カテゴリ:つぶやき( 191 )

いよいよ・・




f0031722_13294829.gif








   今朝は雲一つなく青い空が広がる。
   昨日の台風が嘘のよう。


   ババはデイサービスに行ってくれた。
   先週の土曜日は、これから一切行く気なしと見えたのに。
   これからが1番利用しなければならないというのに
   まるで縁をバッサリと切りたいという感じに話す。
   なんもわかってない、娘も日々大変だということを。

   そう話してみても
   暖簾に腕押し、糠に釘、打っても響かない破れた太鼓。
   娘のことを考えたこともないよな反応がかえってくる。


   昨日
   テレビをずーっと見てるババが私に言う。
   画面は台風情報が続いてた。
   『これはドラマなん?』
   はぁ・・?
   台風の状況を伝える放送をドラマかなにかと思ってるよう。
   「これはドラマじゃなくて今の台風情報だよ」 と言って聞かせる。
   『へぇー そうなんか ドラマじゃないんか』

   しばらくして部屋に行くと
   相変わらず画面は台風情報が流れてて・・
   また 『これはドラマなん?』 と聞く。
   それでまた 「これはドラマじゃなくて今の台風情報だよ」 
   ふぅーん という反応。

   
   今日はデイに行って欲しいので
   昨日の昼間、お風呂でシャワーをするように促す。
   最近、お風呂は嫌がるので1週間に1度くらいの入浴。
   すると
   『台風でもお風呂に入ってシャワーするん?』と妙なことを聞く。
   外が台風でも家の中は関係ないから大丈夫だと言い聞かす。
   それに、普通の人は毎日お風呂で体を洗い
   外の天気が悪くても毎日入るんだよと言うと
   やっとゆっくりとその気になった。


   そして、夜。
   次の日にデイに着ていく服を用意して
   これとこれを着て行くんだよと言うと
   今履いてる下着のパンツは履き替えるんか? と聞く。
   それは昼間シャワーして新しいのに着替えたからそのままでいいんよと言うと  
   え、シャワーをした? と驚いたような顔をする。
   シャワーをしたというのも身に覚えがないらしい。
   自分で顔を洗い、自分の頭を自分でシャンプーしたというのに・・
   その質問の方が驚きである。

   
   今朝
   デイのお迎えの車が来るのは 9時5分の予定。
   今朝は珍しく、30分も前に支度が出来る。
   なので、武蔵はまだか?状態で待ってた。
   8時45分くらいになると
   もう、とっくに車の迎えが来て
   自分は忘れられてしまってるんじゃないかと思った風に言い出す。
   いやいや、まだまだ充分時間があると言ってもブツブツなにか言ってる。
   ババは被害妄想が凄い。
   

   その他にも、日々色々妙なことを口走る。
   いちいち覚えてられないので都度削除するようにしてる。
   こっちの頭の中が感化されそうで恐ろしい。

   
   ケアマネージャーさんは月一訪問してくる。
   ババのとりとめもなくあっちこっちに飛ぶ話っぷりをフンフンと聞いてる。
   先週の金曜日の時のババの様子を見て
   たぶんおそらく何かを感じたと思う。
   これは おかしいぞ と。
   が、何を話しても否定することなく接する。
   それは痴呆の人に接する鉄則なんだろう。
   
   私は思う。
   他人なら、仕事なら
   そういう風に冷静に接することが出来るのだろう。
   でも、直に毎日接してる人間はなかなかそういう風には出来ない。
   身内だから、尚更そうである。  
   もう少しどうにかならないだろうかと思うから。


   最近
   普通に歩いて
   普通に会話してるお年寄りを見ると凄いなと思う。
   あんな風に普通に会話のやり取りが出来るなんて凄いなと思う。
   私はババと普通に普通のことを会話出来ない。
   そんなことが普通に出来る親子がものすごく羨ましい。
   ほんとに 羨ましい。


   いよいよ・・

   





   珍しく2つの投稿*

   ずーっと更新してないのですが
   いろんなことが頭を過る今日この頃。










by momo5r | 2018-09-05 13:31 | つぶやき

目立つんですけど・・・






f0031722_10055201.jpg



  
   7月の中頃
   とてもとても尋常じゃなく暑かった日。
   家の娘が私の車を運転し一緒に買い物をし移動中。
   赤信号にかかると、次も次もという、ついてない日ってありますよね。
   その日がそう・・
   
   私の車、そのたびにエアコンから噴き出す風が温風に変わるのです。
   もう、溜まらなく暑くて暑くて我慢も限界で。
   設定温度、22度にしてたかな、その時・・
   風も最高の吹き出しにしてたのに、快適どころか不快そのもので。
   涼しいどころか、車の中で熱中症になりそうで。
   でも、それはみんなも同じだと思ってたんです、その日まで。

   娘 『おかしいな、このエアコン』
   私 「え・・これって、おかしいん?」
   娘 『うん、こんなことにはならないよ、普通』
   娘の車は24度設定でも涼しく走ってるらしい。
   こういう特別暑い日中では設定温度ももう少し低くなるとは思うらしい。
   そう言われると、そうか・・やっぱり? 
   いつも我慢して乗ってた・・

   もしかするとエアコンのガスの問題?という話になり
   その後、日を変え、車を購入したディーラーさんで調べて貰うと
   ガスではなく
   もしかすると配管の部分に何か問題があるのかもしれないと言われる。
   でも、設定温度を低くして走ればいいのではと。
   
   私の車、もう少しで10年選手。
   そろそろ来年辺りに車の買い替えをちょっぴり考えてた。
   でも、何も不満もなく走り易い、気に入ってた。
   来年辺りとなんとなく思ってたので
   まだまだもう少し大丈夫、この夏を超えてくれればいいんじゃない?と。
   で、それからは、最初19度設定で、風も全開で・・
   それくらいで、やっと普通に涼しくなるという日々を送ってた。


   そんな、8月の終わりのある日。
   京都の娘達も帰り、なんだか無性にうどんが食べたくなる。
   母は珍しくもデイに行ってくれ、ほっとした日。
   例の ‘はなまるうどん’ で コクうまサラダうどん を食べようと思う。
   ‘丸亀製麺’ に行こうかとも思ったけど、予定変更。
   後から思う、予定変更しなければ良かった・・

   お昼の1時過ぎだったので駐車場は満車状態。
   よーく見ると、1台だけ空きスペースを見つける。
   隣にはタクシーが止まって、中には運転手が居た。
   そこは他とは違って妙な場所だなとは思った。
   後ろには何かわからないコンクリート製の大きな物体があり
   それがあるだけに、そこだけ斜め前に駐車しないとならないような。
   これでいいかなと思いバックするも、うまくいかない。
   隣のタクシーに合わせようとして何度かやってるうち・・
   他のスペースには車止めの縁石があるのにそこだけは何故かなく・・
   バックしてるうち、後ろにかなりの衝撃を感じる。
   ギョッ! もう、もの凄く悪い状況しか頭に浮かばない。
   慌てて車から降り見ると・・
   後ろドアの下側が1部分凹み
   その下のバンパーも1部分凹み切れてる
   ナンバープレートの淵も1か所切れぷらんぷらんしてた。
   くっつくかなと思ったけど、ビヨヨーンと跳ねどうにもならない。
   
   せっかくうどんを食べようと思って来たのにテンションがた落ち⤵⤵⤵
   あー  やってしまったな・・・

   もう少し羽を広げてあちこち行こうかと思ってたけどこのまま家に帰る。
   帰りに100均で金属に効果ある強力接着剤を買う。
   さっそく試してみるけど、ダメだこれ。
   塗ってみただけ、またまた酷くガッカリ。

   
   エアコンのこともあり、そして自分でやらかした車の損傷。
   来年辺りと考えてた車の買い替えがやけに現実味を帯びる。
   
   車のディーラーに足を運びこの2つの件を話す。
   エアコンをもう一度見て貰うと前に見た時とは状況が変わり
   エンジンにかなりの負荷がかかっており
   このまま走り続けるといつか今まで見たこともない赤ランプが点灯し
   そうなると、車を車道の路肩に止めジャフに来てもらうということが
   いつか起きるかもしれないし
   それがいつそうなるともハッキリとは言えない状況だと言われる。
   持つか、持たないか、どちらにしても時間の問題だなと思った。
   修理するとすれば、結構な額になりそうで・・
   それと、車の損傷した部分の修理も一緒にすればもっと・・
   それらにかかる費用を新しい車に費やしようと思う。

   ならば、一刻も早く、車の買い替えへと気持ちが移行する。
   今、納車まで、早くても1か月、もっとだと2か月ほどかかるらしい。
   これがいいなと思ってた車種に決める。
   乗ってた車はエアコンの不具合もあり、乗れないというか乗らないことに。
   それまで代車を出してくれるという。
   本当は、新しい車が来るまで、最後まで乗り続けたいと思ってた。
   でも、急にこんなことになり別れが早くなってしまった。
   なんというか、なんだかとても寂しい感覚・・
   代車との乗り換えに行く日、最後の洗車をする。
   ありがとうね、今までほんとありがとう。。



   そして出して貰えるという車の色。
   出して貰えるというので色のリクエストなど出来ないと思ってる。
   が・・・・・
   なんと、とても鮮やかなブルー。
   自分ではとても選ばないブルー。
   とても目立つ。
   これから1か月は乗るであろう。
   家に駐車してたらかなり目立つ。
   あれ? 車変えた? あのブルーに・・?
   と、たぶん、近所の人は思うであろう。
   いやいや、違うんですよ、これは代車なんですと言いたくなる。
   車の窓に <これは代車です> と張り紙したくなる。 (苦笑

   あのことがあってから
   車のバックが苦手になり、まるでトラウマ。
   このブルーの車を昨日初めて自分で運転しバックをした。
   やけに後ろの視界が狭くとても見づらいと感じる。
   運転席と助手席のヘッドが胴体と一体化してる構造でそそり立ってる・・
   おまけにブラック、後ろを振り返るとそれが大きな壁になり
   後ろの窓も小さくて、ほんとに見づらい。
   なら、ナビに付いてるバックモニターを見れば?
   でも、バックモニターは前の車には付いてなく慣れてない。
   慣れてないバックモニターとえらく見づらいバック走行・・
   なんか、乗るだけで気を使って疲れてしまった。
   借りてる車、運転を失敗してはならないと思うから。


   今朝、キッチンの窓の側を隣のMちゃんが娘さんと一緒に通った。
   Mちゃんは今日はデイサービスに行く日。
   車椅子を押してゆっくり歩くお母さんのMちゃんに
   娘さんが話しかけてるのがたまたま聞こえて来た。
   『〇〇ちゃん(私) 車を買ったんな』 と言ってた。
   え! あれは違うよ、代車だよー! と
   一瞬 窓を開けて言いたくなった。
   でも、止めた、話すとその経緯が長くなるので止める。
   やっぱりな、みんな思うよな
   あのとんでもなくブルーの車、買ったんだと・・
   知らない人はみんなそう思うよな。

   代車なんだよ。
   私は選ばない色だよ。
   ムムム (@_@。


   それにしても
   目立つんですけど・・・
   

   出先の駐車場に止めるとどこにあるかすぐにわかる利点はあると思う。
   けどね、このブルーは。
   街中でも走ってるのをなかなか見かけない。


   
   早く自分の車に会いたい。( 一一)
   つぶやき。











by momo5r | 2018-09-05 12:22 | つぶやき

掃除





f0031722_09420452.gif



    
   昨日
   家の中のありとあらゆる場所を掃除する。
   1階から2階、全部掃除機をかける。
   所要時間 2時間半くらい。
   この暑さの中、あり得ないほど汗びっしょりになる。
   これ、普通の人にとっては当たり前の作業なんだと思う。
  
   
   正直に言います。
   私は家事の中でも掃除が1番苦手!
   少々掃除しなくても死にはせんと思ってる。 ( `°´)ノ

   なので、普段家族だけで暮らしてると大いに手抜きし・・
   誰かお客さんが来られるという時は仕方なく?結構丁寧にやる。

   でも、この、もの凄い猛暑の中
   最近は 益々あらら・・ であった。


   そんな昨日
   ババのケアマネージャーが午後3時に我が家に訪問するというのと
   京都の娘達がたぶん間もなくこっちに帰って来るであろうというのが重なり
   暑いから掃除は嫌とも言ってられない状況に追いやられる。


   フーフーもので掃除もやっと終わり
   ちょっと遅くなったお昼をババに食べさせようと部屋を覗き
   家中掃除機かけて、ほんま疲れたわ
   これから作るからちょっと待っててと言うと
   『普段からやってないからじゃが・・』とのんびりした顔でのたまう。
   う・・ のんびりとよく言うわ それはわかってるよ
   ババはいい、何もせんで涼しい部屋で過ごしてりゃ毎日は過ぎる
   食事も作らなくていい・・ いいご身分だよ
   と、内心思う けど言ってもムダなので言わない。

   
   夜
   口の中があちこち痛い。
   鏡で見ると、どうやら口内炎か・・
   私は過去、口内炎になったことがない。
   毎日の暑さとババの世話と今日の掃除で一気に疲れが出たのか。
   頭も少し痛いのでイブを飲んでみた。
   すると、しばらくすると口の中の痛みがスーッと引いてた。
   何もなかったかのように。
   凄いな イブ。
   そして、すぐに効果の出る自分の体。
   自分で言うのもおかしいですが心も体も素直なので・・
   お母さんの体正直だなと、呆れるように娘に常々言われる。



   京都から今日帰って来るとメール。
   夏休みになりこっちに来るのが楽しみだったらしいnikoちゃん。
   3人家族が増える。
   家の中もサッパリとした。
   これから毎日大変だ。
   車で3時間は掛かるだろうか・・
   無事に我が家にたどり着きますように・・

   変則的で過去あり得ないほどの規模の台風が来るという。
   暑い夏。 









by momo5r | 2018-07-28 10:43 | つぶやき

当事者だけにしかわからない




f0031722_09220184.gif









   毎日毎日殺人的な暑さです。
   家の中でもエアコンつけてない所はゆうに33~34度以上・・
   ムンムンムンムン
   我慢してるけどどうにも耐えられないと思い午後からエアコンつけても
   2階の部屋、屋根が近いからかちっとも涼しくならない。
   室温計を見ると・・ え、つけても30度?

   仕方ない・・
   エアコンつけた部屋で送風機を回しその前に座る。
   動かないで何もしないでいれば涼しい。
   でも、立ち上がるとムンムンしてる。
   部屋の中の下部分、3分の1は涼しいのかもしれないけど
   後の、3分の2の上部分は暑いまま・・
   異常気象です・・。


   そんな、夜になってもちっとも温度が下がらない中の昨夜。
   夕食を作り、家族が食事する間だけはキッチンもエアコンをつける。
   仕事から遅くに帰宅した娘、上の服だけを脱ぎタンクトップ姿になってた・・
   そこへトイレに行く途中のババがその姿を見
   『そんな恰好して、さむうないん?』 寒くないかという意味。

   はぁぁ!? 
   娘と私 はぁぁ??? である。 ( 驚

   こんな
   世の中の人がみんな暑くて暑くてと思ってるさなか
   さむうないん? て!
   この人の体温調節は一体どうなってるんだ。
   日々、妙なことばかり口走ってるのはわかってる。
   けど、こればかりは口があんぐりもの。

   毎日毎日、頭が痛いというので
   この暑さで頭の中に熱気がいってるのだと思い
   ババの部屋は朝早くからエアコンをつけ涼しくしてる。
   スポーツドリンク系のものを摂取させ・・
   だから、ババの部屋に入るととても快適な温度。
   といっても、28度の省エネ温度設定ではあるけど。

   その、さむうないん? という言葉の後
   もしかすると自分の部屋は寒いんかもしれんわ と言う。
   なんならエアコンを切ってくれてもいいと。
   え? 寒い? そんな馬鹿な・・
   今 エアコンつけてるから快適な状態で暮らせて
   エアコンつけないと、あちこち具合が悪いと訴えてくるのは目に見えてる。
   
   認知症になると暑い寒いの温度の違いがわからなくなるらしい。
   掛かりつけの医師が言ってた。
   確かに・・
   お風呂に入りたがらなくなるのも同じく。
   でも、せめて、1週間に1度くらいは入ったらと勧めたら
   「汗 かかんから」と却下される。
   汗 かかん?

   普通ほんの少し動いただけでも
   汗が次から次へと吹き出、流れるというのに・・



   日々、ほんと色々あり
   この暑さとともに
   自分の体を維持させるのも・・という中
   毎日 わけのわからんことを言い
   あることが気にかかり出すと、一日中そのことばかり言う。
   最初はそれに対し何度も言い聞かし対処してるけど
   そのうち、もぉー いい加減にしてよ! と思う。
   すると、そんな風に言わんでもわかるように言ってくれたらいいと言う。
   仏の顔も三度までという諺がある。
   けど、それが何度も何度も毎度毎度だと鬼にも変わる。
   私なりに 毎日 我慢・・


   こう思うのは自分はダメな人間なのだろうかと思い
   ネットで検索してみた。
   「認知症の人に対しては怒ってはダメ」、、、、
   そんなことできますか? という介護コミュニティーにたどり着く。

   あぁ やっぱり
   自分と同じことを感じてる人がたくさん居た。
   ほんとに同じようなことを体験し、思ってるんだと。
   自分だけじゃないんだ。

   人の心の中の葛藤は
   話さなきゃ傍目には全然わからない。
   でも、それをいちいち話したところで
   その真っただ中に居る当事者でないとわからないと思う。
   わかったように思うかもしれないけど
   ほんとには理解できないだろうと思う。

   それは、自分に置き換えてみてもそうだろうと思う。
   人には色々いろんな人生があり
   人それぞれにいろんなことが起き生きていかなければならないのだから。
  

   生きるという意味。
   最近、それを思う。








   

by momo5r | 2018-07-24 10:24 | つぶやき

知らなかった





f0031722_11214632.gif





   100mほど離れた所に
   傍目からも、最近、これは相当困った事態だなと思うお宅があります。

   遠く静岡からお嫁に来て、家にはかなりのワガママ放題のお義母さんが居た。
   そのことを知ってお嫁にきたのか、あまり詳しくは知らずに来たのか。
   息子さんとどのようにして知り合ったのか知りません、けど、たぶん恋愛結婚。
   女版、亭主関白を絵に描いたような人。
   この後、お嫁に来たその人をHさんと呼びます。

 

   私はここで育ってるので、そのおばさんのことは子供の頃から知ってます。
   私には、小さい頃から妙な探知機が備わっていて
   大人でも、好きな人と嫌いだなと思う人がハッキリ分かれてて
   このおばさんはかなりのくせ者で苦手なタイプとインプットして育つ。

   なので、傍目からでも、Hさんはすごく大変だろなと思ってた。
   おばさんにとって、Hさんは使い放題言いたい放題の家政婦のよう。
   たぶん、逆らえなかったんじゃないかと思う。
   もう何十年も経ったけど、それはたぶん続いてる?
   おまけに、普段から大きな声でものを言う。
   おばさんの旦那さんは、仕事中の事故で早くに居ない。
   なので、実質、この家の実権はこのおばさんが握ってたと思う。
   よく我慢して頑張ってるHさん・・ という印象が拭えない。

   そのおばさんが最近股関節を骨折して入院し
   その事が起因したのだと思う、かなりの認知度になってしまう。
   自分の子供も誰なのかわからないのだとか。
   入院中に近所の人がお見舞いに来ると、もの凄く大きな声で話をする。
   骨折する前に家に居た頃、夜中にトイレに行くのも這いまわりお嫁さんを呼ぶ。 
   勝手にパンツも脱いでしまったり、言うことを聞かない、ほとほと眠れない・・

   そういうその他色んな経緯もあった上で
   病院を退院しても今後の介護を考えると、どこか施設に入って欲しいと思ったらしい。
   でも、あまりに認知度が高いと、それはそれでどこの施設も受け入れてくれないのだそう。
   家に面接に来ても、そのことでダメですと言われるのだと聞いた。
   その話は、1か月ほど前にHさんの家におばさんのお見舞いを持って行った時のこと。
   結局、お見舞いはお互い様なのでと受けてはくれなかったけど。

   そして、昨日のMちゃんとの会話の中で
   その後、Hさんのとこのおばさんはどうなったんだろと聞く。
   そのおばさんの亡くなった旦那さんと隣のMちゃんの旦那さんは兄弟で。
   なので、親戚関係なので噂ではなくほんとのところの話を知ってた。
   どうやら、あれからやっと受け入れてくれる施設があったとか。
   これから亡くなるまで引き受けてくれる施設。

   でも、この後に続く話は私はぜんぜん知らなかったので驚く。
   施設に入るには、家の財産をすべて開示しなければならないのだと。
   なので、わかりやすく言うと、預金通帳を見せる・・
   赤の他人に・・?!
   今まで色々あたってきたその他の施設でもそうだったのだと。
   施設に入るには介護度が3以上にならないとダメだとは知ってた。
   それも、特養に・・
   だけど、財産を開示するとは。


   それでちょっと検索すると・・
   

   特別養護老人ホームなどの介護保険施設を利用している高齢者に
   全国の自治体が預貯金通帳のコピーの提出を求める通知を出し始めた。
   施設での食費や居住費の負担軽減を受けている人らが対象。
   介護保険法の改正に伴い、所得だけでなく
   資産が一定以下であることも軽減の要件になったため。

   高齢者はフトコロ具合で介護施設利用が許諾され
   嫌だったらサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)に行け
   貧乏人には生活保護で貧困ビジネス(無届老人ホーム)にお世話になれという
   「年寄りは社会のお荷物」という風潮は
   国・世間・家族に負担を掛けたくない高齢者の
   遠慮気味の心情に追い打ちをかけることになり
   長生きはするものではなく「ピンピンコロリ」願望が強くなる社会を
   国民はどう思ってるのか。

  
   ・・・と書かれたページに目が留まりました。
   すいません、そのまま引用させて頂きました。 <(_ _)>



   母はまだ認知度3でもなく
   デイサービスも
   まして、普通のショートステイでも行きたくないと思ってる。
   そもそも、施設になんてもってのほか、入りたくないと思ってる。
   そして、私にしても
   それに関わる費用はいったいどこで捻出するのかという問題は大きい。
   そういうことも含め、全然そういう分野にはまだまだ詳しくなかった。

   
   今年90歳になる、1人暮らしのMちゃんが言う。
   自分も出来るなら入りたくない、どうにか頑張って自分の家で暮らしたい。
   家の中でも車椅子生活であっても・・
   Mちゃんは頭はまだまだシャンとして呆けてはいないのはわかる。

   施設に入ったHさんとこのおばさんは
   おじさんが仕事中に亡くなったので労災保険と年金がたんとあり
   施設に入るにあたり、なんもそれに関しては心配が要らないのだとMちゃんは言う。
   そして、昔、家を新築したばかりの頃おじさんが突然亡くなったのだけど
   家の建築費のローンを払うこともなく
   おばさんは不幸だけど、長い間のローンからは解放されたなと当時思う。 スイマセン
   (おばさん、何故か、打ちひしがれてる風ではなかった)


   いろいろです。
   人生いろいろ。



   またまた今日も書いてしまった。( ゚Д`)
   最近はいろいろ思うことが多いのです・・
   書きたいこと いっぱい。
   放出してます。








   

by momo5r | 2018-07-19 12:46 | つぶやき

支離滅裂





   最近
   ババの口癖
   『もぉ なんもかんもわからんようになって・・』
   そうだろ、そうだろ、わからんようになってると、いつも思ってるよ。

   その、なにもかもわからんようになった人が
   この間、夕方キッチンで夕飯作ってる最中に
   部屋のエアコンのリモコンを持って来て
   『これ、おかしんじゃ・・』と言う。
   見れば、いつのまにか、設定温度が30度になってる。
   おまけにハイパワーになってるし
   1時間後に切れることになってる。

   ババの部屋は6畳。
   ドアを閉めていれば、いつもは28度の設定で充分涼しい。
   それをなんで30度にしたのか聞くと
   なんでそうしてしまったのかわからんらしい。
   わざわざ電気使って30度に設定するなら、エアコンを使わない方がいい。
   部屋の外も部屋の中もぜんぜん変わりないでないの・・
   使い方わからないのならあちこち触りまくる前に聞いてよとババに言う。
   それがわかったのかわからないのか
   また同じようなことがあった。

   色んなことがわからなくなってる。
   わからなくなってるであろうからわかるように説明しても
   何やかやと理屈をつけて弁明に励むので、それに対し辟易する。
   自分を守ってるのだ・・
   だから世話をする人間、私は、ほとほと疲れるのである。
   
   ただの呆けてきた人ではなく持病も色々あり脚も悪い。
   薬もかなりの量を3度3度飲ませてる。
   普通でもめまい持ち、すぐに気持ち悪いといって寝てる。
   それが暑くなってきた最近
   頭が痛いと言ってアイスノンを頭の下と上に2枚使いで寝てることが多くなる。
   自分で勝手に冷蔵庫から待ちだして・・

   軽く熱中症なのだと思う。
   なので朝からエアコンを付け、水分をしっかり補給するように促す。
   そして、寝てる方がいいというけど
   起きて、食べるものはちゃんと食べるほうがよいと勧める。
   そういう風に私なりに
   母はまだまだ物足りないと思ってるのだろうけど
   これでも、気を使い、様子を眺め接してる。


   だけど・・・・・・・・・
   もぉ たまんなく何もかも嫌になる時がある。

   ある日、夕飯の後片付けが済んで2階に上がり
   すでに寛いでる風のロバと娘に
   「介護鬱って言葉知ってる?」 
   「お母さん、鬱になりそうだわ・・」と告げた。
   この日、ほんとにいっぱいいっぱいだった。
   もぉ なにもせんで なにもかもほったらかして過ごしたいと切に思った。


   このままでは私はほんとにどうにかなると思ったので
   次の日、ババに食べさせるお昼と薬を用意して
   車を走らせ、美味しいものをたらふく食べるべく家を出る!

   出掛けた先は ❛はなまるうどん❜
   はなまるうどんは、むかーし、1度行ったことがあるけど今は行かない。
   今はうどんが食べたくなると、丸亀製麺に行く。
   この間、何かの雑誌で、はなまるうどんの「コクうまサラダうどん」が紹介されてた。
   確か、この、はなまるうどんの社長がこれが旨いと言ってた。
   確かに、写真を見ても、すごく美味しそうに見えた。
   なので一路 はなまるへ・・・

   「コクうまサラダうどん」は 小と中のサイズがあり。
   かなりシコシコした歯ごたえのある麺に冷えた出汁が掛けられ。
   その上に、千切りにされたサニーレタス・ニンジン・パプリカ
   小口切りのオクラとカリッと揚げた千切りのカボチャがトッピングされる。
   最後にドレッシングがたっぶりと・・・
   胡麻と生姜の2種類から選べるシステム。





f0031722_12334499.jpg

   
   サイズは 中 を選んでみた。
   ほんとは大がないのだろうかと思うほどお腹が空いてた。
   普通、たぶん、女性は 小 なのかもしれない。
   でも、中でもかなり大きな器でかなりな量なのだと納得。
   これだけでも、どんだけ大食なんだと思われるだろう・・けど
   これに、イカの天ぷらも一皿チョイス。
   モリモリ食べて、心も胃袋も満たす意気込みでここに来る。


   この「コクうまサラダうどん」
   美味しかったーーーーっ!
   次の日、また食べに行きたいと思うほど。

   真似をして作れば家でも出来そうだけど
   車のハンドルを握りビューンとアクセルを踏む・・
   食べたかったものを食べ胃袋も喜ぶ。
   私も喜ぶ。

   なぁーんて
   爽快じゃーーー!



   家の中で悶々と過ごすより
   たまにはパァーッと外に出てストレス発散するといい。
   自分で自分を治療する・・ ( `ー´)ノ









by momo5r | 2018-07-17 12:46 | つぶやき

受けがいい人





f0031722_10562324.gif




   6月の始め頃から
   8回通院したババの歯医者通いがやっとこの間の木曜で終わる。
   おぉ・・ やれやれである。
   歯の調子が悪くなり治療をするようになると、デイをずーっと休むようになる。
   それは歯のせいか?
   

   その前の週の木曜日は朝からかなりの土砂降り。
   普通の人なら自分で傘を差し、サササッと車に乗り降りできるのか・・
   でも、ババはそうではない。
   脚が悪くフラフラしてるのでゆっくり歩く。
   傘を差しかけててもその体勢では微妙に2人共濡れるのである。
   でも、予約してるので天気が悪くても行かなければ。
   1回延ばすということは、治療が終わるのがまた延びるということで。
   朝から支度するように促し、歯科へと向かうのが最近はとても難儀なこととなり。
   内心、いつまで続くのだろう、早く終わってくれないかと思ってた。
   自分が歯医者に通ってること自体がしっかり把握してないよう。

   最後の治療となった木曜日。
   いつもババを歯科の玄関先で降ろし診察券を受け付けの人に渡し
   少し離れたところにある駐車場に車を置いてからまた歯科に戻る。
   戻って中に入った時、顔立ちのハッキリした受付の美人さんに
   『雨が降ってました?』と尋ねられる。
   「いえいえ、曇ってるけど雨は降ってませんよ」
   雨が降ってないだけでもまだマシだと思うと応えたと思う。
   

   その日、長かった治療もやっと終わり帰りの車の中。
   歯の治療も終わったのでそろそろデイに行ってみようかと本人。
   え? やっと行く気になった? ほんまか?
   この人は最近 行く行く詐欺の人だから
   今日はそんなことを言ってても、どうせまた行かないと当日になると言うのだろう。
   そんなことだろうと思って聞き流してたら
   話は、隣に住むババの従姉、同じ日にデイに通うおばさん(7歳年上)の話になる。
   

   ここから略してMちゃん。
   『Mちゃんはなー 何でかスタッフの受けがいいんじゃ』
   それは、実際デイでその様子を見てない私でもそうじゃないかと思ってる。
   娘さんが最近デイで銭太鼓などを披露したりしてるのもその起因だと言いたいらしい。
   すごくスタッフの人に人気があり、手厚く介護をしてもらってるらしい。
   前はそうじゃなかったけど、最近はとても受けがいいと感じてるらしい。

   それはそうだ。
   どう考えてもMちゃんは人間ができてる。
   人に言って気を悪くするであろうことは言わない。
   思ってるかもしれないけど、絶対口にはしない。
   それに、どう見ても、可愛げがある。
   労しく思う、助けてあげたいと思うオーラを発してる。
   
   あまり人を頼らない、自分でやるんじゃ的に思ってるらしいババ。
   家では頼り切ってるのに、なんちゅう違いだ・・ ( 一一)
   デイでも出来ないことはスタッフに甘えればいいのに。
   甘えることが出来ないのだろう。
   そういう、人をシャットアウトするようなオーラを発してるんだと思う。

   要は、Mちゃんに嫉妬してる?
   受けがいいのを見て気に障るんだと思う。
   Mちゃんは隣に住み、ババの従姉だというのもあり余計そう感じるんだと思う。
   話を聞いてると、妬ましくて妬ましくて仕方ないんじゃないかと思った。

   そのことを口にすると
   『いや そんなことはない』と言うけど
   それは、ハッキリそう感じてるんだなと思った。

   妬ましさとか嫉妬の感情。
   頭がかなりおかしくなってきても、あるんだな。


   世の中には受けがいい人と悪い人が居る。
   受けがいい隣のMちゃんは4人姉妹の2番目。
   私から見ても、若い頃から縁の下の力持ち的な存在。
   遠慮深く、じっと色んなことを我慢して生活してたような・・
   それをいうと、うちのババもそういう人だったように思うのに
   人生長く生きてるうちに、どこでどう違ってきたのか2人の今の姿。

   ただ思うのは
   要領よく世の中を渡っていけるか、いけないかの違い。
   Mちゃんはたぶん要領がいいのだろう。
   子供の頃から培ってきた姉妹間で得たものが生かされてる。
   ババは何をやっても要領が悪い・・
   娘の私から見ても、何から何までそう思う。
   クソがつくほど真面目なのだけど、面白みはない人。
   何かと損だよね。

   それと 徳。
   徳のある人とない人。
   



   書いてるとまだまだ終わりそうにないので
   今日はこれまでにします。 (@_@










by momo5r | 2018-07-15 11:57 | つぶやき

めんどくさい人





   ずーっとこれは変わらない。
   この人 ほんっ と  めんどくさい人!



   もともと会話が上手くない。
   若い頃からそんな人。


   なんか スムーズに進まない話方をする。 
   やっと進んだかと思うと
   エンスト・・ その場から動く気配なし。 プスプス


   なんでこんな話方しか出来ないんだろと思ってた。

   要点をまとめて話せない。
   ダラダラととりとめのない。
   聞いてる人は
   この人いったい何を言いたいの?
   って風に思うだろなと傍で聞いて思ってた。

   楽しく弾む話じゃない。
   なんでもかんでも最初っから話したがる。
   少し端折ったらいいんじゃない?
   本人は悦にいってるけど。
   ぜんぜん面白くない。
   
   ずーっと 昔っから。

   ・
   ・
   ・
   ・
   ・


   
   それがそのまま今へと続き
   呆けた(ほうけた)ところへこの話っぷり・・・
   だから ほんの少しの会話でも疲れてしまう。
   なんだか ものすごーく エネルギーを使い果たす感。
   そこへ めんどくさい性格がくっついて
   もぉ とんでもないカオスの世界へ突入。


   だから
   必要最小限 に関わり
   必要最小限 の会話を・・

   叩いても破れ太鼓はぜんぜん響かない。



   ババと半日一緒に過ごせば
   わかって貰えるだろか・・


   ちょっとだけ関わっただけではわからないだろうと思う。
   
   かなりめんどくさい話をして
   かなりめんどくさい性格の持ち主であるということを・・
   ( 一一)
   


   
   ここんとこ
   2週間
   何かと理由をつけてデイを4回休む。
   前の日まで普通に過ごしてるのに朝になると行かないと言いだす。
   行くと言って連絡してるのに、やはり行かないと連絡をするようになる。
   まるで嘘つきのオオカミ。
   そのうち、あの人はまただと信用して貰えなくなるだろう。
   
   少しは行ってくれよ!
   娘を少しだけ楽にしてくれよ・・
   ショートステイにはもちろん行きたくないのだから。
   せめて、デイサービスには行ってくれよ・・

   わからないだろな
   娘が一緒に住んで
   親の世話をするのは 当たり前 だと思ってる人には。
   それが世の常だと頑なに思ってる人間には。


   
   こういうことをブログで吐く。
   ここでしかこうして心の中を吐くということがないのです。
   リアルに誰に言ってみてもわかって貰えないだろと思ってる。
   家族以外わかって貰えないだろう・・
   日々 色んなことを考え思ってることを。


   人にはそれぞれの生活があり
   他人にはわからない
   それぞれの悩みとか抱えてる問題があると思う。
   まったく同じ人なんて居ないと思う。
   何もないという人は幸せ・・


   私にはブログという存在があり。
   こういう存在があってよかったと思う。
   じゃないと 私は鬱になってしまうだろう。
   が もうすでにそういう感もあり・・・
   なんとか踏ん張って毎日を過ごす。




   私以外 誰がババの面倒をみる?
   逃れられない宿命。







f0031722_12043519.jpg










by momo5r | 2018-06-26 12:05 | つぶやき

あんなに好きだったのに







   ハンドメイドの洋服作り
   自分のもの、去年の10月以降作ってないのに気づく。
   作ったのは頼まれた小物ばかり・・

   作るというのがあんなに大好きだったのに。
   なんでそんな風になってしまったのか 原因はわかってる。
   京都の娘から縫って欲しいと何度も頼まれる。
   どんどん送られて来る布・・
   気持ちは縫ってあげたいと思うのだけど
   どうしても前のようにミシンに向かえなくなってる。
   ごめんよ、娘。

   
   今、自分の好きなように
   やりたいことをやり
   見たいものをみて
   気ままに暮らしたいと思ってる。
   介護という逃れられない生活の中
   唯一見出した自分を楽にしてやる方法。


   そんな中
   ブライス(お人形)の服はたまに作る。
   大人の服みたいに型紙を広げることもなく
   大きな布をカットすることもなく
   ほんの切れ端で適当にすぐに出来上がるのがいい。
   
   娘の服縫わないで、お人形の服を作ってる母を許して。
   ほんと、ごめん。
   

   ミシン。
   たぶんまた使うよ。
   首を長ーくして待ってるもんね。





f0031722_11252710.jpg

                      
   今年初め頃作った ちっちゃな服。













by momo5r | 2018-06-22 11:29 | つぶやき

私 バカよね・・




f0031722_12145721.gif








 
   私には妙なクセがあり。
   よく知りもしないのにやってしまうところあり。
   とにかくやればなんとかなる的な・・ (/_;)

   PCのセキュリティーを1年継続させる為いろいろ弄ってた。
   よく知りもしないのに、ほんと、向こう見ず。
   昨夜それをやってて途中でフリーズしてしまう。
   もう何をクリックしてもウンともスンとも反応なし。
   しかたないと思い、強制終了させようとしても出来ない。
   PCはいつまでもいつまでも煌々と明るい画面のまま・・
   これは参ったぞ・・
   ほんとに困った・・


   その頃
   すでにスヤスヤと横になってた娘にこの窮状を訴え見てもらう。
   あちこち触った後もう1度PCの電源を長押しすると
   な、な、なんと
   あんなに終了できなかったものがパスーンと電源が落ちた。
   長押しするんだな・・ そっか・・ ヒィー

   
   いつもなら一瞬触るだけで電源が落ちてたものが
   その時は何度やっても出来ないのでもう永遠に落ちないような気がしてた。
   その時、娘が神様に見えた。
   あ ありがとう~!


   PCに嘗められてたのか 私。
   ほらほら どーだ? イヒヒヒヒ・・


   便利だけど恐いわ PCて。


   
   私
   バカよね・・
   と思った話。 ( 一一)アセ
   
   
   
   
   
   

   

by momo5r | 2018-06-10 12:46 | つぶやき

シンプルな心で暮らしたい・・      日々のつぶやきです。         ☆ さくら


by momo5r
プロフィールを見る
通知を受け取る