っ張り動かす。
ベットの柵に掴まらせ起きてくれる事を願って。
この後またすったもんだがあり、肉を持つことを止め、服の裾を持つことにする。
フゥー フゥー の体で、やっと立ち上がらせた。
ババ、相当疲れたのか、そのままベットの布団に潜り混む。

その後、腰が痛くて歩くのもやっとの体で
年の終わりのババの薬を受け取りにいつものクリニックに1人で行く。
医師には、ババは気分が悪くなったので来れなくなった事を伝える。

この夜、娘にこの事を話すと
前に、くしゃみからギックリ腰になったことがあり
その時のベルトがあるから使う?と貸してくれる。
湿布薬とベルトを装着してその後ずーっと過ごすことになる・・
そして、ババの世話は休めない、必要最小限な家事をこなし年末に突入・・。

言ってましたよね?
今年は大掃除はしないことにしようと思うと・・
あれ、予言になってしまいました。
ほんとに作ろうにも作れない状態になってしまった。


そんな中
後から思うと怒涛の年明けに続く・・

続きます。( ..)φ









by momo5r | 2019-01-19 15:37 | つれづれ

九十九神 (つくもがみ)




f0031722_15385140.gif


これは娘の不思議な体験です。

日曜日の夜。
車で走ってたらナビの音がしなくなる。
ナビといっても、テレビを観てたらしく。
それまで聞こえてた音が全然しなくなる。
その後、ナビの画面が突然真っ黒になる。

どんなにしてもナビは作動しない。



実は
娘の車も後少しで買い替えして新しい車になります。
なので、この時、娘はもしや・・・? と思う。
車がストライキしてる・・? 


咄嗟にそう感じ
車に対し 『ごめんなさい!』 と謝った瞬間
真っ暗だった画面が元通りに作動するようになったのだとか。

帰宅して、今こんなことがあったんよと聞かせてくれた。




物や自然物に魂が宿ること
九十九神というんですよね。
以前にもそういう話をどこかで書いたことがあるように思います。
長く使ったものなどに魂が宿るというの。


そういう体験をした際には心からお礼を言って
それが物としての役割を果たし終えるまで
大切に使うようにしたらよいとか・・


です、ね。














by momo5r | 2018-11-13 15:41 | つれづれ

いろいろと 忙しかった 



f0031722_11001801.gif






6日土曜日からの3連休はいろいろありました。
まるでこの3日間に凝縮されたよう・・
土日は地域の秋祭り。
いつも書いてますが、私にはこれ超苦手な行事なのです。



土曜日
各家庭で作る料理のための買い出しに行く。
午後4時頃、場所設定のためのお手伝い。


日曜日
午後から家で料理を作る。
家族に夕飯を早めに食べてもらう。
夕飯はカレーライス、簡単に作れて簡単に後片付けできるので。
夕方7時過ぎ、料理を持ち神輿の立ち寄り場所に出向く。
私の苦手、男の人に料理を勧め、次々とお酒を振る舞う・・
神輿が次の場所に出発するまで延々と続くというの・・。
なんか、これが超苦手で。

町内には何か所か休憩処があり、この場所に来る頃には
もうかなり色んなものを食べて飲んで来てるので
勧めて回っても結構反応が鈍くなってて
わかり易く言うと、食いつきが悪い? (@_@;
だよね、蟒蛇じゃあるまいし、そんなに入るわけないね。
それがわかってても勧めて回らなきゃならない。
そうしないと、この場所は愛想がないとなる・・

・・で、やっと終了し、ざっと跡片付けし帰宅すると9時を回ってた。
この場所の女性たちと顔を合わせるのも超久しぶり。
会えば、お互いの色んな話をし和気あいあいと楽しいんですけど。
参加することに意義があると、この中の1人の方が言ってたけど
確かに、嫌だと思っても、参加してしまえばそれなりに楽しいと思う。
ひとまず、今日は終わったよ! やれやれ!


そして、月曜日。
朝、9時に集合して休憩処の片づけをする。
借りてたテーブルや折り畳み椅子を元の施設に戻す。
人数があるとこういう作業も早く終わる・・
みんなでご苦労様とお互いをねぎらう。



その後11時過ぎ。
待ちに待った車が納車される★

自宅まで届けてもらうようにお願いする。
ディーラーさんまで出向きそこで納車してもらえばいいのだけど
私、前に、その場面を目撃してしまったんですね・・
まるで天皇ご一家のお見送りのように
大勢の社員一同がお店の前にずらーっと並び
納車された車に乗ったお客様が道に出て行くまでずぅーっと見送ってるのを・・
いゃぁ あれは 凄く気恥ずかしい。
もしそれが私なら、道に出るなり緊張のあまり運転を誤るかもしれない。
それは前代未聞の語り草になるかもしれない。
・・と思ったので、自宅まで届けてもらうことに。

新しいものをこれから操作しなきゃならないので
およそ30分くらい凄く丁寧な各所の説明を聞き。
ハイハイと一応聞いてるけど、聞いた先からどんどん抜けていくようで・・
何か質問がありますか? と尋ねられても
うーん・・ 乗ってるうちにまた疑問が湧いてくるかもしれないので
またそうなったら聞きますので、今日は今のところ・・ と返答する。
この説明を瞬時にすべて理解できる人は尊敬してしまいます。 (´Д`)タラリ

セールスマンさん、いろいろとお世話になりました。
私の相棒、やっと会えたよ、嬉しいな*






この連休中
nikoちゃんの通ってる幼稚園で運動会があり。
去年も、お祭り中なので行きたいけど、行けない。
私はお祭りなんかほっといて行きたいのだけどそういうことは出来ず。
なので、家の娘が京都に行く。
土曜日の予定が雨のバラつきの為、日曜に延期になる。
土曜日の朝早く、旦那君が一足早く場所取りに出かけたそう。
でも、この日は中止となり、場所取りはそのまま日曜にもどうぞということで
敷物が飛ばないようにレンガを用意してたらしい。
うむむ・・ なかなか考えるではないの・・
バイクにレンガを積んで走ったんだ・・ ははぁ・・
他の人たちはペットボトルに水を入れたのを持って来てたらしい。
だけど、それは車で来てるからだろな、バイクならせめてレンガ?
だけど、ほんとは石とかはダメらしい。
旦那君曰く、石とレンがは違うらしい。
レンガなら、前が見えない時、それに上がると多少は見えやすくなる?
・・で、レンガでも、後で見回ってきた先生にも何も言われなかったらしい。
ほんとにそれで良かったのか、ほんとは良くなかったのかわからないけど。 (苦笑



たくさんの写真と動画を次から次へと送ってくれた。
運動会のや、その他、3日間のものを・・
いいな、私も行きたかったよ!





その中の1枚。
この日、北山にある植物園に出掛けたらしいです。
どこまでも広がる園内と弾けるような笑顔が印象的で。






f0031722_12095328.jpg










by momo5r | 2018-10-10 12:15 | つれづれ

極々シンプルなバック





   気負うことなく
   自分らしく自然体で居られ
   気軽に一緒に出掛けられるバックを探してました。


   そういうバックにある日ひょっこりと出会う。




f0031722_23353455.jpg




   genten


   最初ブラックだとばかり思ってました。
   けど、濃いネイビーなんだと後で知る。
   明るい場所で見るとネイビーだとわかる程度・・

   ブラックよりカジュアルに合わせられ
   それでいて、きちんと感もある。
   そして、軽い・・

   殆ど装飾のない
   極々シンプルな斜め掛けバック。





f0031722_12301444.jpg




   裏側に服の邪魔をしないポケット。
   内側にも1つ ポケット。

   このバック
   意外にも 人気とか・・
   私と同じように感じる人居るのかな?






   ほんとは車掌さんが持つようなバックが昔から好きで。
   アンティークっぽい感じの・・
   探してもなかなか出会えません。
   これも縁なのでしょね。
   






   

by momo5r | 2018-09-26 13:02 | つれづれ

現実逃避 そして 強行突破





   9月16日~17日の連休の2日間。
   京都へ行って来ました。
   これは私にとって、現実逃避、尚且つ強行突破となる。


   最近ますます頭がおかしくなったババの世話。
   誰かに少しの間でも代って欲しいと思っても代わりは無し。
   本人ショートステイには行きたがらない。

   
   kahoちゃんの2歳の誕生日は、ちょうど連休の16日。
   京都に行き一緒に祝いたい。
   どうしても行くとなると、ほんとは日帰りになる。
   ここ2~3年、一泊泊まりは一切なし。
   近場に出掛けても日帰りがせめて。



   ・・・が
   今回は一泊しようと決断する!
   ババにはそのことを早くには話さなかった。
   早くから話すと色々ややこしいことになるので止めておいた。
   ロバと娘との話で、予定は進められる。
   内密に進んでたけど、金曜日に京都の娘からの電話でそれがバレた。
   自分は1人で過ごさなきゃならないのかと妙なことを口走り出す。
   息をしとりゃいいんじゃな? と なんというセリフ・・ ( 一一)

   何をどうやって、どう過ごせばいいのかわからないのだろう。
   それはすべて、何を食べて薬はどうするのだ?という。
   
   なので薬は一覧表をこしらえ
   16日と17日に分け、朝昼夕の囲みの中にそれぞれ薬を貼り付ける。
   食事は冷凍にしたものをレンジで温めて食べればいいのだけど
   その冷凍されたものをそれぞれ冷凍庫から出してという作業はたぶん難しい・・
   なので、セットになった物を冷蔵庫に入れて置く。
   キッチンのテーブルの上に、朝昼夕と日にち別に書き記す。
   朝はこれ、昼はこれ、夜になったらこれ・・
   冷蔵庫の中にも16日分と17日分と分けて入れ
   上にはそれぞれ張り紙をして、間違えないように。
   これで、見れば瞬時にわかるように・・
   土曜日の夜、このことを事細かく説明して置く。
   食べる前頃に冷蔵庫から出して室温に戻して置けばいいし
   冷たければレンジでチンして食べれば? と伝える。
   本人、これを見て、至れり尽くせりだと納得してくれた。
   だよ、これは、至れり尽くせりだよ。 ( ´Д`)=3 フゥ




   16日、京都へ向け現実逃避。
   これで2日間はババの世話から解放される。
   なぁーんて 開放感!

   だけど
   ちゃんとご飯を毎度毎度食べ、薬も毎度毎度飲んでるか気になる。
   転んで動けないようになってはいないか気になる。
   なので、日に何度か家に電話を入れる。
   声を聞けばわかる、様子もわかる。
   変わりなく過ごしてる風に感じることが殆ど・・
   が
   1人だけで暮らしてることを不安に思ってるらしくも感じる時もあった。
   泊りがけはもう止めて欲しいと言う。
   そうだよ、だから今までやったことなかったよと告げる。
   それもみんなババの為にそうしてた。
   だけど、今回はそれも全部わかった上での強行突破。
   1人で過ごすということは、少しは娘と暮らす有り難味を感じて欲しかった。


   
   そして
   この2日間
   ものすごーく羽を伸ばせた。
   京都に行ったら、あの店に行ってアレを食べたいと思ってた店に行く。


   桂離宮の近くにある ❛中村軒❜


f0031722_12332856.jpg

  
   この時期限定の スダチ素麺。
   スダチの香りとお出しが効いててすごく美味しかった。


    
   

f0031722_12393223.jpg




   そして
   宇治ミルク氷 白玉付き。
   想像を裏切る特大サイズで・・
   素麺があっさりしてるのでかき氷を食べても楽勝だとタカを括ってた。
   それが・・ 食べても食べても小さくならない。
   宇治とミルクが濃厚でとても美味しい。
   上のトッピングの味が薄くなったら右横の宇治シロップを掛ける・・
   それが、またまた凄く濃厚・・
   冷たいので鼻のつけ根がキンキンする、なかなか減らない。
   完食する頃にはお腹が一杯に膨らむ。
   パンパンになった。 


   
   その他
   あちこちに行き
   いろんなものを食べて眺める。
   大満足。

   
   もう
   ババが生きてる限りこんなことも出来ない
   一か八かの大きな掛けだった。
   危ない綱渡り。
   でも、結果、強行突破して良かったと思う。


   
   現実逃避は私の心と体の洗濯となり。
   すごく楽しかった思い出。


   誕生日のイベントとなった最後の夜。
   みんなで happy birthday を歌う♪







 
   

by momo5r | 2018-09-19 13:01 | つれづれ

今しか会えないキミ




f0031722_14002748.gif




















   この夏のある日。





f0031722_14025778.jpg






なにやってたのかな
 楽しそう・・









f0031722_14064631.jpg



妹はなんでも姉の真似をして
だから お姉ちゃんは大変だ 
生きる見本だよ・・


時々
もうどっか行って!
 って言われてるけど
でも やっぱり妹はかわいいらしい。











5歳ともうすぐ2歳のふたり*











by momo5r | 2018-09-14 15:05 | つれづれ

暑かった夏



f0031722_12002651.gif


   なんか久しぶりだなぁと思います。
   更新の仕方も忘れてしまったような・・・



   7月28日~8月20日までの3週間と2日
   京都の娘達が家に居ました。
   朝が来て、昼が来て、夜が来て、そしてあっという間にまた朝が来て。
   その間、いつも通りのババへの対応と世話もあり。
   なんと目まぐるしく忙しくメチャメチャ暑い日々よ。
   小さな子達との生活は、正直体と心が悲鳴をあげてた。
   こんな風に大変だったとは・・
   子育てから随分離れて忘れてしまってる。
   それと介護も加わると相当なダメージ。

   



   今、ババは境界線の位置に居て
   フラフラと振り子のように呆けた世界に行ってみたり
   少しは正常なこちらの世界に少し戻ってみたり。
   自分でもかなりヤバいと思ってる様子。
   なんとか踏みとどまってるように見える節もあるけど
   もう、いつあっちの世界に足を踏み入れるかわからない状況だと思う。
   なので、niko* kaho の顔と名前がわかる今・・
   まさにこの夏・・
   そういう意味もある今回の滞在だった。

   
   娘の子育てはかなりおおらか。
   優しく見守ってる、子どもにとっては優しいお母さん。
   なので、時に 『ママ だぁーい好き』 と言い
   ぴったりと抱き着いてる姿を見かける。
   だよ、怒らないんだもの、そりゃ・・
   優しい子に育ってるのはそのせい?
   
   でも
   私の子育ては甘いだけではなかった。
   ロバは甘いだけの飴のような接し方だったけど
   私は時にムチもあり。 (アメとムチ)
   そんな時の記憶は、2人の娘達も怖かったらしい。
   だから、自分の子達には怒らないのか? 京都の娘・・


   1番気になったのが食事。
   nikoちゃんは5歳、お茶碗にはいつもご飯粒が残ってる。
   残さないよう綺麗にピカピカに食べよう!
   私は娘達にはそれを言って育てたけど
   子供達に甘いママは言ってないのかな?
   いつも多めにご飯やおかずをつけるけど結局よく残ってる。(娘がする)
   それ、最後には処分となりゴミ箱に・・
   私からすれば、なんと勿体ない。
   少しつけて、食べれるようならもう少し足すとかすればいいのに。
   いつも食事の時にはそう思ってた。
   
   でも
   niko*kaho は私の子供ではない。
   育てているのは娘。
   娘には娘のやり方があるのだと思う。
   いろいろ感じることがあっても私流には出来ないのだと思ってる。
   あまりに目に余るとピシっと言うけど
   バアチャンは厳しいなと思ったと思う。
   最後の方には鬼だと思ったらしい。 (苦笑
   『素敵な服を着た鬼』 と表現される。
   なんと、微妙な、喜んでいいのか、どうなのか・・



   滞在期間中
   これは険しい山に登ってるようだと思う。
   もうすぐ帰る頃になると、後少しで頂上が見えてくる。
   そうなると、よし、もう少しだ、頑張ろうと思う。
   火の消えたように静かな大人だけの世界から一変し、もの凄く賑やかな世界へ。

   niko* kaho の成長を目にするのは嬉しくもあり可愛い。
   そして、久しぶりに娘との長い時間は楽しかった。
   9月に2歳になる kahoちゃんの成長には目を見張る。
   お喋りはまだまだだけど
   時に言う 「ちょい⤵ ちょい⤴ ちょーい⤵」には笑えた。
   どんなに耳を澄ませて聞いてもそういう風に言ってるとしか思えない。
   母親の娘にもそう聞こえるらしく
   いったい何がして欲しいのかわからないらしい。
   そして、会話は、何故かモールス信号。
   ツー ツー ツツツ ツー というよな。
   今度会った時にはちゃんと人間同士の会話できるかな?
   喋れなくても、こっちが何を言ってるのかはちゃんとわかってる。
   なので、自分が言ってることが伝わらないのはかなりもどかしいらしい。
   だよね、それはもどかしいよね。


   
   今回家族が3人増えて
   ババは毎日とても楽しかった風。
   チンプンカンな対応に察しのいいnikoちゃんは気づいた様子。
   この人はなんだかおかしい・・・と。
   それに、頭はまるでヤマンバのようだし。
   それまで体調が良くなかったので美容院にも行かせられなかった。
   もともと行かない人なので、平気で何か月も行かない。
   白髪で伸び放題の頭、で、いつもパジャマ姿。
   毎日、頭には保冷剤をタオルに包んで巻き、枕にはアイスノン・・
   そういうのを毎日見てるので、この人は病気なんだと思ってるのか
   何かあると「また頭が痛くなるよ!」とババに言ってた。
   この人は話がとてつもなく長い人だとも認識した風。
   適当に切り上げて部屋から出てくるのが巧い・・


   
   色んなことがありまだまだ書き足りない。
   色んな思うことがあった。  
   私は最近、かなり色々思うことがある。
   前はこんなに色んなこと考えてたかな・・???
   周りが色々見える。
   思うこと感じることがいっぱいで。
   あまりそういうことを思わないであろうロバが羨ましい。


   3人が京都に帰りまた普通の生活が戻り。
   毎度、何食べさそうと思う毎日もなくなり
   大人時間が過ぎてます。
   でも、相変わらずババとの日々は続く。
   娘達が帰ったことにより何らかの刺激があったのか
   あんなに行こうとしなかった美容院に行き、頭は小ざっぱりとし
   2か月くらい行こうとしなかったデイサービスにも25日に顔を出す。
   そして、水曜日の今日、2度目のデイサービスに行ってくれた。
   だから、そんな風にゆっくりとブログを更新してる・・





   とりとめもなく長い文章に。( ..)φ
   書いておこうと思うことを書き留めました。
   ブログも夏休みしてました。
   また通常モードになろうかと思ってます。











by momo5r | 2018-08-29 13:35 | つれづれ

見られてる





f0031722_11055543.gif





   ある日、京都の娘からラインで送られて来る。
   nikoちゃんがこんなこと書いてたらしい・・







f0031722_11084446.jpg



   今、幼稚園の年長さん。
   3月29日生まれ。
   もしかすると、いちばん遅い5歳児。
   ひらがなも、最近の子は書けるのかな。
   
   私はもちろん、娘達も小学校に上がる前から書けてたかなぁ?
   いや、書けてなかったように思う。


   娘が教えたわけでもなく、いつのまにか覚えてた風・・
   娘はわりとなんも教えてないっぽい。 

   


   見えにくいですよね。
   
   内容は



   ままはおそうじをやっています
   こんどべらんだをやっています
   こんどはぞうきんをあらってしゅぼっていました
   こんどはといれにいきました
   こんどはすすんでますがかほちゃんにふくをひっぱられていました


   所々
   を が お になってたり
   く が 反対にひっくり返ってたり
   しぼって が しゅぼって になってたり します。



   気がつくとある日の行動をこういう風に書かれてた。
   まるで探偵が家の中に居るよう。
   ちいさな探偵・・
   誰に雇われたのか・・  ぷ。


   なんもおかしなこと出来ませんねぇ。
   観察されてる。
   参るね。 (*´Д`)







 

by momo5r | 2018-07-20 11:38 | つれづれ

シンプルな心で暮らしたい・・      日々のつぶやきです。         ☆ さくら


by momo5r
プロフィールを見る
更新通知を受け取る