カテゴリ:つぶやき( 187 )

知らなかった





f0031722_11214632.gif





   100mほど離れた所に
   傍目からも、最近、これは相当困った事態だなと思うお宅があります。

   遠く静岡からお嫁に来て、家にはかなりのワガママ放題のお義母さんが居た。
   そのことを知ってお嫁にきたのか、あまり詳しくは知らずに来たのか。
   息子さんとどのようにして知り合ったのか知りません、けど、たぶん恋愛結婚。
   女版、亭主関白を絵に描いたような人。
   この後、お嫁に来たその人をHさんと呼びます。

 

   私はここで育ってるので、そのおばさんのことは子供の頃から知ってます。
   私には、小さい頃から妙な探知機が備わっていて
   大人でも、好きな人と嫌いだなと思う人がハッキリ分かれてて
   このおばさんはかなりのくせ者で苦手なタイプとインプットして育つ。

   なので、傍目からでも、Hさんはすごく大変だろなと思ってた。
   おばさんにとって、Hさんは使い放題言いたい放題の家政婦のよう。
   たぶん、逆らえなかったんじゃないかと思う。
   もう何十年も経ったけど、それはたぶん続いてる?
   おまけに、普段から大きな声でものを言う。
   おばさんの旦那さんは、仕事中の事故で早くに居ない。
   なので、実質、この家の実権はこのおばさんが握ってたと思う。
   よく我慢して頑張ってるHさん・・ という印象が拭えない。

   そのおばさんが最近股関節を骨折して入院し
   その事が起因したのだと思う、かなりの認知度になってしまう。
   自分の子供も誰なのかわからないのだとか。
   入院中に近所の人がお見舞いに来ると、もの凄く大きな声で話をする。
   骨折する前に家に居た頃、夜中にトイレに行くのも這いまわりお嫁さんを呼ぶ。 
   勝手にパンツも脱いでしまったり、言うことを聞かない、ほとほと眠れない・・

   そういうその他色んな経緯もあった上で
   病院を退院しても今後の介護を考えると、どこか施設に入って欲しいと思ったらしい。
   でも、あまりに認知度が高いと、それはそれでどこの施設も受け入れてくれないのだそう。
   家に面接に来ても、そのことでダメですと言われるのだと聞いた。
   その話は、1か月ほど前にHさんの家におばさんのお見舞いを持って行った時のこと。
   結局、お見舞いはお互い様なのでと受けてはくれなかったけど。

   そして、昨日のMちゃんとの会話の中で
   その後、Hさんのとこのおばさんはどうなったんだろと聞く。
   そのおばさんの亡くなった旦那さんと隣のMちゃんの旦那さんは兄弟で。
   なので、親戚関係なので噂ではなくほんとのところの話を知ってた。
   どうやら、あれからやっと受け入れてくれる施設があったとか。
   これから亡くなるまで引き受けてくれる施設。

   でも、この後に続く話は私はぜんぜん知らなかったので驚く。
   施設に入るには、家の財産をすべて開示しなければならないのだと。
   なので、わかりやすく言うと、預金通帳を見せる・・
   赤の他人に・・?!
   今まで色々あたってきたその他の施設でもそうだったのだと。
   施設に入るには介護度が3以上にならないとダメだとは知ってた。
   それも、特養に・・
   だけど、財産を開示するとは。


   それでちょっと検索すると・・
   

   特別養護老人ホームなどの介護保険施設を利用している高齢者に
   全国の自治体が預貯金通帳のコピーの提出を求める通知を出し始めた。
   施設での食費や居住費の負担軽減を受けている人らが対象。
   介護保険法の改正に伴い、所得だけでなく
   資産が一定以下であることも軽減の要件になったため。

   高齢者はフトコロ具合で介護施設利用が許諾され
   嫌だったらサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に行け
   貧乏人には生活保護で貧困ビジネス(無届老人ホーム)にお世話になれという
   「年寄りは社会のお荷物」という風潮は
   国・世間・家族に負担を掛けたくない高齢者の
   遠慮気味の心情に追い打ちをかけることになり
   長生きはするものではなく「ピンピンコロリ」願望が強くなる社会を
   国民はどう思ってるのか。

  
   ・・・と書かれたページに目が留まりました。
   すいません、そのまま引用させて頂きました。 <(_ _)>



   母はまだ認知度3でもなく
   デイサービスも
   まして、普通のショートステイでも行きたくないと思ってる。
   そもそも、施設になんてもってのほか、入りたくないと思ってる。
   そして、私にしても
   それに関わる費用はいったいどこで捻出するのかという問題は大きい。
   そういうことも含め、全然そういう分野にはまだまだ詳しくなかった。

   
   今年90歳になる、1人暮らしのMちゃんが言う。
   自分も出来るなら入りたくない、どうにか頑張って自分の家で暮らしたい。
   家の中でも車椅子生活であっても・・
   Mちゃんは頭はまだまだシャンとして呆けてはいないのはわかる。

   施設に入ったHさんとこのおばさんは
   おじさんが仕事中に亡くなったので労災保険と年金がたんとあり
   施設に入るにあたり、なんもそれに関しては心配が要らないのだとMちゃんは言う。
   そして、昔、家を新築したばかりの頃おじさんが突然亡くなったのだけど
   家の建築費のローンを払うこともなく
   おばさんは不幸だけど、長い間のローンからは解放されたなと当時思う。 スイマセン
   (おばさん、何故か、打ちひしがれてる風ではなかった)


   いろいろです。
   人生いろいろ。



   またまた今日も書いてしまった。( ゚Д`)
   最近はいろいろ思うことが多いのです・・
   書きたいこと いっぱい。
   放出してます。








   

by momo5r | 2018-07-19 12:46 | つぶやき

支離滅裂





   最近
   ババの口癖
   『もぉ なんもかんもわからんようになって・・』
   そうだろ、そうだろ、わからんようになってると、いつも思ってるよ。

   その、なにもかもわからんようになった人が
   この間、夕方キッチンで夕飯作ってる最中に
   部屋のエアコンのリモコンを持って来て
   『これ、おかしんじゃ・・』と言う。
   見れば、いつのまにか、設定温度が30度になってる。
   おまけにハイパワーになってるし
   1時間後に切れることになってる。

   ババの部屋は6畳。
   ドアを閉めていれば、いつもは28度の設定で充分涼しい。
   それをなんで30度にしたのか聞くと
   なんでそうしてしまったのかわからんらしい。
   わざわざ電気使って30度に設定するなら、エアコンを使わない方がいい。
   部屋の外も部屋の中もぜんぜん変わりないでないの・・
   使い方わからないのならあちこち触りまくる前に聞いてよとババに言う。
   それがわかったのかわからないのか
   また同じようなことがあった。

   色んなことがわからなくなってる。
   わからなくなってるであろうからわかるように説明しても
   何やかやと理屈をつけて弁明に励むので、それに対し辟易する。
   自分を守ってるのだ・・
   だから世話をする人間、私は、ほとほと疲れるのである。
   
   ただの呆けてきた人ではなく持病も色々あり脚も悪い。
   薬もかなりの量を3度3度飲ませてる。
   普通でもめまい持ち、すぐに気持ち悪いといって寝てる。
   それが暑くなってきた最近
   頭が痛いと言ってアイスノンを頭の下と上に2枚使いで寝てることが多くなる。
   自分で勝手に冷蔵庫から待ちだして・・

   軽く熱中症なのだと思う。
   なので朝からエアコンを付け、水分をしっかり補給するように促す。
   そして、寝てる方がいいというけど
   起きて、食べるものはちゃんと食べるほうがよいと勧める。
   そういう風に私なりに
   母はまだまだ物足りないと思ってるのだろうけど
   これでも、気を使い、様子を眺め接してる。


   だけど・・・・・・・・・
   もぉ たまんなく何もかも嫌になる時がある。

   ある日、夕飯の後片付けが済んで2階に上がり
   すでに寛いでる風のロバと娘に
   「介護鬱って言葉知ってる?」 
   「お母さん、鬱になりそうだわ・・」と告げた。
   この日、ほんとにいっぱいいっぱいだった。
   もぉ なにもせんで なにもかもほったらかして過ごしたいと切に思った。


   このままでは私はほんとにどうにかなると思ったので
   次の日、ババに食べさせるお昼と薬を用意して
   車を走らせ、美味しいものをたらふく食べるべく家を出る!

   出掛けた先は ❛はなまるうどん❜
   はなまるうどんは、むかーし、1度行ったことがあるけど今は行かない。
   今はうどんが食べたくなると、丸亀製麺に行く。
   この間、何かの雑誌で、はなまるうどんの「コクうまサラダうどん」が紹介されてた。
   確か、この、はなまるうどんの社長がこれが旨いと言ってた。
   確かに、写真を見ても、すごく美味しそうに見えた。
   なので一路 はなまるへ・・・

   「コクうまサラダうどん」は 小と中のサイズがあり。
   かなりシコシコした歯ごたえのある麺に冷えた出汁が掛けられ。
   その上に、千切りにされたサニーレタス・ニンジン・パプリカ
   小口切りのオクラとカリッと揚げた千切りのカボチャがトッピングされる。
   最後にドレッシングがたっぶりと・・・
   胡麻と生姜の2種類から選べるシステム。





f0031722_12334499.jpg

   
   サイズは 中 を選んでみた。
   ほんとは大がないのだろうかと思うほどお腹が空いてた。
   普通、たぶん、女性は 小 なのかもしれない。
   でも、中でもかなり大きな器でかなりな量なのだと納得。
   これだけでも、どんだけ大食なんだと思われるだろう・・けど
   これに、イカの天ぷらも一皿チョイス。
   モリモリ食べて、心も胃袋も満たす意気込みでここに来る。


   この「コクうまサラダうどん」
   美味しかったーーーーっ!
   次の日、また食べに行きたいと思うほど。

   真似をして作れば家でも出来そうだけど
   車のハンドルを握りビューンとアクセルを踏む・・
   食べたかったものを食べ胃袋も喜ぶ。
   私も喜ぶ。

   なぁーんて
   爽快じゃーーー!



   家の中で悶々と過ごすより
   たまにはパァーッと外に出てストレス発散するといい。
   自分で自分を治療する・・ ( `ー´)ノ









by momo5r | 2018-07-17 12:46 | つぶやき

受けがいい人





f0031722_10562324.gif




   6月の始め頃から
   8回通院したババの歯医者通いがやっとこの間の木曜で終わる。
   おぉ・・ やれやれである。
   歯の調子が悪くなり治療をするようになると、デイをずーっと休むようになる。
   それは歯のせいか?
   

   その前の週の木曜日は朝からかなりの土砂降り。
   普通の人なら自分で傘を差し、サササッと車に乗り降りできるのか・・
   でも、ババはそうではない。
   脚が悪くフラフラしてるのでゆっくり歩く。
   傘を差しかけててもその体勢では微妙に2人共濡れるのである。
   でも、予約してるので天気が悪くても行かなければ。
   1回延ばすということは、治療が終わるのがまた延びるということで。
   朝から支度するように促し、歯科へと向かうのが最近はとても難儀なこととなり。
   内心、いつまで続くのだろう、早く終わってくれないかと思ってた。
   自分が歯医者に通ってること自体がしっかり把握してないよう。

   最後の治療となった木曜日。
   いつもババを歯科の玄関先で降ろし診察券を受け付けの人に渡し
   少し離れたところにある駐車場に車を置いてからまた歯科に戻る。
   戻って中に入った時、顔立ちのハッキリした受付の美人さんに
   『雨が降ってました?』と尋ねられる。
   「いえいえ、曇ってるけど雨は降ってませんよ」
   雨が降ってないだけでもまだマシだと思うと応えたと思う。
   

   その日、長かった治療もやっと終わり帰りの車の中。
   歯の治療も終わったのでそろそろデイに行ってみようかと本人。
   え? やっと行く気になった? ほんまか?
   この人は最近 行く行く詐欺の人だから
   今日はそんなことを言ってても、どうせまた行かないと当日になると言うのだろう。
   そんなことだろうと思って聞き流してたら
   話は、隣に住むババの従姉、同じ日にデイに通うおばさん(7歳年上)の話になる。
   

   ここから略してMちゃん。
   『Mちゃんはなー 何でかスタッフの受けがいいんじゃ』
   それは、実際デイでその様子を見てない私でもそうじゃないかと思ってる。
   娘さんが最近デイで銭太鼓などを披露したりしてるのもその起因だと言いたいらしい。
   すごくスタッフの人に人気があり、手厚く介護をしてもらってるらしい。
   前はそうじゃなかったけど、最近はとても受けがいいと感じてるらしい。

   それはそうだ。
   どう考えてもMちゃんは人間ができてる。
   人に言って気を悪くするであろうことは言わない。
   思ってるかもしれないけど、絶対口にはしない。
   それに、どう見ても、可愛げがある。
   労しく思う、助けてあげたいと思うオーラを発してる。
   
   あまり人を頼らない、自分でやるんじゃ的に思ってるらしいババ。
   家では頼り切ってるのに、なんちゅう違いだ・・ ( 一一)
   デイでも出来ないことはスタッフに甘えればいいのに。
   甘えることが出来ないのだろう。
   そういう、人をシャットアウトするようなオーラを発してるんだと思う。

   要は、Mちゃんに嫉妬してる?
   受けがいいのを見て気に障るんだと思う。
   Mちゃんは隣に住み、ババの従姉だというのもあり余計そう感じるんだと思う。
   話を聞いてると、妬ましくて妬ましくて仕方ないんじゃないかと思った。

   そのことを口にすると
   『いや そんなことはない』と言うけど
   それは、ハッキリそう感じてるんだなと思った。

   妬ましさとか嫉妬の感情。
   頭がかなりおかしくなってきても、あるんだな。


   世の中には受けがいい人と悪い人が居る。
   受けがいい隣のMちゃんは4人姉妹の2番目。
   私から見ても、若い頃から縁の下の力持ち的な存在。
   遠慮深く、じっと色んなことを我慢して生活してたような・・
   それをいうと、うちのババもそういう人だったように思うのに
   人生長く生きてるうちに、どこでどう違ってきたのか2人の今の姿。

   ただ思うのは
   要領よく世の中を渡っていけるか、いけないかの違い。
   Mちゃんはたぶん要領がいいのだろう。
   子供の頃から培ってきた姉妹間で得たものが生かされてる。
   ババは何をやっても要領が悪い・・
   娘の私から見ても、何から何までそう思う。
   クソがつくほど真面目なのだけど、面白みはない人。
   何かと損だよね。

   それと 徳。
   徳のある人とない人。
   



   書いてるとまだまだ終わりそうにないので
   今日はこれまでにします。 (@_@










by momo5r | 2018-07-15 11:57 | つぶやき

めんどくさい人





   ずーっとこれは変わらない。
   この人 ほんっ と  めんどくさい人!



   もともと会話が上手くない。
   若い頃からそんな人。


   なんか スムーズに進まない話方をする。 
   やっと進んだかと思うと
   エンスト・・ その場から動く気配なし。 プスプス


   なんでこんな話方しか出来ないんだろと思ってた。

   要点をまとめて話せない。
   ダラダラととりとめのない。
   聞いてる人は
   この人いったい何を言いたいの?
   って風に思うだろなと傍で聞いて思ってた。

   楽しく弾む話じゃない。
   なんでもかんでも最初っから話したがる。
   少し端折ったらいいんじゃない?
   本人は悦にいってるけど。
   ぜんぜん面白くない。
   
   ずーっと 昔っから。

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・


   
   それがそのまま今へと続き
   呆けた(ほうけた)ところへこの話っぷり・・・
   だから ほんの少しの会話でも疲れてしまう。
   なんだか ものすごーく エネルギーを使い果たす感。
   そこへ めんどくさい性格がくっついて
   もぉ とんでもないカオスの世界へ突入。


   だから
   必要最小限 に関わり
   必要最小限 の会話を・・

   叩いても破れ太鼓はぜんぜん響かない。



   ババと半日一緒に過ごせば
   わかって貰えるだろか・・


   ちょっとだけ関わっただけではわからないだろうと思う。
   
   かなりめんどくさい話をして
   かなりめんどくさい性格の持ち主であるということを・・
   ( 一一)
   


   
   ここんとこ
   2週間
   何かと理由をつけてデイを4回休む。
   前の日まで普通に過ごしてるのに朝になると行かないと言いだす。
   行くと言って連絡してるのに、やはり行かないと連絡をするようになる。
   まるで嘘つきのオオカミ。
   そのうち、あの人はまただと信用して貰えなくなるだろう。
   
   少しは行ってくれよ!
   娘を少しだけ楽にしてくれよ・・
   ショートステイにはもちろん行きたくないのだから。
   せめて、デイサービスには行ってくれよ・・

   わからないだろな
   娘が一緒に住んで
   親の世話をするのは 当たり前 だと思ってる人には。
   それが世の常だと頑なに思ってる人間には。


   
   こういうことをブログで吐く。
   ここでしかこうして心の中を吐くということがないのです。
   リアルに誰に言ってみてもわかって貰えないだろと思ってる。
   家族以外わかって貰えないだろう・・
   日々 色んなことを考え思ってることを。


   人にはそれぞれの生活があり
   他人にはわからない
   それぞれの悩みとか抱えてる問題があると思う。
   まったく同じ人なんて居ないと思う。
   何もないという人は幸せ・・


   私にはブログという存在があり。
   こういう存在があってよかったと思う。
   じゃないと 私は鬱になってしまうだろう。
   が もうすでにそういう感もあり・・・
   なんとか踏ん張って毎日を過ごす。




   私以外 誰がババの面倒をみる?
   逃れられない宿命。







f0031722_12043519.jpg










by momo5r | 2018-06-26 12:05 | つぶやき

あんなに好きだったのに







   ハンドメイドの洋服作り
   自分のもの、去年の10月以降作ってないのに気づく。
   作ったのは頼まれた小物ばかり・・

   作るというのがあんなに大好きだったのに。
   なんでそんな風になってしまったのか 原因はわかってる。
   京都の娘から縫って欲しいと何度も頼まれる。
   どんどん送られて来る布・・
   気持ちは縫ってあげたいと思うのだけど
   どうしても前のようにミシンに向かえなくなってる。
   ごめんよ、娘。

   
   今、自分の好きなように
   やりたいことをやり
   見たいものをみて
   気ままに暮らしたいと思ってる。
   介護という逃れられない生活の中
   唯一見出した自分を楽にしてやる方法。


   そんな中
   ブライス(お人形)の服はたまに作る。
   大人の服みたいに型紙を広げることもなく
   大きな布をカットすることもなく
   ほんの切れ端で適当にすぐに出来上がるのがいい。
   
   娘の服縫わないで、お人形の服を作ってる母を許して。
   ほんと、ごめん。
   

   ミシン。
   たぶんまた使うよ。
   首を長ーくして待ってるもんね。





f0031722_11252710.jpg

                      
   今年初め頃作った ちっちゃな服。













by momo5r | 2018-06-22 11:29 | つぶやき

私 バカよね・・




f0031722_12145721.gif








 
   私には妙なクセがあり。
   よく知りもしないのにやってしまうところあり。
   とにかくやればなんとかなる的な・・ (/_;)

   PCのセキュリティーを1年継続させる為いろいろ弄ってた。
   よく知りもしないのに、ほんと、向こう見ず。
   昨夜それをやってて途中でフリーズしてしまう。
   もう何をクリックしてもウンともスンとも反応なし。
   しかたないと思い、強制終了させようとしても出来ない。
   PCはいつまでもいつまでも煌々と明るい画面のまま・・
   これは参ったぞ・・
   ほんとに困った・・


   その頃
   すでにスヤスヤと横になってた娘にこの窮状を訴え見てもらう。
   あちこち触った後もう1度PCの電源を長押しすると
   な、な、なんと
   あんなに終了できなかったものがパスーンと電源が落ちた。
   長押しするんだな・・ そっか・・ ヒィー

   
   いつもなら一瞬触るだけで電源が落ちてたものが
   その時は何度やっても出来ないのでもう永遠に落ちないような気がしてた。
   その時、娘が神様に見えた。
   あ ありがとう~!


   PCに嘗められてたのか 私。
   ほらほら どーだ? イヒヒヒヒ・・


   便利だけど恐いわ PCて。


   
   私
   バカよね・・
   と思った話。 ( 一一)アセ
   
   
   
   
   
   

   

by momo5r | 2018-06-10 12:46 | つぶやき

日々の服のこと




f0031722_11111772.jpg




   日々
   好きな服を着て過ごそう!
   と、最近は思うのです。
   誰に遠慮することもなく。


   人生は
   いつ何が起きるかわからない。
   
   

   
   前は
   出掛ける時の服と区別してたけど
   よく考えれば私の選ぶものは殆どナチュラル。
   あまり飾り気のないものが多い。

   リネン素材のものはどんどん着て
   どんどん洗ってこそ素材の風合いがより増してくる。
   自分仕様に変化するよ。


   だからどんどん着ようと思う。
   取っておいたらその方が勿体ない。
   日々好きな恰好をして過ごす。
   ただそれだけで気分がupするなら
   自分の気持ちに正直に暮らしたい。


   後、何年そうして過ごせるかわからないと思ったりする。
   けど、服という楽しみが今の自分の糧になってるのは確か。


   
   服
   好きなんですね。
   思えば子供の頃から。

   ほんの少しの種類の中で
   組み合わせとか考えてた。
   ほんとに、ほんの少しの中で。
   あの頃の自分・・・



   それを思うと今は幸せ。
   好きな服を選べるのは幸せ*









by momo5r | 2018-06-06 11:54 | つぶやき

会話






f0031722_12274880.jpg






   人と会話して
   あぁ この人と会話して良かった 
   実りあったなと感じることはなかなか無いんじゃないかと思う。
   お喋りが好きな人ならこちらが殆ど聞き役に徹しなきゃならない。
   あまりお喋りが得意ではないなら何か話題を見つけて話すように努力する。
   
   痒いところに手が届く会話のキャッチボールが出来る人ってなかなかない。


   今朝、ババの知り合いから電話がかかる。
   平たく言うと、私の同級生のお母さんから。
   昔、習いごとをしてたババのお師匠さんでもある。
   最近はババにかかって来たと思っても私との会話をしたいと言われる。
   何を話してもあまり会話として成り立たないので私とらしい。

   
   現役引退するまで看護師として働いたとてもしっかり(しゃんと)した方。
   今、娘夫婦と暮らし、旦那さんの世話をしつつ娘のことも気遣い生活してる。
   傍目から見ても、話を聞いても、きっちりしてるんだろなと思う。
   同級生同士の娘を持ってるということと、母を昔から知ってるということで
   たぶん私には話易いんだろなと思う。
   
   ふんふんふん と話を聞いて
   私の話もするのだけど
   なかなか私の事情を理解されてるとは思えず。
   そうだよね、そういうものだよ と自分の中で処理するしかない。


   話好きな人との会話は聞いてるだけで話が進んでるように思うけど
   実のところ、こちらの気持ちは満足には至らない。
   何かどこか不完全燃焼である。

   でも
   北海道から届いたというアスパラガスをあげたいと言われるので
   今日中には取りに伺いますと返事をして電話が終わる。
   この間はアラスカ豆をこの方から頂く。
   アラスカ飯にすると凄く美味しかった。


   ババより2つ年上。
   しっかりされてるけど我が家までは離れてる。
   時々、こんな風に取りに来ない?と電話がある。
   好きなものが頂けるというのは有難い・・
   けど、いつも、わざわざ取りに伺うというのはな・・ 
   と、心の中で思うことも正直ある。

   でも、北海道のとれとれアスパラガスは魅力だ*



   誰かと会話すると時に感じること。( ..)φ







  
   
   


by momo5r | 2018-05-29 13:00 | つぶやき

おてんとうさまはみてる





f0031722_09515537.jpg





   家の近くにゴミステーションがあり。
   利用してる人は年に1度くらいの割り当てで掃除当番が回ってきます。
   清掃車が去った後に綺麗にする・・
   掃いたり、水で流したり。
   うちは、たぶん近いからか、年に2度になってる・・   
   2軒の家で受け持つというシステム。

   
   いつも、もうすぐ当番がくるなと思う頃
   もう1人のお宅に電話して前半と後半どちらがいいですか?と尋ねるようにしてる。
   別に連絡しなくてもいいのだけど、私の割り当ての方の1人
   電話で話すと 「はいはい、どちらでもいいですよ」 と
   声は気軽に、いつも前半を受けてくれるように言うのだけど
   う・・・ん どうも あれはやってない・・・

   後半の自分の番になると
   ステーションの中にゴミが落ちたまま
   (前から清掃されず散らかったままの感じ)
   ゴミから流れ出た液体が残り
   かなりの悪臭が立ちこめてる。


   そのお宅もゴミステーションに近い。
   清掃車のゴーゴーという大きな音聞こえると思う。
   そして、たぶんいつも家に居る。
   なんなんだろな・・・
   責任感てものがない人なのかといつも思う。


   地道な作業。
   誰が見てる、見張ってるものでもない。
   やってもやらなくても気づく人は居る?
   居るかもしれない、1部の人・・?
   でも、それに対し何も言わないだろうけど
   ゴミを出しにくれば感じると思う。
   見れば、匂えば、わかると思う。


   
   お天道様
   おてんとうさまは知ってる。
   ちゃんと見てると思う。




   ‘’人間の悪事に対して
   ほかの人間が誰も見ていなくても太陽はきちんと見ているのだから
   どんな時でも悪事ははたらかぬべきだと説く語。
   お天道様がそのまま太陽を意味することもあれば
   神や仏といったものの象徴として扱われることもある。



   悪事じゃないけどね。 (・ω・)/










by momo5r | 2018-05-18 10:31 | つぶやき

私はO型 ~気にならないんだ編~










f0031722_12190842.jpg




 
   我が家から100mくらい離れてるお宅。
   離れてるけど間に家がなく2階の窓から玄関先の様子は見えます。 
   若い夫婦で女の子と男の子が居て。
   なんだか、隣近所の様子をいつも見てるんか?と思われますよね。
   うーんと・・ たまたまなんですよ、いつも。 (ノωノ)


   家の前の敷地はかなり広く犬を飼ってる。
   そのワンちゃんを自由に遊ばせるためか、もしくは防犯を兼ねてか
   ドッグランのように家の前に柵が設置され、玄関には近づけない。
   柵を開けて入ろうとすると、たぶんワンちゃんがタタターッとやってきて吠えられる。

   ロバさんはこの場所のお世話をしていて
   月1配りものをするので、実は困ってる。
   どうやってその配りものを渡せばいいのか・・
   いつもなかなかそのお宅の奥さんは居ない。
   玄関に近寄れないなら外の柵のところにもう一つポストを設けてもいいのになと思う。
   
   ロバさん、たまたま配りものを持ってった時
   たまたま外に居たのでどうやって対処すればいいのか尋ねたら
   柵のところにブザーがあるのでそれで呼んでくれたらいいと言われたらしい。
   確かに、ブザーがある・・
   けど、殆ど会えることがないのでブザーがあってもあまり用をなさない・・
   なら、ポストとか柵にあれば誰も居なくてもいいのでは?と常々思ってたけど
   それは人の勝手なので口にしなかったらしい。
   で、その時に言われたことは
   「ここの柵の間にそれをはさげてもらえれば大丈夫だと思う」と・・
   
   え・・・・・!?
   柵の間って
   いつも天気がよいとは限らないし
   雨だって降るときもあるだろうし   
   ものすごく風が吹いてそれが吹っ飛んでいくかもしれないし。
   そんなんで大丈夫なん?
   大丈夫だと平気で言う神経を疑ってしまう。
   とすると、いつも郵便さんはどうしてるんだろ?
   その話を聞いていろんな疑問が頭に浮かんだ。


   もし私なら
   その柵のところにもう一つポストを設置すると思う。

   
   あまり色んなことが気にならないタイプなんだろなとは思ってたけど
   それは  凄いわ・・


   たぶん彼女はたしかO型。
   おおらかといえばおおらか。
   旦那さんはどう思ってるんだろか。
   同じタイプなら気にならないだろけど
   真反対ならどうなんだろ。
   とか、人の家の事だからほっといてですな。
   確かに・・


   O型の私。(@_@








by momo5r | 2018-05-14 13:05 | つぶやき

シンプルな心で暮らしたい・・      日々のつぶやきです。         ☆ さくら


by momo5r
プロフィールを見る